皆様こんにちは、山崎です。

ギターを弾こうとアンプに刺したところ、ガサガサ、びーびーとノイズが出たり、音が途切れてしまう。そんな経験御座いませんでしょうか。

持ち込まれる依頼の中でも比較的多い、所謂ガリの応急処置方法をご紹介致します。

使用するものは、「接点洗浄剤(接点復活剤)」メンテナンス教本を読まれている方はご存知かもしれません。まだご存知でない方は、店頭のスタッフに聞いてみて下さいね。

こちらの安全な使用方法をご説明します。

先ずはジャック。

細いノズル付のスプレーになっており、ついつい直接行きたくなりますが、グッとこらえて先ずは綿棒に吹きかけます。直接スプレーしますと、しぶきが塗装に付着し場合により塗装が溶けて痕が残ってしまいます。加えて溶剤がパーツに付き過ぎ、逆に接触不良を誘発しますので気を付けましょう。

洗浄剤がしみ込んだ綿棒で、ジャックの入り口、奥の端子部分を丁寧に擦ります。入口の筒状の部分、ココの汚れが接触不良のもとになるケースが非常に多いです。念入りに拭いてあげましょう。

多くのパターンでこれで一時的に症状が改善すると思います。但し、メッキが腐食しているとすぐに再発する事もあるので、一度点検に出してあげて下さい。

次はPOTです。

ノブを外すとこのような形状をしています。この真ん中の回転する軸と根元の隙間に、1滴で十分ですので塗布します。注意点は上記の通り。こちらは千枚通し等先の細い物に吹き付けてあげると、作業がしやすいです。

洗浄剤が付いたら、軸を暫く0~10まで行ったり来たり、回してください。最後に根元をティッシュ等でふき取り、ノブを戻します。

これでも改善しない場合は、中を分解して作業になりますので、我々修理屋にお任せ頂ければと思います。

ちなみに、スイッチ部分に関しては外側から吹き付けても症状の改善につながらず、上記の通り塗装のダメージへ直結しますので、お気を付けください。


練習やライブ前のふとした応急処置に、お役立て頂ければと思います。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房山崎

ライブユースなセッティングなら私にお任せ下さい!楽器のセットアップだけでなく弦やピック、お手入れ用品選びまでトータルコーディネート致します!

このスタッフの記事をみる

関連記事

呼び名のはなし。日本語でも呼べるんです!【リペアマン寺田の「アコギは打楽器!」七打目】

名古屋ギター&リペア寺田

島村楽器唯一のギターリペア専門店「名古屋ギター&リペア店」

ギターリペア工房本田

福岡ギター修理のすゝめその3~今沢カゲロウ氏HISTORY BASS徹底解剖~

福岡イムズ店尾仲

ギターエイド!?

ギターリペア工房阿部

【井上コラム】常備品って大事だ。

ギターリペア工房井上

リペアマンのギターを徹底解剖! ペグ編【店長の気まま日記番外編2】

名古屋ギター&リペア郡司

リペアマン山口の日々リペア 18

大宮店山口

配線材の奥深さは底無し沼

ギターリペア工房奥村

リペアマン山口の日々リペア 30 ~弦の張り方!~

大宮店山口

リペアマンのギターを徹底解剖! 電装-PU編【店長の気まま日記番外編4】

名古屋ギター&リペア郡司