スタジオモニターのニューラインナップ Focal SHAPE シリーズ

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Focal Professional ( フォーカル ) が スタジオモニターの新ラインナップ「SHAPE」シリーズ「SHAPE 40」「SHAPE 50」「SHAPE 65」を発売します。「SHAPE」シリーズは、優れたスピーカー設計と小規模ルームでのリスニングに最適な調整機能の両立という、ニアフィールド・モニタリングにおけるニーズに応えるべく設計されました。

2018年2月 追記
SHAPE シリーズに、新たな2.5チャンネル構成の「Shape Twin」がラインナップに追加されました。

6/13追記:

Neeraj Khajanchi(ニラジ カジャンチ)氏のホーム・スタジオ NK SOUND TOKYOで開催された試聴会の模様をアップしました。

この日がちょうど新スタジオ「STUDIO BRONZE」のオープン日。 来場者は個々でSHAPE シリーズをじっくりと試聴することができました。とにかくこの値段でこの音が出るというのは本当に驚きです!外側からSHAPE65、50,45という配置。

セミナーの模様

「まず大事なのは見た目!」「リバーブやディレイ等の空間系が非常に良くわかる」「とても広いワイドレンジ」「小さな音でモニターしてもクッキリとしたバランス」ニラジ氏。サンプルで聞かせてもらった曲では、確かに微妙なディレイ成分やリバーブの尾ひれがとても良く聞こえました。ちなみにこのトラックでニラジ氏は、ディレイパートのバランスもオートメーションを書いているとのことで、絶妙なエフェクトバランスミックスでした。

「3機種を切り替えても音量が変わっているようにしか聞こえない」という氏の説明にも納得。とてもバランスの良いモニターです。

当日は本国からFOCAL社のプロ・オーディオ部門セールス担当ザビエルさんも登場!

ザビエルさんフランスより持参の、ぶどうジュース(ライト、ミディアム、フル・ボディー)とサラミ、チーズも大評判!

それはさておき、ではFocal SHAPE シリーズの特長をご紹介します。

主な特徴

  • 指向性の柔らかなツイーターにより、多様なリスニング・ポジションに対応
  • ポートを排したクローズド・デザイン、二つのパッシブ・ラジエーターにより壁に近い設置も可能に
  • 豊富な調整機能、高域に至るまで正確なコントロール
  • フラックス(亜麻繊維)サンドイッチ・コーンによる制動感のある正確な低域、自然な中低域ときめ細かな中高域
  • マウント機構を搭載、スタンドや壁・天井への設置に対応(取り付けパーツは別売)

新機能

チューンドマスダンパー(TMD)

Focalのチューンドマスダンパー(TMD)は、サラウンドにモールドされた2つの管状リングで構成されています。 左側はデフォルトのサスペンション、右側はTMDサスペンションです。 Focalの新しいソフトウェアのおかげで完成したこのシンプルなソリューションは、共振に応じてサラウンドのダイナミックな振る舞いを安定させ、ダイナミクスを傷つけることなくコーンの変形を防ぎます。

Flaxサンドイッチコーン

フランス製で手頃な価格ながら、アコースティック・パフォーマンス、ハイテクに向けられたフラックス・コーンは、ブランドのスピーカー・ドライバーに独創的なデザインを与えてくれます。

5年以上の研究開発の後、Focalのエンジニアは2013年に高品質の亜麻繊維で作られた新しいコーンを発明しました。 Fコーンは自然なサウンドが特徴で、色合いが低く、ミッドレンジレジスタの豊かな再現性と低音のタイトなサウンドが特徴となっています。

Mシェイプド・インバーテッド・ドーム・ツイーター

アラミド繊維の反転ドームトゥイーターは、K2パワーラインの大きな革新です。

ダブルパッシブラジエター

SHAPE シリーズにポートはありませんが、側面にダブルパッシブラジエーターを搭載しています。これにより壁の近くに設置しても豊かな低域を得ることができます。ニアフィールドモニターにおける課題とは、コンパクトなデザイン、伸びのある低域の周波数特性、設置の快適性、これらを高い次元で実現することです。ダブル・パッシブ・ラジエーターはこの課題に純粋な解法を与えてくれます。

特にポート・システムが統合の限界に達する(ポートが表面積に見合った長さを要求される)状況では、パッシブ・ラジエーターは理想のソリューションとなります。しかし、周波数帯や音量に応じて、モードの揺れ幅が増大することがあります。この現象を補正するため、二つのU型周辺パーツが、バスケットとパッシブ・ディスクをつなぐように相対して配置されています。これによって内外への動きはシンメトリに保たれます。さらにラジエーターは非常に低い周波数にチューニングされているため、モニターを壁に近づけて設置することも可能になっています。

比較表


Shape Twin

「Shape Twin」は、Shapeシリーズの最上位モデルで2.5wayモニタースピーカーです。
二つのパッシブ・ラジエーターとFlaxコーンを採用したウーファー、そして最新の”M”シェイプ ・アルミニウム/マグネシウム ・インバーテッド・ドームを採用するツイーターを搭載。2.5way の「Shape Twin」は広いローエンドまでの周波数をカバーするとともに高いSPLを実現し、すべての帯域において優れた描写力を発揮します。また、小規模なルームで最もコントロールの難しい低域〜中域のレンジの制動力に、大きなアドバンテージを持っているのが2.5-wayデザインの特徴でもあります。

発売日

2018年6月15日(金)

販売価格(1本)

(税抜)¥92,408 (税込 ¥99,800)
JANコード:4533940077062


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

SHAPE 65

「Shape 65」は、Shapeシリーズのリファレンスとなるモデルです。ニアフィールドに特化しつつも、並外れたクオリティと高・低域ともに、もっとも広い再生レンジを備えています。しかもそのポテンシャルを発揮するために必要なリスニング距離はわずかに1m。シンプルにマストといえる、モニター・スピーカーです。

Shape 65

発売日

2017年7月20日

販売価格(1本)

(税抜)¥73,889 (税込 ¥79,800)
JANコード:4533940072968


SHAPE 50

「Shape 50」は、モニタリング・スピーカーとして卓越した多用性を持っています。リスニング距離80cmという近距離での使用を想定しつつ、コンパクトなサイズを凌駕する、伸びのある低域特性(50Hz)を確保。優れたデザインと細やかな調整機能を備えたShape 50は、12平米=6.5畳以下のルームにも最適なモデルです。

Shape 50

発売日

2017年8月10日

販売価格(1本)

(税抜)¥55,371 (税込 ¥59,800)
JANコード:4533940072951


SHAPE 40

「Shape 40」は、Focal Professionalのラインナップ中もっともコンパクトなスタジオモニターでニアフィールド・モニタリングに特化しています。60cmという極めて近距離でのリスニングでも、驚くほどの伸び伸びとした低域特性を保持しています。10平米=5畳以下の小さなルームでも、その優れた設計と細やかな調整機能により、Shape 40は理想的なリスニング環境を提供します。

SHAPE 40

発売日

2017年7月

販売価格(1本)

(税抜)¥45,371 (税込 ¥49,000)
JANコード:4533940072944

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ