IK Multimedia「iRig Acoustic Stage」 ライブやDTMにも対応!ピックアップとマイクのミックスも可能に

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

IK_iRig-Acoustic-Stage_1

IK Multimedia ( アイケーマルチメディア ) は、アコギやウクレレで使用できるクリップ式の小型マイクロフォン・インターフェース「iRig Acoustic」をライブやレコーディングでも対応できるよう専用のデジタル・プロセッサーをセットにした「iRig Acoustic Stage」を発表いたしました。

「iRig Acoustic Stage」は、32-bitのプリアンプDSPユニット「iRig Acoustic Stage モジュール」とiRig Acoustic Stage専用の「iRig Acoustic」MEMSマイクがセットになっています。

従来、アコースティック・ギターのサウンドをPAシステムに送るには、2つの方法しかありませんでした。1つはピエゾやマグネティック・ピックアップを使う方法ですが、アコースティック・ギターの自然で暖かみのあるサウンドを捉えることはこの方法では困難でした。もう1つの方法は、マイクロフォンを設置し、そのマイクの「スウィート・スポット」に座って、ギターを演奏する方法です。この方法では、ステージ上での動きがまったくもって限られてしまいます。

iRig Acoustic Stageは、そうしたアコースティック・ギターのマイキングの制限を取り払い、アコースティック・ギターの特有の自然で暖かみのあるサウンドをライブ・ステージ上で実現するシステムです。また、ユニットに搭載されたオーディオインターフェース機能を用いることによって、お使いのDAWソフトにレコーディングすることも可能なためDTMによる音楽制作にも最適です。

利点 欠点

サドル取付型ピエゾ・ピックアップ

  • 容易にコントロール可能なタイトなサウンド。
  • フィードバックを容易に避けられる。
  • アコースティック・サウンドとしては不自然。
  • 取り付けにはギターの改良が必要。

外部コンデンサーマイク

  • 高品位なアコースティック・サウンド。
  • フィードバックに弱い。
  • 最良のパフォーマンスを得るためには、高価なマイクやプリアンプが必要。
  • 演奏時の動きに制限がある。

ピエゾ&マイク ハイブリッド・システム

  • 多目的に使用可能なサウンド。
  • マイクのみを使用した場合は、比較的忠実なアコースティック・サウンド。
  • 高価。
  • 内部にマイクを設置した場合、純粋なアコースティック・サウンドを捉えることが困難。
  • マイクの音量を大きく設定した場合、特に低音域におけるフィードバックに弱い。
  • 設置が難しい。

サウンドホール取付型マグネティック・ピックアップ

  • ソリッドなサウンド。
  • フィードバックに強い。
  • 一般に比較的安価。
  • 不自然なエレキトリック・ギターの様なサウンド。
  • 見た目が良くない。

コンタクト・ピエゾ・センサー

  • 一般に安価。
  • 一般に楽器の改良が不要。
  • 比較的自然なアコースティック・サウンド。
  • 一般にインピーダンスが高く、オーディオ信号のレベルが低い。
  • 暗くこもったようなサウンド。
  • フィードバックに弱い。
  • 物理的衝撃に弱い。

内部設置マイク

  • 比較的良いサウンドが得られるが、ブーミーなサウンドになり易い。
  • フィードバックに弱い。
  • マイクをボディ内部に設置するため、ボディの鳴りを余計に捉えてしまう。
  • マイク設置が難しい。

iRig Acoustic Stage

  • 高品位なアコースティック・サウンド。
  • サウンドホール取付型マグネティック・ピックアップ同様にお手頃価格。
  • フィードバック防止機能。
  • AUX入力端子を備え、ピエゾなどのオンボード・ピックアップとのミックスが可能。
  • マイクの設置に際しては楽器の改良は不要。
  • USBデジタル出力に対応。

エレアコのピックアップの問題点
ライブ・ステージや自宅スタジオで、演奏者の動き、空調などの環境ノイズ、不自然な反響に悩まされずにアコースティック・ギターをマイクで収音するのは至難の技です。そのためライブではピックアップ、ライン出力の装備されたエレクトリック・アコースティック・ギターを使う方が多くいますが、ピックアップではアコースティック・ギターならではのボディの存在感、空気感が伝わり難いのも事実です。

iRig Acoustic Stageは、一流のレコーディング・スタジオのみが可能としていた、豊かなアコースティック・ギター・サウンドの収音が可能になるように設計されました。その鍵を握るのは、最先端のMEMS技術によるマイクロフォンです。
IK_iRig-Acoustic-Stage_2

最先端のMEMSマイク
iRig Acoustic Stageは、最先端のMEMS(Micro Electrical-Mechanical System)技術によるマイクが採用されています。
フラットな周波数特性を持った無指向性のMEMSマイクをサウンド・ホールの中に設置することで、弦の振動やボデイの振動を拾うだけのピックアップでは捉えることの難しかった、弦、ボディ全体の響きをバランス良く収音可能です。

最大4mm厚まで対応したクランプ部には柔らかいゴム素材を採用。傷を心配しないで取付け、取り外しが簡単に行えるのも、大切なギター、ウクレレに改造や両面テープなどで固定したくないという方にとって、うれしい仕様です。
IK_iRig-Acoustic-Stage_4

プリアンプDSPモジュール
MEMSマイクで収音されたサウンドは、32-bitのプリアンプDSPユニットに入力されます。入力信号を解析する最適化するキャリブレーションを行えば、お持ちのギター、ウクレレなど各楽器の特性にあわせて最適な音で信号を処理します。
スチール弦とナイロン弦のそれぞれにNATURAL、WARM、BRIGHTの3種類、計6種類のプリセットを用意。出力には1/4インチの標準端子が装備されているので、ライブ、レコーディングのどちらでも使うことができます。
IK_iRig-Acoustic-Stage_5

フィードバック防止機能
アコースティック・ギターをライブ・ステージで使用する時は、フィードバックの恐れが常につきまといます。プリアンプDSPユニットにはフィードバックが生じ得る複数の周波数帯域を即座にカットする機能が搭載されているため、演奏に集中することができます。
IK_iRig-Acoustic-Stage

ピックアップ信号と混ぜて使えるAUX入力
ピエゾ、マグネティック・ピックアップが搭載されたエレアコをお持ちの方は、その出力をiRig Acoustic StageのAUX端子に接続して、ミックスすることができます。ピックアップの”ライン”のサウンドに、弦、ボディ全体の響きを収音するMEMSマイクの音をミックスするだけで、空気感、存在感が向上することに驚かされると思います。
IK_iRig-Acoustic-Stage_12

USBオーディオ・インターフェース
iRig Acoustic StageのプリアンプDSPユニットには、USBクラス・コンプライアントのオーディオ出力が装備されています。コンピュータやモバイル機器に接続するだけで、お気に入りのDAWソフトや録音アプリで、高品位なアコースティック・ギターのサウンドを録音することができます。
irigacousticstage_macbookair

iRig Acoustic Stage 主な特徴

  • 高品位なクリップ式MEMSマイクロフォンとデジタル・プリアンプ・プロセッサーを組み合わせたステージ対応システム。
  • アコースティック・ギター、ウクレレのサウンド・ホールに掛けるだけで、15 Hz – 20 kHzと広い周波数レンジの収音が可能。
  • 内蔵DSPによりギターにあわせたキャリブレーション、6種のトーン(スティール弦用/ナイロン弦用各3種)を適用した音を、1/4”標準端子よりラインレベルで出力(ボリューム調整可)。
  • エレアコなどのギター・ピックアップ(アクティブ)を接続可能なAUX入力付き。iRig Acoustic Stage MEMSマイクによる空気感とピックアップのダイレクトな音をブレンド可能。
  • 自動でフィードバックを検知、除去するCancel Feedbackボタン付き。
  • 単3乾電池2本で約15時間の動作(同梱)。
  • 24-bit USBオーディオ・インターフェースとしても利用可能(ケーブル別売)

アコギ&ウクレレのデモ音源

iRig Acoustic Stage 主な仕様

Microphone

  • マイクタイプ: MEMS
  • 指向特性: 無指向性
  • 周波数特性: 30 Hz – 20 kHz, +/-3dB
  • 最大音圧レベル(SPL): 130dB SPL
  • S/N: 101 dBA
  • サウンドホール厚み: 最大 4mm

Connections

  • 専用 iRig Acoustic マイク入力: 2.5mm / 3/32″ TS モノ端子
  • AUX インストゥルメント入力端子: 6.3mm / 1/4″ TS モノ端子
  • AUX インストゥルメント入力インピーダンス: 11 kOhms (アクティブタイプのみ)
  • アナログ出力端子: 6.3mm / 1/4″ TS モノ端子, ラインレベル, Lowインピーダンス
  • アナログ出力インピーダンス: 50 Ohms
  • デジタルアウトプット: micro-USB

DSP/Interface

  • AD / DA 解像度: 32-bit
  • サンプリングレート: 48 kHz
  • インターフェースアウト: micro-USB ポート(USBクラス準拠のオーディオ出力)
  • 電源: 単三電池 ×2, USB バスパワー
  • バッテリー駆動: アルカリ電池で約12時間、ニッケル水素充電池(2000mAh以上で約15時間)

付属品

  • iRig Acoustic Stage DSP/interface
  • 専用のiRig Acoustic microphone
  • ベルトクリップ
  • キャリングケース
  • 2個 x 単3電池

IK_iRig-Acoustic-Stage_10

IK_iRig-Acoustic-Stage_8IK_iRig-Acoustic-Stage_7

IK_iRig-Acoustic-Stage_6

IK_iRig-Acoustic-Stage_9

IK_iRig-Acoustic-Stage_back

NAMM2017にて

IK_iRig_Ac_Stage_namm3

IK_iRig_Ac_Stage_namm1

IK_iRig_Ac_Stage_namm2

IK_iRig_Ac_Stage_namm4

発売日

2017年1月28日(土)

販売価格

IK_iRig-Acoustic-Stage_11

(税抜)¥13,500 (税込 ¥14,580)
JANコード:8025813709034


この商品をオンラインストアで購入するこの商品を展示している店舗

「マイクロフォン」タグの関連記事

↑ページトップ