大量のオーディオ・ファイルのプロセシング・タスクを劇的にスピードアップする NUGEN AUDIO AMB シリーズ

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

AMB_1

NUGEN AUDIOが、ラウドネス値の自動補正や、サラウンドへのアップミックスの自動化など、大量のオーディオ・ファイルに対して必要とされるプロセシング・タスクを劇的にスピードアップする、WindowsとOS Xに対応したモジュール型ソフトウェアのスイート「AMB(Audio Management Batch Processor)」シリーズを発売します。

nugen_amb_concept

AMBは、必要なファイル処理アルゴリズムをスレッド化、ファイルやキューに対して、複数のプロセシング・スレッドを並列に処理することが可能です。費用対効果に優れたオーディオのマネージメントと自動化なら、AMBにお任せください。AMBが担うタスクをあなたの要求に合わせて自動化し、モジュールを加えることで、プロセスの種類とパラメーターも高度にカスタマイズ可能です。

大量のオーディオ・ファイルに必要な編集プロセスをバッチ処理で自動化。

AMB(Audio Management Batch Processor)は、ラウドネス値の自動補正や、サラウンドへのアップミックスの自動化など、大量のオーディオ・ファイルに対して必要とされるプロセシング・タスクを劇的にスピードアップする、WindowsとOS Xに対応したモジュール型ソフトウェアのスイートです。

AMBは、必要なファイル処理アルゴリズムをスレッド化、ファイルやキューに対して、複数のプロセシング・スレッドを並列に処理することが可能です。費用対効果に優れたオーディオのマネージメントと自動化なら、AMBにお任せください。AMBが担うタスクをあなたの要求に合わせて自動化し、モジュールを加えることで、プロセスの種類とパラメーターも高度にカスタマイズ可能です。

AMBには以下の様々なモジュールが用意されており、あらゆる規模のポスト・プロダクション・スタジオが必要とする緻密な処理を行うプロセシング・モジュールを目的別に提供します。

大量のオーディオ・ファイルに必要な編集プロセスをバッチ処理で自動化。

AMB(Audio Management Batch Processor)は、ラウドネス値の自動補正や、サラウンドへのアップミックスの自動化など、大量のオーディオ・ファイルに対して必要とされるプロセシング・タスクを劇的にスピードアップする、WindowsとOS Xに対応したモジュール型ソフトウェアのスイートです。

AMBは、必要なファイル処理アルゴリズムをスレッド化、ファイルやキューに対して、複数のプロセシング・スレッドを並列に処理することが可能です。費用対効果に優れたオーディオのマネージメントと自動化なら、AMBにお任せください。AMBが担うタスクをあなたの要求に合わせて自動化し、モジュールを加えることで、プロセスの種類とパラメーターも高度にカスタマイズ可能です。

AMBには以下の様々なモジュールが用意されており、あらゆる規模のポスト・プロダクション・スタジオが必要とする緻密な処理を行うプロセシング・モジュールを目的別に提供します。

▽AMB全モジュール日本語Webページ

http://www.minet.jp/brand/nugen-audio/amb/

AMB Loudness Module 製品概要

ファイルベースでラウドネスを自動解析、ログ保存、自動補正。

ITU-R BS. 1770 (CALM)とEBU R128に基づいて、ファイルベースでラウドネス値を自動計測、補正するモジュールです。監視フォルダ、警告インジケーター、解析のためのログファイル保存、グラフ表示などの機能が柔軟性の高い直感的なインターフェイスで管理できます。詳細な自動補正の条件設定を行えば、実時間の処理にくらべて、100倍以上のスピードで、ラウドネス補正の並列処理や、複雑なファイル・デリバリーの要求にも応えます。

AMB Upmix Module 製品概要

ステレオまたはマルチチャンネル・オーディオを自動で5.1または7.1サラウンドへアップミックス。

評価の高いNugen Audioの Halo Upmixプラグインのアップミックス機能を、ファイルベースでバッチ・プロセス可能にしたモジュールです。ステレオまたはマルチ・チャンネルのソースを、元のソースとの互換性を完全に保ったまま、5.1または7.1chサラウンドのファイルに自動でアップミックスすることができます。

AMB DynApt Module 製品概要

コンテンツを別のメディアで再利用するためにダイナミクスとLRA(ラウドネス・レンジ)を自動で最適化。

ラウドネス基準に適合しながらダイナミクスを最適化するためにNugen Audioが独自に開発したアルゴリズム「DynApt」は、オーディオ信号に含まれるダイナミクスをダイアログの明瞭度を損なうことなく調整することが可能です。これは映画のコンテンツを二次利用する場合や、自動的にコンプレッションがかかるようなストリーミング・メディア用にダイナミクスを再編集する作業を、圧倒的に効率化します。

DynApt Moduleを使用するには、AMB Loudness Moduleが必要です。

二次利用先のメディアにあわせてLRA(ラウドネス・レンジ)のターゲットを設定して補正

ダイアログを自動的に検知してトランジションと明瞭度をキープ

映画のサウンドトラックをTV用に、TVの音声をWeb、ラジオ、ポッドキャスト用に再編集する作業を自動化

AMB MXF Module 製品概要

MXFファイルに含まれるPCMオーディオをネイティブで自動処理。

このMXFモジュールを追加すると、他のデータに影響を与えることなく、AMBはネイティブでMXFファイルに格納されているPCMオーディオ(OP-1aとOP-Atom互換)にアクセスすることができるので、大幅に時間を節約し、ファイル形式の変換によるエラーも防止できます。

MXF Moduleを使用するには、AMB Loudness ModuleまたはAMB Upmix Moduleのいずれかが必要です。

AMB ProRes Module 製品概要

ProResまたは.mov形式の映像ファイルに含まれるPCMオーディオをネイティブで自動処理。

AMB ProResモジュールを追加すると、PCMオーディオはProResまたは.movの中に含まれるPCMオーディオをネイティブで処理、ビデオやメタデータには一切影響を与えません。

ProRes Moduleを使用するには、AMB Loudness ModuleまたはAMB Upmix Moduleのいずれかが必要です。

AMB Queue Expansion 製品概要

ネットワーク内の複数フォルダを同時に監視。

AMBの基本モジュールでは、2組までの監視フォルダとキューに対応しています。AMB Queue Expansionを追加すれば、監視フォルダとプロセシング・キューを合計16組まで拡張できます。

AMB Thread Expansion 製品概要

ファイル処理スピードと効率を最大化。

AMBの基本モジュールでは、2つの独立したプロセシング・スレッドを同時に並行して走らせることが可能です。さらにパワーと効率が求められる場合は、AMB Thread Expansionを追加することで、合計16までのプロセシング・スレッドを同時に走らせることができます。

Upgrade LMB to AMB Loudness Module

LMBユーザー向けのアップグレード・パス。

LMBからAMB Loudness Moduleへアップグレードすることにより、処理の高速化が実現します。2つのスレッドを同時進行させることが可能になり、解析にかかる時間も約1/5に短縮されました。また、2つのキューを並列で処理できるので、一つはARIB TR-B32準拠のファイルを生成、もう一つはATSC A/85準拠のファイルを生成するなど、異なるラウドネス規格に適合したファイル生成を同時に行えるようになりました。

2016年7月1日以降にLMBをユーザー登録されたユーザー様には、Nugen AudioよりAMB Loudness Moduleのライセンスが無償で提供されます。

想定される用途

  • セクション間の突発的な大音量の防止
  • ラウドネスの整合性に問題がある音源のマッチング
  • 異なる素材のバランスを素早く調整
  • 台詞の明瞭性をメンテナンス
  • 音楽とエフェクトのチェック&バランス
  • ラウドネスが安定したライブラリを即座に用意
  • ダイナミックレンジが異なる素材を容易にマッチング
  • ラウドネスの特性を保ちながら即座にエディット
  • ダイナミックレンジを高くプロデュース
  • 再生システムに合わせてダイナミックレンジを測定/設定
  • コーデック時の変化、DA歪みが最小化されるよう最適化
  • 必要とされるラウドネス基準のファイルを自動的に生成

対応するオーディオファイル・フォーマット

WAV、AIF、OGG、WMA、ACC、AU、FLAC、M4A、MXF、MOV、AVI、MPEG、3GP、MPEG、WMV、3GP、ASX、M4V、MKV、MP4、MXF(OP-1a、OP-Atom)、ProRes

※MXF(OP-1a、OP-Atom)、ProResの処理には、それぞれMXFモジュールとProResモジュールの追加が必要です。

※ビデオのフォーマットは自動的に処理用のWAVファイルが分離されます。

AMB_Graph

動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.11
  • Windows 7-10
  • CPU - Intel Core Duo 1.66GHz以上
  • AU、VST(2.4/3)、AAX Native & AudioSuite(LM-CollectはAudioSuiteのみ)、RTAS(Pro Tools 10)スタンドアローン*(LMBはスタンドアローン版のみ)

    スタンドアローン対応: VisLM-H、LM-Collect、LMB

  • LM-Collect: スタンドアローン、AudioSuiteのみ対応
  • LMB: 要iLok2 USB Smart Key(別売)および接続用のUSBポート×1基
  • 他の製品はハードディスク/iLok2からオーサライズの選択が可能

※その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

発売日

2016年9月9日(金)

販売価格

AMB Loudness Module
(税抜)¥119,900 (税込 ¥131,890)
JANコード:4533940071367

Upgrade LMB to AMB Loudness Module
※LMBをお持ちの方のみご購入いただけるAMB Loudness Moduleのアップグレード版
(税抜)¥59,900 (税込 ¥65,890)
JANコード:4533940071442

プラグインエフェクト新製品一覧は ⇒ こちら

「dtm」タグの関連記事

↑ページトップ

digilandbeats