AVID Sibelius 2019 発表 | 業界標準の記譜ソフト最新版

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

AVID ( アビッド )がThe NAMM Show 2019にて、世界中で最も販売されている記譜ソフトの最新版「Sibelius 2019」を発表しています。

Sibelius 2019では、レビューのワークフローを改善し、ナビゲーションや作曲を向上させるエキサイティングな機能が付加されています。

主な新機能

レビューモード

レビューモードは、テキスト、譜表の間隔、または楽譜のその他の部分に意図しない変更を加えることなく、スコアをナビゲートするためのまったく新しい方法です。レビュー>制限>レビューモードに移動します。

ファイル/環境設定/キーボードショートカット/レビュータブ/レビューモードの切り替えから、キーボードショートカットを割り当てることもできます。設定後スコアの下部にあるステータスバーに小さなカギのアイコンが点灯します。これをクリックしてレビューモードを切り替えることもできます。

スコアやパート情報に意図しない変更が加えられないようにするために、[ファイル]> [スコア情報]にも[レビューモード]チェックボックスが追加されました。スコアを保存すると、ロックされた状態が記憶されるため、レビューのためにスコアを他の人に送信できます。Sibeliusの以前のバージョン(8.6)のユーザーにロックしたスコアを送信すると、スコアを開くことができます。スコアともちろんスコアが編集可能であることがわかります。

ManuScriptのサポート

Sibeliusのプラグインプログラミング言語ManuScriptを使用してレビューモードを有効または無効にするためのサポートが追加。これはレビューモードのオンとオフを切り替えるスニペットです。

 

再生

スコアをナビゲートしてより簡単に再生できるように、「ページへ移動」、「小節へ移動」にいくつかの改良が加えられ、新しいリプレイラインが導入されました。Home> Edit> Go Toにある 'Go to Page'と 'Go to Bar'の両方の機能は、再生行をページまたはページの先頭に移動します。これにより、その時点からスコアを再生するためのその後のいくつかの手順を省くことができます。ショートカットのCmd + Alt + G / Ctrl + Alt + Gを押して小節に移動し、Cmd + Shift + G / Ctrl + Shift + Gを押してページに移動し、Spaceを押すだけで再生を開始できます。

楽譜を再生できるスコア内の場所を示す新しい再生ラインが追加されました (Winの場合はCtrl + Space、Macの場合はAlt + Spaceを使用した場合)。これは緑色の破線で表示され、[表示]> [非表示]> [再生行]からオンにできます 。

これに加えて、デフォルトでプレイ中に異なるズームを使うとFlexi-timeの設定をオフにするための小さな変更を加えました。これを切り替えるには、File> Preferences> Score Positionの順に選択します。

ハーフスピード再生

このリリースでは、スコアを半分の速度で再生する機能が加わりました。これはPlayボタンのドロップダウンにあります。Half-Speedで再生すると、推測した半分のテンポで再生ラインの位置から再生が開始されます。これはSibeliusで作曲、配置、そして教えるために特に役立ちます。

タイムラインで再生ラインを操作する

タイムライン内のリピートラインとプレイバックライン

タイムラインでPlayback LineとReplay Lineを見ることができます。再生ラインは、デフォルトのタイムラインプリセットの一部であり、デフォルトでオンになっています。プリセットは、ファイル/環境設定/タイムラインにあります。

スコアビュー内の任意の場所をクリックするか、タイムライン内のルーラをクリックすると、再生ラインが移動し、通常どおりスペースバーを使用してその場所からすぐに再生できます。

これらの変更に関連して、Show Repeats設定もデフォルトでオンになりました。これにより、タイムラインの繰り返し設定が書き出されます。つまり、繰り返し構造内のどこからでも再生して、そこから再生を開始できるようになりました。小節番号とタイムコードのマーカーが揃ったままになっているため、これらがどこにあるのかをより確実に知ることができます。

Avid Linkの統合

Avid Linkでは、Avidアカウント、ライセンス、およびサブスクリプションを管理したり、その他の多数のサービスを統合したりしています。これは、過去数年間Sibeliusに同梱されてきたAvid Application Managerに代わるものです。

Sibelius内のいくつかのリンクページを統合することで、最新のニュースをチェックしたり、プロフィールを管理したり、ダイレクトメッセージを使ったり、ラウンジ内で他のユーザーとチャットしたりできます。また、マーケットプレイスに移動して、NotePerformer、PhotoScore Ultimate、またはAudioScore Ultimateをツールキットに追加することもできます。これはすべてSibeliusの[ファイル]タブにあります。

その他不具合修正

  • すべてのダイアログポップアップメッセージは、キーボードからの文字入力に応答して、[はい]、[いいえ]、[キャンセル]などを選択します(こWindows版)
  • Sibeliusが狭いウィンドウで実行されているとき、[テキストスタイル]メニューはサブリボンの前に正しく階層化されています。
  • 正しいフォントの変種がMac上でもう一度使用されています(例:Myriad SemiboldはRegularになりました)。
  • EPSとPICTのオプションは、関連性がなくなったため「スコアのフォルダをグラフィックに変換」プラグインから削除。
  • バッチ処理プラグインを使用すると、Sibeliusがクラッシュする不具合を修正。
  • スコアにインポートしたときのTIF画像が正しいサイズになりました。
  • フォントの置き換えは、余分なスタイルのフォント、たとえばOptima> ExtraBlackで正しく機能します。
  • 部分抽出機能の改良。
  • Macで再生を開始した後にビデオのサイズがリセットされなくなりました
  • Macで[ビデオ]ウィンドウを再び開いたときのビデオの寸法も正しくなりました
  • クイックスタートを無効にして新しいスコアを開くと、まれにSibeliusがクラッシュする不具合を修正。
  • Macのクイックスタートからスコアを作成した後、Sibeliusがキーボードショートカットに確実に反応するようになりました
  • 特別な最終小節線を含むスコアをMusicXMLにエクスポートするときにSibeliusがクラッシュする不具合を修正

発売日

未定

販売価格

未定

楽譜作成ソフト新製品一覧は ⇒ こちら

「楽譜作成ソフト」タグの関連記事

↑ページトップ