YAMAHAがクラウドサービス「VOCALOID NET(ボカロネット)」を発表

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

1404240101

株式会社ヤマハがVOCALOIDでの楽曲制作を様々な機能で支援する、会員制クラウドサービス「VOCALOID NET(ボカロネット)」を発表しました。

2016/5/11追記:【重要なお知らせ】「ボカロネット」の提供終了のお知らせ

2016/9/27追記:2016年9月27日でボカロネットの提供を終了。

歌詞だけで曲が作れる自動作曲機能、「VOCALOID™」アプリ間の連携に役立つ

クラウドストレージなど、「VOCALOID」での楽曲制作に役立つ機能が無料で利用できる

ヤマハ 会員制クラウドサービス『ボカロネット™』

− 「ニコニコ超会議3」に開発バージョンを参考出展。2014年7月より提供開始予定 −

アプリでは実現できなかった VOCALOIDユーザのためのサービス

「VOCALOID NET(ボカロネット)」は

  • VOCALOID を使ったことがないユーザに、 VOCALOIDの楽しさを知ってもらう
  • VOCALOIDに挫折したユーザに、 VOCALOIDを使ってもらう
  • VOCALOIDを使っているユーザに、 より使いやすいDTM環境を提供する

をコンセプトにした新たなネット・サービスです。

歌詞を入力するだけで曲が作れる自動作曲サービス 「ボカロデューサー」

れまで法人にのみ提供されていた自動作曲技術「VOCALODUCER」を、一般の方でも『ボカロネット』の公式サイト上で利用できます。テキストボックスに歌詞を入力し、好みの曲調や歌声を選択するだけで、あっという間に伴奏と歌声からなる楽曲ができる「カンタンモード」。そして、メロディのテイスト、伴奏のジャンル、伴奏のスタイル、テンポ、コード進行など、こだわりの条件を細かく指定して作曲できる「ノーマルモード」の2つのモードで自動作曲が楽しめます。

「かんたんモード」

1404240102

「ノーマルモード」

1404240103

「VOCALOID」アプリケーション間の連携に役立つクラウドストレージ「ボカロストレージ」

会員専用のクラウドストレージ「ボカロストレージ」を使えば、「VOCALOID3 Editor」や「VOCALOID Editor for Cubase」などの『ボカロネット』対応アプリケーション間での楽曲データのやりとりをクラウド経由でシームレスに行えます。また、「ボカロストレージ」への楽曲データの保存や読み込みは、『ボカロネット』対応アプリケーション上から直接行えます。「VOCALODUCER」で作った楽曲も「ボカロストレージ」に自動的に保存されるため、例えば、「VOCALODUCER」で作った楽曲を他のアプリケーションでさらに編集して楽しむことも可能です。

また自分の楽曲の試聴ページをTwitter、Facebookに投稿することでシェアして楽しむことができます

「VOCALODUCER」「ボカロストレージ」も無料で利用可能。より便利なプレミアム会員も

会員登録を行うだけで、自動作曲サービス「VOCALODUCER」もクラウドストレージ「ボカロストレージ」(500MB分)も無料で利用できます。月額500円(税別)のプレミアム会員では、「ボカロストレージ」の容量が5GBに増量されるだけでなく、「VOCALODUCER」の機能のアップグレード(最大利用回数・歌声の種類・伴奏音源・作曲できる小節数の増加、伴奏MIDIファイルのダウンロードなど)によって、より便利な機能を利用できます。

1404240104

「ニコニコ超会議3」での『ボカロネット』体験ブースについて

2014年4月26日(土)、27日(日)に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議3」「超ボーカロイド感謝祭」エリアにて、『ボカロネット』の機能の一部を体験できるブースを設けます。「超ボーカロイド感謝祭」の詳細については、「ニコニコ超会議3」の公式ウェブサイトに掲載されています。

「ニコニコ超会議3」でのボカロネットブースの模様

IMG_8566

ニコニコ超会議公式ウェブサイト:http://www.chokaigi.jp/2014/booth/cho_vocaloid.html

「vocaloid」タグの関連記事

↑ページトップ