座右の銘は「笑う門には福来る」


こんにちは、短い秋は何処へ行ったのでしょうか?朝晩の冷え込みも本格的になりました!!


晩秋と言えばやっぱり止まらない食欲だったり、夜更かし映画鑑賞だったり、そろそろお鍋のシーズンでもありますね!


お鍋と言えば!すき焼き!!ペラっペラの肉を焼いてから割り下を入れて野菜を入れます!!ブリレ奥村です。


今回のお題は配線材!


楽器内を引き廻すための配線材にスポットライトを当ててみます。



ここ最近、配線材の交換依頼が立て続けに入りまして、まずは全体集合写真を!

左上の赤色から、モガミ製一芯シールド、シマシマのベルデン製ビンテージ撚り線、クロスワイヤー撚り線、



左下の金色から、アムトランス製金メッキ単線、オヤイデ製純銀単線、で最後にクロスワイヤ―単線となります。



先ずモガミ製一芯シールドの特徴は、キャビティ内での取り回しのし易さが良いですね。



真紅の見た目も「見えないオシャレ派」の方には打ってつけ、音質は至ってフラットな特性ですので、



ベース、ギター、エレアコ何でも使えます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


次、ベルデン製ビンテージ撚り線でございます。被膜が丈夫で、配線自体も固めの印象。



音質も若干固めなので、音の輪郭をパッきりとさせたい方向きでございます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


続いてクロスワイヤー撚り線です。



クロスワイヤーはストラトの引き直しで大活躍しますね。



オリジナル通りの配線をご希望の方に使用致します。



後に紹介するクロスワイヤ―単線との音質比較は一聴の価値がございます。



私ブリレはどっちが好みだと思いますか~?正解は一番最後のお楽しみ!!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


で、アムトランス製金メッキ単線でございます。



正直言ってあまり金メッキの恩恵を感じることは出来ませんでした。



だがしかし単線ならではの情報量とスピード感は、弾いていて気持ちのいいものです。



芯材が通常通り銅で出来ているので、金のメッキくらいじゃ雑味の多いエレキの音質を変える事は難しいのか。。



オーディオの世界では重宝されてるみたいですね。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


そして、オヤイデ製純銀単線でございます。



こちらは純銀無垢の単線ですので、スピード感はピカイチ!



通常の配線材が鈍行電車ならば、純銀無垢単線はリニアモーターカーですねww



単線の銀無垢材ですので、情報量も多くアウトプットしてくれます。



それ故に本来マスキングされている帯域の音が聞こえてきたりしますので、



好みは分かれるかもしれませんね。ブリレは純銀無垢好きですw



最近、純銀で撚り線も出たみたいですので、またチャレンジしたいと思います。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


さー、最後!クロスワイヤ―単線でございます。



私ブリレはコレが一番好みですね!



先程の純銀とは違い、ある程度の帯域をマスキングしてくれますので、雑味が御座いません。



ナノに音のスピード感は十分体感する事が出来ます。オヌヌメですww



このブログをご覧になって興味のある方は、お近くの島村楽器へGOですぞ!!



今回のレビューは、あくまでも私ブリレ奥村の個人的な感想です。



音の好みは老若男女、千差万別ですのでご留意くださいませ。




最後までお読み頂きありがとうございます!




お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。


投稿者 ブリレ奥村 ※ブリレ(ドイツ語)=メガネ
プロフィール ギター並びベーステクニシャンとして、音楽業界のキャリアをスタートさせ、数多くのライブ、レコーディングの現場でミュージシャンの要望する音作りをピックからアンプに至るまでトータルにコーディネートし活躍、そこで培ったノウハウを活かし、現在は島村楽器ギターリペア工房でお客様の楽器の修理を行う傍ら、全国の島村楽器各店舗にて「笑いと感動の30分」と銘打ちギター&ベース調整会を行い活躍の場を広げている。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

ギターリペア工房奥村

電気系を得意とし、テクニシャン時代に培った現場経験を基に、様々なプレイシチュエーションに合わせたサウンドコーディネートで皆様をサポート致します。

このスタッフの記事をみる

関連記事

こんな事もやってます!

ギターリペア工房小嶋

リペアマンのギターを徹底解剖! ナット編【店長の気まま日記番外編3】

名古屋ギター&リペア郡司

ピックガード制作、交換

ギターリペア工房宮川

ルシアー駒木のギターよもやま話 その26「プロの現場でHISTORYアコースティック実力発揮!!」

ギターリペア工房駒木

図解でわかる!~ナット交換編~

ギターリペア工房中野

島村楽器の技術者とは何者なのか

ギターリペア工房本田

ルシアー駒木のギターよもやま話 その28「年末はミュージシャンと その2」

ギターリペア工房駒木

abstracts MIKI氏 ベース リフィニッシュ

ギターリペア工房小嶋

福岡ギター修理のすゝめその2~今沢カゲロウ氏使用楽器紹介~

福岡イムズ店尾仲

ルシアー駒木のギターよもやま話 その61「EIZOさん×ルシ駒×HISTORY×JIMMY=新しいギタリスト像!」

ギターリペア工房駒木