アルミ筐体によるタフでスタイリッシュなデザインになった大定番のエクスプレッション/ボリューム・ペダルXVP-20

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

XVP20

1994年の発売以来、20年を越えるロングセラーとなった大定番のエクスプレッション/ボリューム・ペダルXVP-10がついにリニューアル。アルミ筐体によるタフでスタイリッシュなデザインで、安定性とコンパクト性を実現しました。

さらにラバーによるグリップ力の強化や、ギアの改良によるスムーズな動作など、細部に渡ってブラッシュアップ。ブラック・アルマイト仕上げで高級感のある外観にもこだわりました。

主な特徴

XVP20_conector

2系統のインプット/アウトプットと1系統のエクスプレッション

XVP-20は、エクスプレッション/ボリューム・ペダルとして求められる最大かつ十分な機能を備えています。2系統のインプット/アウトプット、そして1系統のエクスプレッション端子を装備。従来共用だったアウトプットとエクスプレッション端子を独立で設けたことで、操作性はさらに高まりました。

コンパクトかつ頑強なアルミ筐体

よりコンパクトなボディ・デザインで可搬性を高めるとともに、頑強なアルミ筐体によって踏み込みの安定性も同時に確保しました。高級感あるブラック・アルマイト仕上げを施した外観で、コルグのフラグシップ・ワークステーションKRONOSとのマッチングも最高です。

XVP20_torque

XVP20_gear

グリップ力と滑らかさを高めたペダル機構

フットボードの天面、そしてボディの裏面にはグリップ力を高めるラバーを採用し、高い安定性を確保しました。またペダル動作には頑強なギア機構を採用し、トラブル・フリーを実現。さらに、歯数の多いギアを使用することできわめてスムーズな動作をも実現しました。

ミニマム・ボリュームとトルクを調整可能

ペダルで操作できるボリュームの範囲を調整するミニマム・ボリューム・ノブを装備。ペダルを最小の位置にしたときのボリューム・レベルを設定した最低音量から最大音量までコントロールできます。ノブは従来のフットボード下ではなくボディ背面に配置し、よりコントロールしやすくなりました。またトルク調整ネジを備え、フットボードの動作トルク(重さ)を好みに応じて微調整することが可能です。

主な仕様

入カインピーダンス: 50K~100KΩ

入力端子:INPUT 1、2端子(モノラル標準フォーン・ジャック)

出力端子:OUTPUT 1、2端子(モノラル標準フォーン・ジャック)

EXPRESSION PEDAL端子(ステレオ標準フォーン・ジャック)

コントロール:ペダル、ミニマム・ボリューム、トルク調整

外形寸法:90 (W) x 268 (D) x 62 (H) mm(ゴム足含む)

質量:1.3kg

付属品:EXPRESSION PEDAL端子専用ステレオ・ケーブル

※ その他すべての商品名または規格名は関係各社の商標または登録商標です。

※ 製品の仕様および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

発売日

2016年7月中旬予定

販売価格

(税抜)¥17,500 (税込 ¥19,250)

JAN:4959112147089


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「korg」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ