今回はアコースティックギターのナットを新しく作り直します。

まずはナットの外周に沿って切り込みを入れ、ナットを取り外した際に塗膜が欠けないようにします。

切り込みを入れ終えたら、少しずつ力を加えナットを外していきます。

外れた状態がこちら

外したナットよりも一回り大きなブランク材を用意します。

そのままの状態ではネック側の溝にナットが収まりません。

材を削り厚みを調整することで、ナットが溝にピッタリと収まるように加工します。

溝にナット材が収まることが確認できたら、形を作っていきます。

外周形状やフレットに合わせたガイド線を引き、これらを目印に加工していきます。

機械を使用し、荒く削っていきます。

ざっくり余分を削ったものがこちら

ネック側の溝に収めて細かい部分のズレを見ます。

大きな狂いが無いことを確認できたら、ナットの要である弦の溝位置を決めます。

決めた位置に沿って溝の切込みを入れ、弦の太さに合わせて溝を広げていきます。

ある程度まで溝が出来たら弦を張り、弦高を見ながら溝の深さを決めていきます。

溝の深さが決まりました。

溝の加工を終えたらナットを一度、取り外し、外周形状を最終的な仕上がり目指して整えていきます。

形状が決まったら研磨して仕上げます。

研磨を終えたら楽器に組み込んで完成です。


今回の修理内容

  • ナットの製作
  • 無漂白牛骨材
合計金額 ¥10,560(税込)+送料

※修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、
リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

浅草橋ギター&リペア店中野

「この楽器の状態って弾きやすいの…?」そんな不安な点を取り除きながらプレイスタイル・楽器に合ったベストコンディションを一緒に探していきましょう!

浅草橋ギター&リペア店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

リペアスタッフ池田の新宿散策Vol.12~モズライトをチェック~

梅田ロフト店池田

リペアマン山口の日々リペア 6

浅草橋ギター&リペア店山口

ルシアー駒木のギターよもやま話 その23「スペシャルベース」

浅草橋ギター&リペア店駒木

理想の調整

浅草橋ギター&リペア店本田

アコースティックギターのペグ交換

浅草橋ギター&リペア店中野

~プリアンプ装備&スキャロップドナット化~

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.18

札幌パルコ店山本

ストラップピン追加

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その24~ナット弦高調整の巻!

仙台ロフト店遠藤

~ウクレレLowG加工、サドル交換~デュエリストのリペア奮闘記 turn4

その他スタッフ・アーカイブ