Moog Sirin | Taurus Bassサウンドエンジンをベースに開発されたアナログシンセサイザー・モジュール

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Moog ( モーグ )が伝説的なMoog Taurus Bassサウンドエンジンをベースにした2500台限定生産のアナログシンセサイザーモジュール「Sirin(サイリン)」を発表しました。

Sirin Analog Messenger Of Joyは、伝説のMoog Taurus Bassサウンドエンジンをベースに開発されたベースシンセ。カラフルなデザインのSirinは典型的なリードからファットでヘビーなMoogの低音まで素晴らしいサウンドを生み出します。

Sirinのハーモニックトランスミッションは、2つの超高速ADSRエンベロープとマルチウェーブLFO、そしてクラシックな4pole Moogラダーフィルターによってダイナミックで形成されます。また無料のEditor / Librarianソフトウェアが用意され、DAWやMIDIコントローラーと簡単に統合できるように設計された、使いやすいアナログシンセに仕上がっています。最大128のプリセットを保存可能。

特徴

  • ステンレススチールシャーシ
  • フリーエディタ/ライブラリアン(スタンドアロン)およびプラグインソフトウェア
  • Hard Syncを搭載した2台の改良型Moog Taurusアナログオシレータ
  • Moogトーラスラダーフィルタ(20Hz - 20kHz)
  • 2×超高速ADSRエンベロープ・ジェネレーター

仕様

  • サウンド・エンジン:アナログ
  • プリセット数:128
  • 同時発音数:モノフォニック(ポリチェイン対応)
  • 発音域:E0〜D8
  • サウンド・ソース:オシレーター(ノコギリ波、矩形波)×2
  • VCO2周波数:±12半音
  • ハードシンク:オン/オフ
  • グライド:タイプ選択可能(LCR、LCT、EXP)、レガート・オン/オフ
  • フィルター:ラダー・フィルター(20Hz〜20kHz)
  • モジュレーション・ソース:三角波、矩形波、ノコギリ波、ランプ波、サンプル&ホールド、フィルターEG
  • モジュレーション・デスティネーション:オシレーター・ピッチ、オシレーター2ピッチ、フィルター・カットオフ
  • LFOパネル機能:Rate、VCO LFO Amount、VCF LFO Amount
  • エンベロープ:ADSRエンベロープ×2、レガート・オン/オフ、EGリセット
  • 外部オーディオ入力:6.35mm TSジャック
  • オーディオ出力:6.35mm TSジャック
  • ヘッドフォン出力:3.5mm TRSジャック
  • MIDI I/O:5ピンDINイン、MIDI-USB
  • アサイナブルCV/GATE入力:フィルターCV(デスティネーション固定)、ピッチCV(デフォルト設定)、ボリュームCV(デフォルト設定)、ゲート(デフォルト設定)
  • CV→MIDI変換:可能
  • 外形寸法:218 (W) x 132 (D) x 79 (H) mm
  • 質量:1.27kg

発売日

2019年6月27日(木)

販売価格

(税抜)¥73,600 (税込 ¥80,960)
JANコード:4959112193062



この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

シンセサイザー新製品一覧は ⇒ こちら

「アナログシンセ」タグの関連記事

↑ページトップ