こんにちは。
管リペアセンターの杉浦です。
私は中学から高校までの6年間は、トランペットとコルネットの二刀流でした。

なので、今回はトランペットのマウスピースシャンク歪みの修理をご紹介いたします。

マウスピースシャンク直し

シャンクとは?

シャンクとはマウスピースの中で楽器本体に差し込まれる部分のことです。

一見、問題が無さそうなこのマウスピースも見る角度を変えると…

見る角度を変えると・・・。

いかがでしょうか。
円形ではなく歪んで四角に近い形になっています。

実はこのシャンク部分の歪み、金属が柔らかい為、マウスピースを落としたり強い衝撃が加わると簡単に出来てしまうんです。

四角形のままではいけません!!

楽器とマウスピースは、接続した部分から息が漏れずに響きが良く伝わるよう、隙間なくとても精密に作られています。
しかし、このまま使っていると、マウスピースがカタカタ動いたり、時には楽器から「マウスピースが抜けなくなる!!」なんて二次災害が起こることもあります。

このままではいけません!!

シャンクが歪んだマウスピースをご使用されている場合は、きちんとお直しをする必要があります。

直しましょう!!

修理では専用の工具を使ってきれいな円に、そして楽器本体のサイズに合うよう慎重に直していきます。

ただ丸くするだけでは終わらないのです!

仕上がりは???

すると…

きれいな円形になりました。

最後に楽器本体に取り付けてがたつきが無ければ修理終了です。
みなさんもご自身のマウスピースを確認してみて下さいね。

修理・調整代

今回は、本体とのガタつきもなく直ぐに直りました。

修理・調整代 578円(税込・送料なし)

修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター杉浦

中高6年間をトランペットとコルネットの二刀流で部活漬けの毎日を過ごしてきました!全国の皆様からのご依頼、心よりお待ちしております!

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

管体割れの様子

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.14【乾燥注意!管体割れってどうなるの?】

広島パルコ店

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.18【フルートの中身】

広島パルコ店

あなたのSAXは大丈夫!?ストラップリングの点検を!【vol.14】

その他スタッフ・アーカイブ

【3月9日更新】管楽器リペアブログ 3月号

横浜みなとみらい店平井

サックスのキィ曲がりの修正

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.3 コルクが欠けちゃった…

ららぽーと名古屋みなとアクルス店近田

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.19【キィの裏側についている奴ら】

広島パルコ店

真夏の車内は要注意!熱によるキィの不具合

その他スタッフ・アーカイブ

トランペットのマウスパイプの汚れを取る!

その他スタッフ・アーカイブ

金管奏者必見‼あなたの楽器は大丈夫?

管リペアセンター書上