みなさまこんにちは。

リペアスタッフ池田です。

さて、気温と共に湿度も低くなってきました今日この頃、

これからの季節、暖房をつけ始めると、部屋が乾燥しギターの状態も変化します。

ギターに最適な湿度は50%前後と言われていますので、

我々のような楽器店では、「さあ加湿器の出番だぞ!」となりますね~

じゃあ自宅ではどうしたらいいの?

加湿器でも良いけど、もっと手軽に何とかならないの?

今回は、そんな時におススメなアイテム達をご紹介します!

新宿店にあるアイテム達をまずは集めてみました!(笑)
f:id:shima_c_shinjuku:20161018134346j:plain

1つずつご紹介していきます。


FERNANDES/ドクタードライ

f:id:shima_c_shinjuku:20161018134333j:plain

メーカー 品番 価格
FERNANDES ドクタードライ ¥864(税込)

最高級B型シリカゲルを使用した楽器用湿度コントロール剤です。

高湿度では湿気を吸収し、低湿度では水分を吐き出してケース内部を一定の湿度に保ちます。

脱臭効果や防錆効果もあり、楽器のコンディションを保つのにはもってこいのスグレモノですね。


ピックボーイ/H95

f:id:shima_c_shinjuku:20161018134359j:plain

メーカー 型名 価格
ピックボーイ H95 ¥1,026(税込)

1パッケージに湿度調整パックが2つ入っています。使い方はハードケースの中にポンと入れておくだけです。

乾燥や湿気が激しい場所でギターを保管する場合はヘッド側とボディ側に一つずつ入れておくと良いそうです!こちらもかなり定番商品です。

Dr.Dryと同じく消臭効果もありますのでケースの中のニオイも抑えられます。

効果は半年間持続します!


株式会社S.I.E/MusicMoisture

f:id:shima_c_shinjuku:20161018134411j:plain

メーカー 型名 価格
株式会社S.I.E MusicMoisture ¥2,808(税込)

この湿度保持剤は天然特殊粘土「モンモリロナイト」を原材料としています。ケース内の湿度を常に45%±5%に保ちます。

古美術品・骨董品の湿度管理用に多くの美術館・博物館等で使用されているそうです。

デリケートな楽器にはぴったりのアイテムかもしれませんね。

長時間、高湿度状態にあったときは天日干し、逆に乾燥してるときは蒸気をあててあげると、通年(1年)使用可能です!


Oasis/OH6、OH-1

f:id:shima_c_shinjuku:20161018135008j:plain

メーカー 型名 価格
Oasis OH6 ¥3,024(税込)
Oasis OH1 ¥3,024(税込)

OH6はケース内に設置するタイプで、OH-1はアコースティックギターに取り付けるタイプです!

筒の部分をサウンドホールにいれ、板みたいになっている部分をギターの弦に引っ掛けます。

筒のなかに水を注ぐと中のHumigel高水性結晶粉末がジェルになり、水分を保ってくれます。湿度が足りないな~というときに、水分を自ら出してくれます。

使用環境、乾燥の度合いにもよりますが、2~4週間が補給の目安です。

補給の時期になると、しぼんでいきますので、見た目でわかりますね!

こちらは店内のギターにも取り付けてありますので、是非参考にしてくださいね~

水補給をするスタッフ↓↓
f:id:shima_c_shinjuku:20161027211421j:plain


HOSCO/AHM-660

f:id:shima_c_shinjuku:20161018134537j:plain

メーカー 型名 価格
HOSCO AHM-660 ¥1,620(税込)

フレットへのダメージ軽減とケース内の調湿をしてくれる2つの機能をもつ調湿マット。

使い方は簡単で、ギターの弦と指板の間に挟むように取り付けるだけでOK!

そのままケースにしまっておくだけでケースの中を適湿にしてくれて、さらに持ち運びの時に楽器がケースの中で動くことによりフレットと弦が当たったりこすれたりすることによって起こりうるフレットへのキズやへこみを防ぎます。


PICKBOY AA-150

f:id:shima_c_shinjuku:20161018134431j:plain

メーカー 品番 価格
PICKBOY AA-150 ¥1,890(税込)

忘れられがちですが意外に重要なのがこれ、湿度計です。マジックテープが付いているためギターケースの中につけられます。

この様に様々な種類が出ておりますので、色々試してみてくださいね!

使い方がいまいち不安。。という方はスタッフにお尋ねください(^^)/

それでは、また次回♪

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

梅田ロフト店池田

学校や仕事の帰りに、買い物ついでに、ぜひ梅田ロフト店へ!皆様のお役に立つべく、ルシアー駒木氏はじめ先輩方と共に日々腕を磨いてお待ちしております。

梅田ロフト店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

父の日のプレゼント

福岡ギター修理のすゝめその39~父の日~

福岡イムズ店尾仲

弦交換の必需品! リペアマンが使っている工具 ~ニッパー編~ 【店長の気まま日記24】

名古屋ギター&リペア郡司

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その28~アコギピックアップ取り付けの巻!

仙台ロフト店遠藤

BELDEN(ベルデン)ヴィンテージ配線材キット販売開始!

ギターリペア工房本田

油断は禁物!!?暖かくなってからが一番怖い!!乾燥の話!!!

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.29 ~ジミー・ウォレス・ピックアップ待望の試奏動画!!~

札幌パルコ店山本

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.14~楽器を磨く、4月~

梅田ロフト店池田

ブリレ奥村 おヌヌメ・ケミカルのご紹介 Cap.1

ギターリペア工房奥村

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.2~話題のジャック用パーツ、新宿で取付しちゃいます~

梅田ロフト店池田

リペアマン山本の札幌リペア道中記 VOL.2

札幌パルコ店山本