縦笛しか吹けないDJがデジタル管楽器に挑戦!第3回:ルパン三世に挑戦

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

サックスど素人でもAerophoneが吹けるようになるのか?

第一回の「Aerophoneの紹介といろんな音色で音を出してみる。」、第二回の「ドレミに挑戦!ほぼたて笛と同じ運指だった」に続いて縦笛しか吹けないハギオが、いよいよ曲の演奏に挑戦してみます。

HAGIO_AE10_002

ルパン三世に挑戦動画

ルパン三世のエアロフォン譜

吹奏楽でお馴染み「ルパン三世」のテーマソングですが、音階にするとこんな感じ。

ミソミラ / ミソミ / ミソミラ / シソラミ
ララミレ / ララシドラ / ラミレ / シソラ

オクターブ上の音は赤文字にしています。
せっかくなのでAerophone譜を作りました。
HAGIO_AE10_11

HAGIO_AE10_12

オクターブ上の音階と、オクターブ上から戻るときに注意

オクターブ上のミの音に行くときのオクターブキーを押す操作と、逆に上のオクターブから下がってくるシの音の時に間違いやすいので、注意して吹いてみてください。
HAGIO_AE10_13

あと、インストラクターの相沢に教えてもらったポイントとして、オクターブキーの押さえ方。
指の関節当たりを真ん中に置いて、指を縦に動かすとオクターブの上と下が押さえやすくなるようです。

ピッチベンドとグロウル

右手の親指あたりにあるレバーで、ピッチベンドとグロウルトーン(歪んだような唸るサウンド)をかけることができます。
※ 動画中ではビブラートと言っておりますがグロウルの間違いです。
HAGIO_AE10_15

ピッチベンドはキーボードなどの左側についている操作に近いと思います。
HAGIO_AE10_16

と、ここまで3回に分けて行ったAerophoneへの挑戦記事ですが、動画撮影をスタートしてわずか30分程度で何とか一曲吹ける(?)ようになりました!私のセンスが良いのか、Aerophoneが簡単なのか?
真相は是非皆さまがお確かめください!


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗


DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)
この記事を書いた人
DJ.デジタル楽器アドバイザー 萩尾(はぎお)

2001年のDMCのビデオ映像に衝撃を受け、バトルDJを志す。
その後すぐDJバトルを企画し、10年以上定期的にDJバトルをプロデュース。
現在もいろんな大会を企画しています。DJ機材に関して日々追求を続けておりますので、DJ機材に関することなら何でもご相談ください。

電子管楽器ポータルサイト

↑ページトップ