1980年初期のデジタル・リバーブを再現!OTO MACHINES BAM

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

oto-machine-bam-00

OTO MACHINESが1980年初期のデジタル・リバーブの、太くて派手なサウンドを再現した「BAM」を発売します。

BAMは1970年代後期~1980年初期のデジタル・リバーブ・ユニット(EMT250やLexicon 224など)の持つ、太く、カラフルなサウンドを再現した、個性的なスタジオ品位のデスクトップ・リバーブです。

oto-machine-bam-rear

現代のレコーディングにおいて、多くのサウンドエンジニアやプロデューサー、ミュージシャンたちが、当時の機材が持っていた温かみのある”音楽的な”ファットサウンドを再認識する中、OTO MACHINESは当時のテクノロジーを再発見し、デスクトップで使用できるミュージシャン・フレンドリーなプロフェッショナル機器として最初期の伝説的なリバーブ・ユニットを再構築しました。

当時のスタジオ用デジタル・リバーブは、オーディオ信号はサンプルクロックの限界により10kHz周辺でハイカットされることが多く、いくつかのユニットは12bitのゲイン・ステップ・コンバーターで、15bitの解像度を実現していたり、初めて16bitのコンバーターが採用されたりもしました。その後サンプルは16~20bitでCPUとメモリーによりデジタルプロセスされるようになっていきました。

BAMに採用されたテクノロジーは初期のデジタルリバーブ・ユニットに採用されていた技術にほぼ同じです。16ビットのコンバーターに、20ビット固定ポイントのプロセッシング、アナログ・フィルタリング技術、入力トランスなどのハードウェアと、厳選された7つのリバーブ・アルゴリズムが融合し、OTO MACHINES BAMの個性的なビンテージ・デジタル・リバーブサウンドを作りだしています。

プラグインやソフトウェアでは決して真似ができない BAMが持つハードウェアーならではの音質や質感を、是非あなたの音楽制作環境やパフォーマンスにお役立てください。もちろんその性能はプロオーディオ・ハードウェアとして、スタジオ・レコーディングでもご利用いただけます。多くのビンテージ・デジタル・リバーブが現代に通用するオーディオ品質を失ってしまっている中で、BAMは当時のサウンドや質感を、信頼感高くデスクトップ上に再現できます。

またMIDIコントロールや36ユーザープリセットなど、モダーンな音楽制作に対応できる機能性も追加されています。

oto-machine-bam-01


特徴

  • 7アルゴリズム:ルーム、ホール、プレート、アンビエント、コーラス、ノンリニアー、プリミティブ
  • 入力ゲイン(+15dB)により意図的にアナログ倍音を加えられます
  • 500msのプリ・ディレイ(ノブコントロール)、TAPコントロールでは1500ms
  • 連続可変できるリバーブサイズ・パラメーター
  • ロー・カット・フィルター: 20 Hz, 80 Hz, 150 Hz, 250 Hz, 450 Hz
  • ハイ・カット・フィルター: 1,8 kHz, 4,5 kHz, 7 kHz, 9 kHz, 15 kHz
  • コーラス機能(リバーブ信号にモジュレーションをかけられます)
  • タップテンポ機能(プリディレイ、またはリバーブタイムに割り当て可能)
  • フリーズ機能
  • 36 ユーザー・プリセット
  • MIDI インプット:コントロールチェンジ/プログラム・チェンジ対応
  • 3バイパスモード切替: Relay、Spillover、Aux
  • 16のLEDによるシンプルで分かりやすいインターフェース
  • 頑丈なスチール・エンクロージャー
  • 専用パワーサプライ(アダプター)付属

OTO MACHINES / BAM

発売日

2016年6月

販売価格

(税抜)¥75,000 (税込 ¥82,500)

JANコード:4560482825806


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

【関連記事】【今さら聞けない用語シリーズ】リバーブとディレイ、エコーの違い

「プロセッサー&エフェクター」タグの関連記事

↑ページトップ