Think MIDI 2015 開催~MIDIがつなぐ時代と音楽~

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらのイベント・キャンペーンは終了しました。

ローランド株式会社の創業者である梯 郁太郎氏が名誉顧問を務める「公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団」が、規格制定後30余年を経て、今もなお電子楽器共通の標準インターフェースとして活用されているMIDI(Musical Instrument Digital Interface)をテーマしたイベント「Think MIDI 2015 ~MIDIがつなぐ時代と音楽~」を2015年12月12日(土)-13日(日)の二日間、ラフォーレ・ミュージアム六本木(東京都港区)にて開催します。

latest_3

当イベントは、ホール内ステージと展示エリアで構成され、ホール内に設営された二つのステージにおいてはMIDIに所縁の有る多くの音楽家による様々なライブやトークイベントを実施、展示エリアにおいては希少価値の高いヴィンテージと呼ばれる多くの楽器や、電子楽器を駆使して新たな音楽ジャンルを生み出したYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が実際に使用した機器を並べ、ファンならずともMIDIが音楽の進化に如何なる影響を与えたかを楽しみながら学べる内容となっています。

通信カラオケや着メロなど、MIDIによるテクノロジーが電子楽器やPCだけでなく身近な世界に活用され、昨今ではPCのブラウザ上で直接音を加工したり、MIDI機器と接続できるWeb MIDI APIも提唱されています。電子楽器発展の根幹を成し、楽器共通のプロトコルとして不可欠な要素であるMIDI。そのMIDIが過去・現代と音楽産業や音楽に与えた役割を検証し、そして未来へとMIDIという偉大な存在が果たす役割を知るイベントです。

MIDIとは

正式にはMusical Instruments Digital Interfaceの略で、国際標準となっている電子楽器の規格である。電子楽器同士を接続するための通信規格であり、MIDIを利用することで、MIDI機器同士をコントロールしたり、パソコンにつないだMIDI楽器を演奏させたり、逆に演奏情報をパソコンに記録することを可能にする。

電子楽器の歴史を検証する展示ゾーン

常設の展示ブースにおいては、MIDI規格が制定されたとされる1982年以前に世に出され、楽器ファンには垂涎の、希少価値の高いヴィンテージと呼ばれる機器やMIDIを搭載した様々な電子楽器を集め、電子楽器の歴史のパネル展示とともに、時代を作ったモデルを目と耳で確かめることが出来る“MIDI History”のコーナー。そして電子楽器を駆使した新たな音楽で世界を席巻したYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が実際に使用した機器を360度から見学出来る展示ブース。またハード/ソフトメーカーによる最新のデジタル製品が体験できる展示ブースを設け、多くの音楽愛好家にも興味深いディスプレイを予定しています。

音楽の進化に与えたMIDIの影響を検証するステージ

メインステージの二日間は、2つのデイ・コンセプトで構成されています。

開催初日(12日)は“MIDI’s Legend”というタイトルで、電子楽器の歴史やMIDIが如何に音楽の発展に寄与したのかを検証し、二日目(13日)は、“CREATE MUSIC”というテーマで、MIDIの出現が音楽の進化に与えた影響や、音楽産業に様々な形でMIDIが活用されている実情と将来の展望が紹介されます。

両日ともに、様々な電子楽器を実際に使用して、著名アーティストのライブ演奏やパフォーマンスにより懐かしいサウンドから最新のデジタル音楽までお楽しみいただけます。

また冨田勲氏、服部克久氏、千住明氏といった豪華ゲストに加え、一昨年、アメリカにおいて「テクニカル・グラミー賞」を授与された梯郁太郎氏らによるパネル・ディスカッションと、映画やテレビドラマのテーマ音楽で多くのヒット作品を生み出してきた大島ミチル氏を招いたトーク・セッションがこのイベントのハイライトとなっています。さらに、音大生や専門学校生によるMIDI作品を披露しプロの音楽家が作品を評価する“MIDI’s Exhibition”など、これからクリエーターを志す人たちにも興味深いセッションが催されます。

さらにサブステージにおいては、ハード/ソフトメーカーによる最新のデジタル製品の紹介など、様々なデモンストレーションも行われる予定です。

主催:公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団

総監督:松武秀樹氏プロフィール

1951年生まれ。1970年の大阪万博アメリカ館で、シンセサイザーとコンピュータを組み合わせて演奏されていた「スイッチド・オン・バッハ」を聴き、新しいフィールドに大いなる興味と関心を抱く。20歳から冨田勲氏のアシスタントとして、当時日本には数台しかなかった”モーグ・シンセサイザー”による音楽制作のスタッフを経験。独立後もシンセサイザー・ミュージックの可能性を追求、モーグ・シンセサイザー・プログラマーの第1人者としてロック、ポップス、CM音楽のレコーディングに参加。1978年、矢野顕子のアルバム『トキメキ』のニューヨーク・レコーディングにおいてデジタル・シーケンサーを使用。坂本龍一のソロ第1作『千のナイフ』への参加をきっかけに、1978年~1982年にかけて、サウンド・プログラマーとしてYMO作品に参加し、数々の伝説的なレコーディングを経験。また、ワールド・ツアーを含めたYMOライブにも帯同。通称”タンス”と呼ばれる巨大シンセを操りながら世界に大きな衝撃を与えた。1981年には自身のユニットであるLOGIC SYSTEMを結成し、現在までに10枚のアルバムを発表。その内の2枚は世界8ヶ国でリリースされ、各地に熱狂的なファンを生み出した。

音楽プロデューサー:篠田元一氏プロフィール

大学在学中にピアノ/キーボードを笹路正徳に師事。自己グループにてレコード・デビューを果たしプロの道へ。その後は、自己の音楽制作事務所モトミュージックを拠点に幅広い音楽制作を手掛けている。『PIVOT』(zizo)、『Floating Colors』(日本コロムビア)、『Foresight』(COOL SOUND)と3枚のソロ・アルバムを発表し高い評価を得る。ピアノ/キーボーディストとしての演奏活動では、Thprim(スプライム)<2枚のCDリリース>、NEXT PIVOT、西脇辰弥(Key, Harmonica)とのユニットORANGE SHIFTなどで精力的なライブ活動の他、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団をはじめとする国内外の名門オーケストラとの共演も多数。冨田勲「源氏物語幻想交響絵巻」「イーハトーヴ交響曲(初演)」などの国内外公演やレコーディングに参加している。その他、楽器メーカーの開発アドバイザーや音色制作を多数手掛ける。加えて40冊を越える音楽書を執筆。『実践コード・ワーク』をはじめとする記録的なベスト・セラー、ロング・セラーを誇る音楽書籍を多数執筆している。

【ザ・スペシャル・インタビュー】篠田元一氏(作曲家・編曲家、ピアノ&キーボーディスト)

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 かけはし芸術文化振興財団

“Think MIDI 2015“ イベント事務局

担当: 浦田様、北口様

MAIL: think_midi@kakehashi-foundation.com

梯 郁太郎氏 プロフィール1930年大阪生まれ。1954年カケハシ無線(電器店)を開業。1960年に電子楽器製造会社のエース電子工業(株)を、1968年に米国ハモンド社との合弁会社を設立。1972年両社を退社し、ローランドを設立。世界初を含む革新的な電子楽器を次々と発表。1991年には米国バークリー音楽大学から名誉音楽博士号を授与される。2000年電子楽器の技術革新による音楽界への多大な貢献により、アメリカHollywood’s RockWalkに手形と署名を残す。2002年世界各国の音楽/楽器専門誌で構成されるm.i.p.aの「Lifetime Achievement Award」を受賞。2005年には、電子楽器の開発で世界に貢献し、また中国国内の電子楽器の普及にも大きな影響を与えたその功績に対し、中国の中央音楽学院より名誉教授称号を授与される。音楽家以外の人物に同校の名誉教授号が授与されるのは初めてであり、日本人としては指揮者の小澤征爾氏に次いで二人目の授与となった。2008年には、音楽業界と音楽教育への貢献が称えられ、英国グラモーガン大学より名誉教授の称号を授与される。著書「ライフワークは音楽~電子楽器の開発にかけた夢~」(音楽之友社)は、アメリカ、ドイツ、台湾、中国でも出版されている。モットーは「シンプル&ストレート」。

TMIDI

「synthesizer」タグの関連記事

「midiキーボード」タグの関連記事

Namm Show 2018

↑ページトップ