皆様こんにちは!

リペアマン尾仲です!

最近、ギターをずっと弾いてなかったけど改めて始めたい!

使ってなかったギターをちゃんとメンテナンスしたい!

と思って持ってきていただけるお客様に多くご依頼いただいております!

そうやって、日の目を見る機会が巡ってきた楽器達には、

よしよし、元気にしてやるからな(*´ω`*)

と可愛がりながら作業させていただいております!

そんな長い眠りから覚めた楽器達の中には、

うぉー!やってやるぜーι(`ロ´)ノ

と言わんばかりに元気なのもいれば、

返事がない。ただの屍のようだ。的な目を覚ましてくれない困ったちゃんもいます!

いろんな状態の楽器がありますが、今回はありがちなといいますか、かなり良くある症例をご紹介します!

メンテナンスをするにはまずクリーニングから\(^o^)/と、やる気を出しパーツを外す時にソレは起こってしまいます。

そう!ビスがナメてしまうんです!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222195712j:plain

ドライバーのサイズが違ったもので回してしまうと一瞬にして悲劇が起こってしまいます。

さらに、力でなんとかしようとすると、もう惨劇です( TДT)完全に頭が崩れてしまいどうにもならなくなってしまいます。

あの瞬間はもう後悔しかありません。やらなきゃよかったと。。。

特にビスが錆びてたりすると起こりやすいですよね!

そんな錆で起こる最上級の惨劇!!

ビス折れですo(T□T)o
f:id:shima_c_fukuoka:20160222195802j:plain

折れる時は力をかけなくても簡単に折れてしまいます!

この時は5分くらいは白目をむき口をポカーンと開け、まさにチーン状態です(´°ω°)チーン
f:id:shima_c_fukuoka:20160222195853j:plain

いきなり登場した人物は福岡イムズ店の我らが店長!森川店長です。

チーンな顔をお願いしたらちょっと違う感じになってしまいました(笑)

さて、そんなロングフリーズから回復したら、街のお医者さんへ!

・・・ではなくギターのお医者さんへGO!

はい!わたくしリペアマン尾仲がオーナー様のメンタル含め完治させていただきますよ\(^o^)/

またいつものように前置きが長くなってしまいましたが(笑)、作業風景に行ってみましょう!!

今回のギターはこちら!
ヤマハの名機、SGV!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222195928j:plain

先ほど画像をお見せしましたが、問題の箇所がこちら!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222195712j:plain

んー、まさに惨劇。

オーナー様との激闘の様子が目に浮かびます!

さらに最上級の惨劇o(T□T)o
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200051j:plain

見事に中でも折れてしまっています。

まず、ナメてしまった方から!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222195712j:plain

ここまで潰れてしまうと回りません。

ピックガードとビスが面位置にあるため挟んでとることもできません。

こういう場合は特殊工具を使って取ってしまいましょう!

まずビスに穴を開けて
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200148j:plain

さきほど開けた穴にネジの切られたドリルをウィーンと入れていきます。
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200227j:plain

しっかりとドリルビットが噛んだところでゆっくりとドリルを逆回転!

すると・・・
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200259j:plain

あらビックリ!抜けてきました!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200337j:plain

さらに進めると・・・
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200416j:plain

取れたー\(^o^)/
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200445j:plain

見事救出成功です!

簡単そうに見えますが、ギターに使われているビスはかなり小さなビスが多いので慎重にやらないと更なる惨劇になることもあるので注意です!

このビスの抜けてくる瞬間がなんともいえないたまらない快感なんですよね~(*´Д`*)

さて、お次はいよいよビス折れです。
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200051j:plain

この場合は先ほどの工具も使えないため別の方法で行います!

まずキズつけないようピックガードを外します。

そして大胆にも大きい径で穴を拡張します。
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200636j:plain

折れているビスの周りにドリルで穴を拡げます!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222200739j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160222201034j:plain

キズを拡げるのは出来るだけ避けたいですが場合によっては致し方ありません。

今回はピックガードで完全に隠れるように最小限に抑えます。

穴を拡げたところで折れているビスをほじくり出します!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201104j:plain

取れましたー!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201139j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160222201211j:plain

こちらも救出成功です!

次は、この拡げた穴をキレイにしてしっかりと木材で埋めます!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201304j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160222201324j:plain

接着のため1日乾燥させます!

飛び出た木材をノミで削っていきます。
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201350j:plain

バッチリです!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201426j:plain

再びピックガードを取り付け位置を確認。ピックガードに合わせたビス穴を開けます。
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201509j:plainf:id:shima_c_fukuoka:20160222201530j:plain

ビス穴を面取りし、埋めた木材の色が目立ちすぎるためほんの気持ち同系色の色を塗りました!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201614j:plain

ピックガードを取り付け!ビス折れの箇所も全く分からなくなりましたねヽ(・∀・ )ノ
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201912j:plain

全てのピックガードビスも新しいものに交換して取り付けて完了です!
f:id:shima_c_fukuoka:20160222201710j:plain

これにて無事作業完了です!

できればこうなる前に、少しでもビスがナメてしまった場合は力でなんとかしようと無理をせずすぐに持ってきてください!

今回紹介したような作業をせず簡単にとれることがほとんどです!

しかし、やってしまったものは仕方ない!

ビスがナメたまま、または折れたまま諦めて放置している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方はぜひお任せください!

お待ちしておりますよ~(^o^)/

以上、リペアマン尾仲でした!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

福岡イムズ店尾仲

福岡と言わず北部九州の修理、改造ならお任せを!!!皆様のご要望にお応えできるよう全力を尽くします。お気軽にご相談ください!

福岡イムズ店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

福岡ギター修理のすゝめその8~フレットすり合わせ~

福岡イムズ店尾仲

リペアマン山口の日々リペア 17

大宮店山口

リペアマン山口の日々リペア 35 ~ベース改造~

大宮店山口

名古屋パルコ店 リペアマン 瀧口のブログ! vol 1

名古屋パルコ店瀧口

名古屋パルコ店 リペアマン瀧口のブログ!

名古屋パルコ店瀧口

ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.5

名古屋ギター&リペア山崎

ヤマザキの~弾いてみそ試してみそ~Vol.7

名古屋ギター&リペア山崎

名古屋パルコ店 リペアマン早川のブログ VOL4

名古屋パルコ店早川

ルシアー駒木のギターよもやま話 その78「欠けちゃったあ~、、、でもルシ駒にお任せ」

ギターリペア工房駒木

リペアマン山口の日々リペア 12

大宮店山口