年代物のウクレレ

今回はこちら

よく見ると・・・

ブリッジが浮いています。
周囲やブリッジ本体の溝にも塗装の欠けや広がりが出ているのが画像からもわかるかと思います。この状態からだと剥がして再利用するには変形もあって厳しい状況でしたので、今回はブリッジの交換を行い使用に耐えられる状態へと修理していきます。


作業開始

まずは慎重にブリッジを楽器本体から剥がします。

剥がし終えたら採寸し、製図に起こしていきます。

製図が完成したら、設計に合わせ木材を加工・・・

ブリッジが出来ました

ブリッジの成形を終えたら楽器本体に接着・・・ではなく、
その前に楽器本体側のセンターラインを割り出し、取り付け位置を確認した上で接着面を整え直します。

この過程をしっかり踏まないと接着後にセンターズレを起こしたり、接着面に残っていたゴミや埃で接着不良によるブリッジ剥がれを起こす原因となってしまいます。
不安要素を可能な限り取り除いて、ようやく接着が出来ます。

ブリッジ接着を終えたら

ブリッジがズレなく本体に接着できました。ですが、これで完成ではありません。
再びブリッジ外周を保護します

そして細かな傷や汚れを研磨し、オイルで艶を出しつつ、水分や汚れへの耐性を持たせます。

画像の通り、これだけの艶が出ていますが、塗装コーティングは行っていません。

弦を張れる状態にしていきます

新しく作ったブリッジに合わせてサドル駒もオイル漬けの牛骨材で製作しました。
元はブリッジと一体になった木製のサドル駒でしたが、今後の使用により弦高に変動があってもセパレートタイプであれば簡単に弦高調整が出来ます。

仕上がり

弦を張り弦高や接着面に異常ない事が確認出来たら完成です。



今回の修理内容

  • ウクレレブリッジ製作(同一形状/ブリッジ剥がし接着あり)
  • サドル駒の作成
  • オイル漬牛骨材
  • Martin M600
合計金額 ¥36,784(税込)+送料

※修理費用は同じ症例でも楽器の種類や形状・仕様によって異なる場合があります。
ご不明な点はお近くの島村楽器にぜひともご相談ください。


お近くの島村楽器はこちらから、
リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。


記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

浅草橋ギター&リペア店中野

「この楽器の状態って弾きやすいの…?」そんな不安な点を取り除きながらプレイスタイル・楽器に合ったベストコンディションを一緒に探していきましょう!

浅草橋ギター&リペア店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

ベースリフィニッシュ編

浅草橋ギター&リペア店長谷川

象牙サドルなんです!!

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン遠藤のリペアブログ~その38~傷消しバフ掛けの巻!

仙台ロフト店遠藤

ゴールドパーツ・ざんまいっ!!

浅草橋ギター&リペア店奥村

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.20

札幌パルコ店山本

よくあるピックガードの浮き修正

浅草橋ギター&リペア店

~鵺BIANCOつけてみました~リペアスタッフ池田の梅田散策Vol.26

梅田ロフト店池田

福岡ギター修理のすゝめその14~バンジョー調整~

アミュプラザ博多店尾仲

ブリッジ上面削り加工

その他スタッフ・アーカイブ

ターコイズ風塗装

浅草橋ギター&リペア店小嶋