みなさんは普段、音楽雑誌を見て

「好きなアーティストがどんなギターや機材を使っているんだろう?」

なんて思った事、ありますよね?

アーティストが使用しているギターや機材に関する記事は雑誌やネットに沢山ありますが、

「その他の楽器に関わる仕事をしている人達は、いったいどんな楽器を使っているんだろう?」

って思った事あるのは店長だけでしょうか?

ならまずは自分のギターを紹介してみよう!という事で、今回は番外編として

「リペアマンが普段使用しているギターを、リペアマン目線にフォーカスして徹底解剖しよう!」

を、数回に分けてお届けしようと思います。

という事で、題材になるのはこちらのギター

「TOM ANDERSON The Classic」

ブログでも何度か登場している店長の愛機で、島村楽器に入社して2年目に購入したギターです。

まずはなぜこのギターを選んだかというと、SIAM SHADEのDAITAさんが好きだったからです。単純な動機です。

DAITAさんといえば同じTOM ANDERSONでもBora Bora Blueのイメージが強いかと思いますが、店長はライブで3TSのギターを使用していた時の印象が強かったので、3TSがいいな~と思ってました。

当時はTOM ANDERSONがギター製造を中止すると発表されていたので

「もうTOM ANDERSONのギターが手に入らないかも!?」

と思っていた事と、

島村楽器にあるTOM ANDERSONの在庫で最後の1本が3TSの個体で、初めて音出しをした時に

「ピッキングする前に音が出てる!!」

と、思わせる位レスポンスの良い個体だったので

「これは運命だ!!」

と感じて、即購入しました!!

かれこれ10年以上前の話ですが、このギターについては語りたい事がありすぎてついつい話がそれてしまいましたね。

次回からはちゃんとパーツや仕様について話をしますので、またお付き合い下さい。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

名古屋ギター&リペア郡司

好きなリペアはパーツ交換!見た目が変われば音もやる気も変わる!楽しくギターが弾ける環境作りを全力でサポートしていきます。

名古屋ギター&リペアの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

ブリレ奥村 おヌヌメ・ケミカルのご紹介 Cap.2

ギターリペア工房奥村

ルシアー駒木のギターよもやま話 その6「プロの技術は皆さんの近くにも!!」

ギターリペア工房駒木

図解でわかる!~ネジ取付編~

ギターリペア工房中野

島村楽器の技術者とは何者なのか

ギターリペア工房本田

フロイドローズのオプションパーツ達!

ギターリペア工房

ルシアー駒木のギターよもやま話 その4「とっておき(塗装ブース)を大公開!」

ギターリペア工房駒木

リペアマンのギターを徹底解剖! 電装-PU編【店長の気まま日記番外編4】

名古屋ギター&リペア郡司

【井上コラム】インチとミリの違いって?

ギターリペア工房井上

リペアマンのギターを徹底解剖! ペグ編【店長の気まま日記番外編2】

名古屋ギター&リペア郡司

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.3

札幌パルコ店山本