Serato DJ Pro / Serato DJ Lite 発表!

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Serato ( セラート ) は、フラグシップDJソフトウェア「Serato DJ Pro」 とその下位版である「Serato DJ Lite」を発表いたしました。

製品名の変更
「Serato DJ」は今後「Serato DJ Pro」に、「Serato Intro」は「Serato DJ Lite」に名称が変わります。

Serato DJ Pro

「Serato DJ Pro」(Ver2.0)は、従来の「Serato DJ」の機能を継承しながらも、いくつかの新機能を搭載しております。

※旧「Serato DJ」ライセンスまたはSerato DJハードウェアをお持ちの方は無償でアップデート可能です。また、拡張パックは引き続き同じ動作をします。

日本語検索対応(2バイト対応)
ファイル検索を行う検索窓に日本語入力が可能になりました。国内のDJユーザーには検索の効率が良くなり使い勝手が向上されています。

64bit サポート
64ビットに対応しました。より大きなライブラリ対応するとともにプログラム全体の安定性が向上されています。

練習モード
今までの「パフォーマンス・モード」とは別に新しく「プラクティス・モード」(練習モード)が追加がされました。この練習モードでは、ハードウェアを接続せずに2つのトラックをミックスすることができるためテストするのに最適です。ホット・キューやループを予め設定しどんなミックスのイメージになるか確認することが可能です。

高解像度スクリーンに最適化
高解像度ディスプレイに対応しています。Retinaディスプレイや4KおよびUHDディスプレイを使用時でも高解像度出力に最適化されます。とくに解像度を上げる必要がない場合は、このモードはオフにすることも可能です。

パフォーマンスパッドの新レイアウト
キューポイントなどを設定するパフォーマンスパッド画面がDJコントローラーと同じ配列の 4列 × 2段にすることができます。パッドにてパフォーマンスする際も分かりやすなり、ルーチンがより効率良く演奏可能です。なお、こちらのモードは従来の画面にすることも可能です。

Serato DJ Lite

「Serato DJ Pro」(Ver2.0)で追加された機能は「Serato DJ Lite」にも追加されております。基本的な機能の違いは従来の「Serato DJ」と「Serato Intro」と同じです。

Serato DJ Lite Serato DJ Pro 比較

Serato DJ Lite Serato DJ Pro
内蔵機能
FX ベーシック プロ
同期 ベーシック プロ
キューポイント 4 8
サンプルプレイヤー 4 32
ミックス録音
MIDI
キー解析
スライサー
ビートジャンプ
クオンタイズ
スリップモード
拡張機能
Serato Video
Serato Flip
Serato Pitch’n Time DJ
FX expansion packs
Serato Remote

発売日

2018年2月28日(水)

販売価格

Serato DJ Pro
(税抜)¥12,000 (税込 ¥12,960)
JANコード:4534217605209


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

Serato DJ Essentials
(税抜)¥20,000 (税込 ¥21,600)
JANコード:4534217605193
※「Serato DJ Pro」と「Serato DVS」がセットになったお得なバンドル。


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「djvj」タグの関連記事

↑ページトップ