Pioneer DJ ダンスミュージックに最適なスピーカー「S-DJ X Series」を発表

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

pic_s_dj50x_00

Pioneer DJ(パイオニア DJ)はDJ向けアクティブ・モニター・スピーカー「S-DJ X Series」4機種を発表いたしました。

「S-DJ X Series」はダンスミュージックの再生に最適な迫力ある低音と広がりを実現したアクティブ・モニター・スピーカーです。

DJ機器メーカーとしての経験と、長年のスピーカー開発で培ってきた高音質技術を活かし、豊かなベース音やタイトなキック(ドラム)音といった低域での再現性、クリアで広がりのある中高音を実現したモデル。

ラインナップは3種類で上から「S-DJ80X」、「S-DJ60X」、「S-DJ50X」です。「S-DJ50X」は黒と白のカラー・モデルが発売予定。

自宅やホームスタジオでダンスミュージックを高音質で再生したい方にピッタリなスピーカーです。

S-DJ X Seriesの主な特長

 

強固なエンクロージャーにより、迫力ある低音再生を実現

pic_s_dj50x_01

エンクロージャーとバスレフダクト部に高剛性MDF※1 材を採用したことに加え、ウーファーユニットを極厚MDFインナーバッフル(8インチ:最大33mm厚、6インチ・5インチ:最大30mm厚)に直接取りつけることで、不要な共振を抑制し、迫力ある低音を再生します。

「Groove(溝)技術」の採用により、バスレフダクトの空気の流れを最適化

pic_s_dj50x_06

迫力ある低音を前面に出力するフロントバスレフ方式に加え、バスレフダクト部に溝を設けることで空気の流れを整え、低音を前面にスムーズに放射する「Groove(溝)技術」を採用しました。これにより、迫力あるキック音・ベース音の再生が可能です。また、ダクト内部にラウンド加工を施してノイズを低減するなど、細部にわたって低音の再生に適した設計となっています。

「DECO※2」技術による凸形状ディフューザーをトゥイーター部へ採用し、広がりのある音を実現

pic_s_dj50x_07

プロスタジオで実績のあるTAD Labs※3社製モニタースピーカー「TAD Pro TSM-2201-LR」の「DECO」技術による凸形状ディフューザーをトゥイーター部へ採用しました。凸形状ディフューザーが中高域の音を左右と上方へ振り分けることで、広いスイートスポットと立体感のある音像を実現します。また、ディフューザー部に、音の広がりをイメージしたアーク(円弧)形状の白色イルミネーションを搭載しています。

高いレスポンスと迫力のある音楽再生を実現するドライバー設計

軽量かつ高剛性という優れた性質を持つアラミド繊維素材のウーファーコーンと、大口径マグネットによる強力な磁気回路を採用することで、高いレスポンスと迫力のある音楽再生を実現します。トゥイーターには、ソフトドームを採用し、磁気回路に磁性流体を用いることで、クセの無い伸びやかな高域を実現します。

すべての帯域をバランスよく再生する新設計『ABクラスバイアンプ』を搭載

トゥイーター、ウーファーそれぞれのユニットに適した、新設計の『ABクラスバイアンプ』を搭載することで、全帯域でバランスのよい周波数特性を実現しています。

その他の特長

豊富な入力端子を搭載(XLR、TRSフォーン、RCA)。

環境に配慮した「オートスタンバイ」機能により、無入力状態が一定時間続くと、電源をスタンバイ状態に切り替え、電力消費をおさえます。

発売日:2013年 10月上旬~中旬

販売価格

S-DJ50X:(税抜)¥15,500 (税込 ¥16,740)

JANコード:4988028231469


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

S-DJ50X-W:(税抜)¥15,500 (税込 ¥16,740)

JANコード:4988028231452


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

S-DJ60X:(税抜)¥20,857 (税込 ¥22,525)

JANコード:4988028231476


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

S-DJ80X:(税抜)¥28,500 (税込 ¥30,780)

JANコード:4988028231483


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ