MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > こだわりの逸品 徹底検証

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【こだわりの逸品】 そろそろ ライドシンバル にこだわる年頃。。 シンバル大好き スタッフが選んだセレクトシンバル! (Part2)

至高のハンドハンマードシンバル!

img_2760

こんにちは!長野店ドラム担当小林です!

前回のライド特集 Part1 、たくさんの方に読んでいただきどうもありがとうございます。。

今回ご紹介させて頂くライドシンバルは店頭に並ぶことの少ない、セイビアンのハンドハンマードシンバルを紹介します。 ハンドハンマードシンバルは個体差が出やすいとされています。今回試奏したシンバルと同じ型番でも微妙にサウンドが違うことがあります。

演奏している曲の雰囲気をガラっと変えることができるのがライドシンバル。 そろそろ自分のスタイルに合った1枚を探して、ドラムサウンドに磨きをかけてみませんか!?

専門スタッフがセレクト

ご存知の方もいるかと思いますが、シンバルには同じモデルでも個体差があるタイプがあります。「ハンドメイド」と呼ばれるものはもちろん、かなりの部分を機械で作っているシンバルでもやはり個体差は出てきます。

img_3346

今回は島村楽器きってのシンバル好き、ドラム専門スタッフ達がピッチ、音の広がり、サスティーン、などを基準にそれぞれのモデルから1枚づつセレクトしたシンバルをご紹介します。ある程度幅広く使えるライドはもちろんのこと、特定のジャンルにビシッとはまるものなども用意しました。普段お店であまり見ることのない、21インチ、22インチのライドからもセレクトしました。

ブランド紹介:「セイビアン」

f:id:shima_c_sapporo:20161024150902j:plain

セイビアンの創設者、Robert Zildjian氏は、ジルジャンシンバルの Avedis Zildjian3世 の息子としてボストンで生まれました。1979年にAvedis氏 が亡くなった後、Robertはジルジャン社を去り、1981年にカナダのニューブランズウィック州で セイビアン社 を設立しました。彼の子供達の名前であるSally、Billy、Andyの最初の2文字をとり「SABIAN」(セイビアン)と命名されました。

使う素材はジルジャンと同じで、銅80%、スズ20%、そして微量の銀を含むものが殆どで、まさにジルジャンのライバルメーカーとして世界で非常に人気のシンバルです。様々なドラマーのアーティスト・モデルや、革新的な新しいシンバルが多くラインナップされていることが特徴です。

アーティザン (Artisan) シリーズ

ヴィンテージテイストにあふれ、しなやかなタッチで楽曲に非常によく馴染むサウンドです。センシティヴでありながらダイナミックさも兼ね備え、ドラマーの細かな表現に確実に応えてくれる、究極の”JAZZ”シンバル。密度の高い極上のハンドハンマー仕上げで、伝統の響きをさらに磨き上げたヴィンテージテイストあふれる一級品です。センシティブでダークな響きを放つ ライト (Light) と、クリアなレガートが冴えわたる ミディアム (Medium) の 2タイプ があります。 (セイビアンカタログより抜粋)

VL-20AR/M (ミディアム)20インチ

アーティザンシリーズのミディアム20インチ。アーティザンシリーズの中で最も標準的な口径、厚さのライドです。

img_2619

img_2623

型名:VL-20AR/M

メーカー希望小売価格:¥72,000(税抜)¥77,760(税込)

販売価格:¥54,000(税抜)¥58,320(税込)

img_2622

まず何と言ってもシンバル好きも唸るこのルックス!セイビアンHHシリーズよりも多くハンマリングされていてヴィンテージ感にあふれています。ボウを叩いた時のこの研ぎ澄まされたサウンドはアーティザンならではですね。この個体だけかもしれませんが他のメーカーのハンドハンマードシンバル(厚さMedium) と比べると少し厚めに感じました。そのためダークなサウンドではありますが、ツブ立ちは良くピッチも低すぎません。

img_2633

小さめのカップはボリュームは若干控えめですがカップらしい明るいサウンドです。耳障りでない明るく澄んだサウンドが心地良く、ジャズだけでなくフュージョンやポップスでも重宝しそうなライドです。

VL-20AR/L(ライト) 20インチ

アーティザンシリーズのライト20インチ。上記のミディアムよりも薄くウェイトが軽いライド。

img_2643

img_2646

型名:VL-20AR/L

メーカー希望小売価格:¥72,000(税抜)¥77,760(税込)

販売価格:¥54,000(税抜)¥58,320(税込)

img_2649

上記のミディアム20インチとルックスはそっくりですが全く違うサウンドのライドです。クラッシュシンバルに近い厚さでボウはセンシティブ且つダーク&ウォームで1950年代~1960年代のヴィンテージシンバルを彷彿とさせるサウンドに仕上がっています。

img_2651

小さく薄めのカップはカンカンとした高域が控えめでイイ意味でジュワっと濁りのある柔らかなサウンド。そして何といっても深みのあるリッチなクラッシュサウンドが秀逸です。気持ちよくで無駄にクラッシュしたくなっちゃいます(笑)。とにかく完全にJAZZシンバルですね。シンバルレガート用のJAZZシンバルをお探しのドラマーさんには必ず試して頂きたい逸品です!

VL-21AR/M(ミディアム)21インチ

ミディアム21インチ。20インチと比べるとやや大きいライド。

img_2695

img_2698

型名:VL-21AR/M

メーカー希望小売価格:¥75,000(税抜)¥81,000(税込)

販売価格:¥56,300(税抜)¥60,804(税込)

img_2705

img_2701

基本的なサウンドキャラクターは20インチと似ています。一般的に21や22インチのライドは20インチと比べるとピッチはやや低めになります。この個体も上記の VL-20AR/M と比べるとやはりやや低いです。ジャンルやバンドのスタイルによってはコチラの21インチの方がしっくりくる場合もありそうです。最近は21インチのライドを使うドラマーさんも多いです。22インチほどピッチを下げずに 20インチより音量、音圧を少し稼ぎたい というドラマーさんにオススメです。

VL-22AR/M(ミディアム)22インチ

アーティザンのミディアム22インチ。JAZZで使用されることの多い22インチサイズのライド。

img_2744

img_2749

型名:VL-22AR/M

メーカー希望小売価格:¥82,000(税抜)¥88,560(税込)

販売価格:¥61,500(税抜)¥66,420(税込)

img_2752

22インチになると20インチや21インチとはだいぶ印象が変わりますね。ボウは低域が豊かで音圧もありますがピング音とのバランスが良く、22インチのライドにありがちなビートを刻んでる時に低域がウォンウォン鳴りすぎて音像がボヤっとする感じがありません。クラッシュサウンドは音量が大きくインパクトもありますがうるさい感じがしないのが嬉しいです。

img_2750

全体的に本当に上質なサウンドに仕上がっていて丁寧に製造されているのが伝わってくるライドです。22インチのライドをお探しのドラマーさんは是非お試しください!

Artisanのスペシャルケース、認定書

img_2768

Artisanのシンバルには1枚づつロゴ入りのケースとシリアル番号付きの認定書がついてきます。

おしまいに

さすがアーティザン!どのライドも素晴らしいサウンドでした!全部欲しい。。(笑) ハンドハンマードシンバルは人の手が関わる部分が多いため高価なものが多いですが、今回のセレクトシンバルはそれに見合ったサウンドがとても魅力的です。また、個体差が出ますので同じ型番の中で自分の好きなサウンドを選ぶ面白さもあります。是非店頭でお試しください!

 

こちらもどうぞ:シンバル選びに役立つポイント

セレクトしたシンバルをみなさんのもとへ

今回紹介したシンバルは お近くの島村楽器の店舗 にて、取り寄せ購入いただくことが可能です。今後とも当ブログご覧のみなさんに「あたかもシンバル工場で選ぶかのようにお好みのシンバルを見つけて頂きたい」という思いでご紹介していきます。

セレクトシンバル紹介、まだまだ続きます!

 

この記事を書いた人

長野店 ドラム担当 小林

ドラム歴約20年。吹奏楽、ロック、ジャズなど幅広いジャンルでドラムを叩いてきました!ドラムに関すること何でもご相談ください! ZildjianやBosphorusのシンバルを愛用しています!

f:id:shima_c_nagano:20161108122020j:plain

この記事を書いた人のお店

f:id:shima_drum:20160121142947j:plain

長野店 店舗情報-島村楽器