Roland AIRAシリーズの新製品、「演奏」するデジタル・ミキサー Mix Performer 「MX-1」発表

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

MX-1_right

ローランド株式会社が同社のグルーブギア「AIRA」シリーズの新製品として「演奏」する! デジタル・ミキサー「MX-1」を発表しました。

The NAMM Show 2015にて

NX-1NAMM

多彩な入出力に対応した「演奏」できるデジタル・ミキサー。 MX-1は、リズム・マシン、シンセ、DAWなど、 ライブ・パフォーマンスに必要な入力ソースをスマートに接続できる 高音質設計のデジタル・ミキサーです。 ミキサーとしての機能に加えて、コントロール・サーフェスやオーディオ・インターフェースとしても活躍。さらに本体のマスター・テンポや接続機器とシンクする ビート・エフェクトも装備。制作現場やライブ・セットの中枢としてアクティブにプレイできるミキサーです。

mx-1

AIRA_vertical_2015_B_black

リアパネル

MX-1_back

MX-1 特徴

  • アナログ6チャンネル、デジタル1チャンネル(ステレオ)、AIRA 4チャンネル(ステレオ)、PC1チャンネル(ステレオ)の合計18チャンネル入力のパフォーマンス・ミキサー。
  • TRスタイルのボタンを備え、ステップ入力が可能なBEAT FXを3種類搭載。
  • 大型専用ノブによるコントロールが可能な6種類のMASTER FX装備。
  • BEAT FXとMASTER FXはどの入力にも適用可能。BEAT FXはチャンネルごとにエフェクトの設定が可能。
  • ステップ・シーケンサーを用いてMASTER FXをテンポに合わせて切り替えるコンビネーション機能。
  • AIRAシリーズとUSBケーブル1本でシンプルに接続できる4つのAIRA LINK USBポートを搭載。
  • すべての入力をDAWに直接送信でき、オーディオ・インターフェースとして機能するエクスターナル・ミキシング・モード。
  • DAWのMIDIコントローラーとして機能するコントロール・サーフェス・モード。
  • 入力音をヘッドホンで確認するDJスタイルのキュー・モニタリングや、専用ボタンで即座のミュート操作を実現。 フェーダー・カーブはチャンネルごとに6種類からセレクト可能。
  • チャンネルごとに10種類のEQ、FILTER、ISOLATORを設定できるTONE/FILTER FX。
  • MX-1本体をマスターとして接続機器のテンポ同期、シャッフル、タップ・テンポなど充実のテンポ・コントロール機能。
  • チャンネル・セッティング、エフェクトなどの設定を64個までメモリーし、瞬時に呼び出せるシーン・メモリー機能。

リアパネルのUSB端子にはAIRAシリーズを接続し、オーディオはもとよりあらゆるコントロール、エフェクト処理などをMX-1側でトータルにコントロールすることが可能です。

Connection_Example_J01

多彩な音源をミックス

6つのアナログ入力に加えて、AIRAシリーズの接続に最適化された4つのAIRA LINK USBポートや、DJプレーヤー/CDプレーヤーなどの接続に最適なデジタルI/O、外部エフェクター等の接続に活躍するセンド/リターン・ジャックも装備。さらにDAWで18チャンネルをストリーム可能。多彩な音源を集めて自在なミックスが行えます。

フェーダーは、暗い場所でもセッティング状態がひと目でわかるLED照明付きで、それぞれ6通りのボリューム・カーブを選択できます。さらに全チャンネルでそれぞれ10種類のFILTER、EQ、ISOLATORからトーン/フィルター・ノブで調節可能。また、各チャンネルのミュート・ボタンは瞬時にアクセスできるよう配置。

DJスタイルのヘッドホン・キュー・モニタリングにより、どんなソースでもスムーズにミキシング。レベル・メーターでソースのボリュームを確認しながらビートにトラックをかぶせることが可能。さらにシーン・メモリー機能により、チャンネル・セッティング、エフェクトなどの設定を64個までメモリーし、瞬時に呼び出せます。

MX-1_front

ドラマチックで、リズミカルなエフェクト表現

MX-1は、新感覚のエフェクト機能を搭載しました。クロック・マスターに設定した機器のテンポに合わせて動作するBEAT FXを装備。FILTER、SIDE CHAIN、SLICERの3種類のエフェクトをチャンネルごとに選択可能。リズム・マシンの名器、TRシリーズを彷彿させる16個のステップ・シーケンサー・ボタンを使って操作でき、リズミカルなバリエーションやポリリズム、複雑なグルーブを生み出せます。

さらに、大型コンロール・ノブにより、直感的にマスター・セクションにエフェクトを加えることができるMASTER FXを搭載。MASTER FXは、DELAY、FILTER、SCATTER、FLANGER、BIT CRUSH、ROLLの6種類。コンビネーション機能を使えば、MASTER FXを組み合わせてステップ・シーケンスすることもできます。

パソコンを使った音楽制作やパフォーマンスをもっと楽しく、クリエイティブに

音楽制作において、そしてパフォーマンスの面でも、パソコンの重要性はますます高まっていながらも、パソコンは他のライブ楽器と十分に連携できないこともあり、独自のオーディオ・インターフェースや、コントローラーが必要でした。MX-1は3種類のモードでこの状況を解決します。

MIXER MODE

アナログ/デジタル入力、AIRA製品、パソコンの出力など、多彩な音楽ソースをミキシング。AIRA LINKにAIRA製品が接続されてない場合は、USBチャンネル1~4へパソコンの再生音を入力してミキシングすることもできます。

CONTROL SURFACE MODE

パソコンと同期し、DAW用のMIDIコントローラーとして活躍します。

EXTERNAL MIXING MODE

全入力をそれぞれ最大96kHz/24bitのクオリティーでPC/MacのDAWに直接送信でき、上質のオーディオ・インター

フェースとして機能します。さらにDAWから18チャンネルをマルチ・アウトとしてMX-1の各チャンネルに出力することでエフェクターなどMX-1のフル機能を活用することができます。

AIRAシリーズとの完璧なコンビネーション

top_L

4つのAIRA LINK USBポートを搭載。1本のUSBケーブルでAIRA製品のオーディオ、MIDIを転送。ポートの1つはTB-3やVT-3などのAIRA製品にバスパワーを供給可能。今までにないシンプルで確実なライブ・セッティングを実現します。さらにMX-1は、MIDIまたはAIRA LINKで多数の楽器と同期したスタート、ストップの操作や、テンポ同期が可能。テンポは、大型ノブで自由自在にコントロールすることができ、シャッフルやタップ・テンポなども可能。

「演奏」するミキサー

シンプルなパネル・レイアウトや、接続機器とテンポ・シンクするエフェクトの搭載など、ミキシングやエフェクト操作をスムーズに行える直感的なオペレーションを追求しました。MX-1は、「演奏」する楽器として設計されたミキサーです。

MX-1デモ動画:レーザービームのロボットアームはCVでシンクしてるらしいです!

『命がけで撮影した映像が、本日NAMMで公開!』齋藤久師のブログ

発売日

2015年2月26日

販売価格

(税抜)¥60,000 (税込 ¥66,000)
JANコード:4957054506971


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

関連商品


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「aira」タグの関連記事

「オーディオ・インターフェース」タグの関連記事

↑ページトップ