Roland 新KCシリーズの6モデルが発表!定番キーボードアンプが一新

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

20年以上の長きに渡りキーボードアンプの定番として親しまれているKCシリーズ。Roland ( ローランド ) は、このシリーズの全ラインナップをリニューアルすることを発表いたしました。

新”KCシリーズ”は、「KC-80」「KC-400」「KC-600」「KC-990」「KC-200」「KC-220」の6モデルからラインナップします。旧機種からの後継機種は下記のとおり。

  • 旧モデル「KC-60」 → 新モデル「KC-80」
  • 旧モデル「KC-110」 → 新モデル「KC-220」
  • 旧モデル「KC-150」 → 新モデル「KC-200」
  • 旧モデル「KC-350」 → 新モデル「KC-400」
  • 旧モデル「KC-550」 → 新モデル「KC-600」
  • 旧モデル「KC-880」 → 新モデル「KC-990」

Roland KC-80

「KC-80」は、自宅練習や小型スペースでの演奏に便利な小型のキーボード・アンプです。3チャンネルのミキシング機能を搭載し、キーボードを2台接続できるほかマイク/ライン入力、携帯音楽プレーヤーなどを接続できる外部入力を装備しています。

2ウェイ・スピーカーを内蔵しており、従来の「KC-60」に比べ軽量化を図りながらも50W出力と高効率になった新開発のパワー・アンプを搭載しています。また、スピーカー・スタンドを本体に取り付けることも可能なため、最適な高さに設置してライブなどにご使用いただけます。

Roland KC-220

「KC-220」は、電池駆動ながらも20W出力の大音量スピーカーアンプを搭載し、ストリートライブのユーザーからたちまち人気となった「KC-110」の後継モデルです。

基本仕様は「KC110」と同じで、6.5 インチのウーファーとツィーターを2基ずつ搭載し、3チャンネルのミキシング機能を装備。エフェクトも内蔵しているため、別途エフェクターを持たなくても鍵盤とマイクを用意すればライブを行うことができます。
唯一、旧モデルとの違いはイコライザーが3バンドになっており、ライブ場所によって変わってしまう環境の音場を調節しやすくなっております。

Roland KC-200

「KC-200」は、その使い勝手良さからKCシリーズの中でも人気の高い「KC150」の後継モデルです。4チャンネルのミキシング機能を搭載し、複数台のキーボードを接続して使用できるほか、マイクやオーディオプレーヤーなどを接続可能な入力端子も装備しています。新開発のアンプを搭載したことで「KC150」は65W出力でしたが、「KC-200」は100W出力と大きく改良されています。

Roland KC-400

「KC-400」は、KCシリーズの中でもっとも人気の高い「KC350」の後継モデルです。マイク入力にも対応した4チャンネル・ステレオ・ミキサーを搭載し、複数台の電子楽器を接続することができます。ステレオリンクなる機能を搭載しているため、もう1台の「KC-400」を繋ぐことでPA用のスピーカーとしても使用することができます。

新開発のアンプを搭載したことで「KC350」は120W出力でしたが、「KC-400」は150W出力と大きく改良されているほか、ホーン・ツイーターを採用しているのも変更点であり特徴です。

Roland KC-600

「KC-600」は、180Wのハイ・パワー出力の「KC550」の後継モデルです。マイク入力にも対応した4チャンネル・ステレオ・ミキサーを搭載し、複数台の電子楽器を接続することができます。ステレオリンクなる機能を搭載しているため、もう1台の「KC-600」を繋ぐことでPA用のスピーカーとしても使用することができます。また、4ch入力は音声の出力先を選べるため、スピーカーには流さないでヘッドホンのみ特定の音を流すことも可能です。

新開発のアンプを搭載したことで「KC550」は180W出力でしたが、「KC-600」は200W出力と大きく改良されているほか、ホーン ・ ツイーターを採用しているのも変更点であり特徴です。

Roland KC-990

「KC-990」1台で160W+160Wのハイ・パワーな出力を誇るキーボード・アンプです。12インチのウーファーとツィーターを2基ずつ搭載し、4チャンネルのミキシング機能を装備。コンサート用のキーボードモニターとして使用するケースが多い機種ですが、キーボードだけでなく多目的な簡易PAとしても活用できます。

比較表

KC990 KC600 KC400 KC200 KC220 KC80
最大出力 320W
(160W+160W)
200W 150W 100W 30W
(15W+15W)
50W
スピーカー
構成
ステレオ
(30cm ウーファー× 2
ホーン ・ ツイーター× 2)
モノラル
(38cm ウーファー
ホーン ・ ツイーター)
モノラル
(30cm ウーファー
ホーン ・ ツイーター)
モノラル
(30cm ウーファー
ツイーター)
ステレオ
(16cm ウーファー× 2
ツイーター× 2)
モノラル
(25cm ウーファー
ツイーター)
入力 ステレオ
4 チャンネル
ステレオ
4 チャンネル
ステレオ
4 チャンネル
4 チャンネル 3 チャンネル
(モノ×1、ステレオ× 2)
3 チャンネル
AUX IN 標準 L/R
ステレオ ・ ミニ
RCA ピン
ステレオ ・ ミニ
RCA ピン
ステレオ ・ ミニ
RCA ピン
ステレオ ・ ミニ
RCA ピン
ステレオ ・ ミニ
RCA ピン
ステレオ ・ ミニ
RCA ピン
EQ 3 バンド
(ロー、ミッド、 ハイ)
3 バンド
(ロー、ミッド、 ハイ)
3 バンド
(ロー、ミッド、 ハイ)
2 バンド
(ロー、ハイ)
3 バンド
(ロー、ミッド、ハイ)
2 バンド
(ロー、ハイ)
エフェクト リバーブ、コーラス、
トレモロ、ロータリー
リバーブ、コーラス
ライン出力 ステレオ
(標準 /XLR)
ステレオ
(標準 /XLR)
ステレオ
(標準)
モノラル
(標準)
ステレオ
(標準)
モノラル
(標準)
サブ
ウーファーアウト
ヘッドホン
ステレオ
リンク
バッテリー
駆動
寸法
幅×奥行き×高さ
759 × 470 × 585 mm
(キャスター含む)
590 × 445 × 590 mm
(キャスター含む)
490 × 385 × 470 mm
(キャスター含む)
480 × 295 × 435 mm 420 × 244 × 320 mm 420 × 300 × 410 mm
質量 42kg 29kg 22kg 15kg 7.3kg
(電池を除く)
12.5kg

発売日

KC-80 / KC-200
2017年10月28日(土)

KC-220
2017年12月15日(金)

KC-600
2017年12月上旬

KC-400 / KC-990
2017年12月末

販売価格

KC-80
(税抜)¥32,400 (税込 ¥34,992)
JANコード:4957054511692

KC-200
(税抜)¥39,150 (税込 ¥42,282)
JANコード:4957054511708

KC-220
(税抜)¥38,250 (税込 ¥41,310)
JANコード:4957054511739

【関連記事】

白いオシャレなキーボードアンプが登場!なんと真空管搭載!!迫力ある音圧で倍音豊かなサウンド
https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2017/09/116576

PAスピーカーはこちら 》

その他、PAセットはこちら 》

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ