Antelope Audio Edge Strip 発表!マイク録音のためのオーディオインターフェース

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Antelope Audio ( アンテロープオーディオ ) は、オーディオインターフェース「Discrete MP」とコンデンサーマイク「Edge」をセットにした「Edge Strip」を発表いたしました。

「Edge Strip」は、ヴィンテージ・マイクなどさまざまなマイクをシミュレートすることが可能な「Mic Emulation」プラグインを付属したレコーディング・ツールです。

パッケージに含まれる「Edge」は、複数の指向性選択が可能な大口径ダイヤフラムマイクロフォンで、「Mic Emulation」のマイクモデリング用に設計されたマイクです。

「Discrete MP」は、同社から発売中の「DISCRETE 8」「DISCRETE 4」の下位モデルにあたる機種で、マイクプリアンプ2基の2イン2アウトのシンプル仕様。
こちらもまたマイクモデリング機能に最適化するように設計されており、シミュレートするマイクの再現性を高めるために周波数特性をマッチさせたインターフェースとなっています。

ギタープレイヤーに人気のオーディオインターフェースとして「Zen Tour」がありますが、マイクレコーディング用途に対象を絞ったのが「Edge Strip」といえます。
エレキギターではなくアコースティックギターをマイク録りしている、ボーカルをメインに録音している方に最適なパッケージです。

「Edge Strip」には、「Mic Emulation」プラグインのほかにStay Levin コンプレッサープラグインも付属いたします。シンプルな機能のこのプラグインはボーカルやアコースティックギターに適しています。

Mic Emulation

「Mic Emulation」はFPGAプラグインです。CPU ベースのプラグインとは異なり、完全にハードウェアベースで動作しているため、ご使用のパソコンの処理能力に依存せず、またパソコンに負荷を与えずエフェクトを使用できます。

アナログ・ディスクリート・プリアンプ設計の「Discrete MP」とハイエンド・マイクの表現力を再現するためデュアル・エッジ・ターミネーションカプセルを搭載した「Edge」を使うことで手頃な価格でマイクシステムを構築します。

※「Mic Emulation」を使用する場合は、付属の専用ケーブルにてマイクプリチャンネルの2つを使用します。

※「Mic Emulation」に含まれるマイクは情報が入り次第お伝えします。

NAMM 2018 会場にて

Discrete MP 仕様

Analog Inputs

  • 2 x Mic Inputs /combo 3pin XLR + TRS/
  • Mic (XLR only): 20dBu max balanced @ 2Kohm
  • Line (1/4 only): 29dBu max balanced @ 13K (to gnd)

Analog Outputs

  • 2 x TRS (22 dBU max)

USB I/O

  • USB 2.0 Full-Speed Type B
  • Only for remote control

Mic Preamp Gain

  • Gain Range 0dB to 61dB; 1dB step
  • Phantom Power

Callibration Oscillator

  • 1kHz hardware OSC

EIN:

  • -129dBu

外形寸法

  • (W) 190 mm x (H) 46.5 mm x (D) 157 mm

動作温度

  • 0-50°C

重さ

  • 本体 950 g
  • アダプター 180 g

Edge 仕様

Diaphragm:

  • Condenser (Double sided with 10 microns gold sputtered membranes)

Freq. Response:

  • 20HZ ~ 20KHZ

THD+N

  • -116dB

Power Requirements:

  • 48V DC Phantom Power

発売日

未定

販売価格

未定

「dtm」タグの関連記事

Namm Show 2018

↑ページトップ