Rupert Neve Designs RNDI-S ~ 2チャンネル・アクティブ・トランス・DI

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Rupert Neve Designs ( ルパートニーヴデザイン )がアクティブトランスフォーマーDIボックスの2チャンネルバージョン「RNDI-S」を発売します。

RNDI-Sは、2015年に発売のアクティブトランスフォーマーDIボックス「RNDI」の2チャンネルバージョン。カスタムトランスフォーマーや、クラスAディスクリート回路がさらにブラッシュアップされ、ステレオ / デュアルモノのDIとして使い勝手も向上しています。

RNDI-Sは楽器(エレキギター、ベース、キーボード、ピエゾピックアップなど)用のDIです。カスタム設計されたトランスフォーマーとクラスAディスクリートFET回路によって、個性と活力に溢れるダイレクトサウンドを提供します。

またクリップすることなく最大+20.5dBuの入力レベルにも対応。トランスフォーマーカップリングされた出力は、40Ω以下という低インピーダンスを実現。これらによりRNDI-Sを導入することでロスを最小限に抑えた、長い距離の信号ライン引き回しを可能にしています。またクラムシェル型の堅牢なシャーシは、ステージでもスタジオでも安心して使用することができます。

特長

  • 豊潤かつ強力なトーンを得られる Rupert Neve Designs 社製カスタムトランスフォーマー搭載
  • 様々な楽器に対応する高いパフォーマンス
  • ディスクリートFET増幅回路がもたらす比類なき明瞭なサウンド
  • 長いケーブルを使用した場合でも信号損失を最小限抑える設計
  • 3.5mmジャックの装備による民生用機器のバランス接続
  • グランドリフトスイッチをチャンネルごとに装備
  • 過酷なツアーや現場に耐え得る頑丈な金属製筐体
  • 全周波数帯において安定している位相
  • デュアル48Vファンタム電源駆動

仕様

  • 最大入力レベル: +20.5dBu Typical(楽器入力)
  • 最大出力レベル:+11.5dBu Typical
  • 入力インピーダンス:2.2MΩ(楽器入力)、95kΩ(3.5mm 入力)
  • 出力インピーダンス:40Ω以下
  • 周波数特性:30Hz ~ 63kHz(±0.25dB)、12.5Hz ~ 120kHz(±1dB)
  • ノイズレベル:–110dBu以下 (アウトプットで計測、Un-weighted、22Hz ~22kHz、150Ω)
  • THD+N (全高調波歪み率):
    • 0.35% Typical @ 1kHz、+20dBu入力(第2、第3高調波)
    • 0.009% Typical @ 1kHz、-20dBu入力(第2、第3高調波)
    • 0.9% Typical @ 20Hz、-20dBu入力(第2、第3高調波)
  • クロストーク @ 10kHz: -115dB(楽器入力)、-108dB(3.5mm 入力

RNDI-S(アールエヌディーアイエス)

発売日

2018年3月12日(月)

販売価格

(税抜)¥58,000 (税込 ¥62,640)
JANコード:4530027360154

【関連記事】Rupert Neve Designs RNDI 発表!パワーアンプからの信号もハンドリングできるユニークな”スピーカーモード”を搭載

【FAQ】ダイレクトボックスとは?

「di(ダイレクトボックス)」タグの関連記事

↑ページトップ