SONY MDR-M1ST | ハイレゾ対応、プロ仕様のスタジオモニターヘッドホン

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

世界の先進技術を誇るソニーと、アーティストの音を知り尽くしたソニー・ミュージックスタジオが共同開発したプロ仕様のスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」が発売されます。

レコーディングスタジオや数々のアーティストが使用する業務用ヘッドホン「MDR-CD900ST」、ステージユースのために開発されたイヤホン「MDR-EX800ST」の2機種を発売しているSONYから新たなヘッドホンが登場します。

「MDR-M1ST」は、可聴帯域を超えるハイレゾ(ハイレゾ・オーディオとは?はこちら)の音域に対応する業務用モニターヘッドホンです。

同社独自開発のドライバーユニットを新採用し高い解像度を実現。ハイレゾがもつ情報を正確に再現することで楽器の配置、音の響く空気感といった演奏空間全体を捉えます。

また、体を動かしたときにおこるノイズを低減するためジョイント部にシリコンリング搭載。断線時やミニプラグ対応するためにケーブル交換が行えるケーブル着脱式の採用など、「MDR-CD900ST」のユーザーに要望の多かった仕様に変更されております。

主な特徴

  • 原音のイメージそのままに演奏空間を再現する音像
  • ジョイント部分を改良しノイズを低減
  • 長時間の装着も快適な人間工学に基づいた立体縫製のイヤーパッド
  • 可動部の耐久性や耐落下強度も向上
  • ケーブルのみの交換が可能な着脱式ケーブル
  • 持ち運ぶ際にも便利な収納しやすいスイーベル機構
  • 熟練作業者による手作業で一つ一つ丁寧に製造

主な仕様

形式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 40 mm, ドーム型(CCAW ボイスコイル)
音圧感度 103 dB/mW
マグネット ネオジウム
再生周波数帯域 5Hz - 80kHz (JEITA)
インピーダンス 24Ω / 1kHz
最大入力 1,500mW (IEC ※)
ヘッドホンケーブル 約 2.5m / ステレオ標準プラグ
質量 約 215g (ケーブル含まず)

発売日

2019年8月23日(金) 予定

販売価格

(税抜)¥31,500 (税込 ¥34,020) 予定
JANコード:4548736099746

ヘッドホン・イヤホン新製品一覧は ⇒ こちら

「ヘッドホン」タグの関連記事

↑ページトップ