TASCAM 業務用CDレコーダー/カセットデッキ「CC-222MKIV」発売

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品は生産終了となりました

cc-222mk4_01

ティアック社は、TASCAM(タスカム)ブランドの業務用CDレコーダー/カセットデッキ「CC-222MKIV」(CC-222mk4)をまもなく発売いたします。

CC-222MKIV

カセットテープをワンボタンでCD-Rに録音、デジタル保存。

フォノ入力も装備した業務用CDレコーダー/カセットデッキ。

「CC-222MKIV」は、TASCAM「CC-222SLMKII」の後継機となる業務用CDレコーダー/カセットデッキです。

CDとカセット間での相互ダビングを手軽に行えるだけでなく、CD/カセットの独立操作、独立入出力が可能です。また、フォノ入力にも対応していますので、レコードからカセットまたはCD-R/RWにも録音が可能です。 アナログライン入出力、フォノ入力に加え、COAXIAL、OPTICALのデジタル入出力にも対応しており、様々な音響現場での録音・再生に柔軟な対応ができるコンビネーションレコーダーです。

cc-222mkiv_w_tape-cd

特にCDレコーダー部の特長として、音質を左右するAD/DA変換には、旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを採用。ドライブは高耐久、高信頼性を誇る自社製オーディオ専用ドライブを搭載。 自社開発ならではの細かな対応が可能となるドライブは、専用に設計されたファームウェアにより、録音中のトラック更新において、パソコン用ドライブでは不可能な曲間なしの連続録音を実現しています。

「CC-222MKIV」は、業務用音響の現場において長きに渡りご活用頂ける業務用CDレコーダー/カセットデッキです。

cc-222mkiv_03

旧機種(CC-222SLMKII)からの変更点

  • Dolby B非対応
  • 外観の変更
  • トレイドライブへの変更

CC-222MKIVの主な特長

  • CD/カセットの独立操作、独立入出力が可能
  • CDとカセット間での相互ダビングやCDとカセットの同時録音が可能
  • フォノ入力を装備し、アナログレコードプレーヤーを接続することでレコードをCDまたはカセットに録音が可能
  • 外部のアナログおよびデジタル機器を接続し、外部ソースの録音が可能
  • AD/DAには24ビット処理の旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを採用
  • 様々な要求に応える多彩なトラック更新機能
  • 曲間のない連続録音が可能な専用ファームウェア搭載の自社製CDドライブ
  • 振動などによる音飛びを回避するショックプルーフメモリーを搭載

cc-222mk4_02

発売日

2014年5月下旬

販売価格

CC-222MKIV
(税抜)¥57,000 (税込 ¥62,700)
JANコード:4907034123070

「tascam」タグの関連記事

「レコーダー」タグの関連記事


The NAMM Show 2020

↑ページトップ