島村楽器×音楽コラボアプリ「nana」

nanaユーザーはじめての機材選び!デジタル?アナログ?iPhoneと録音アイテムの繋ぎ方を選ぼう!

はじめての機材選び!nanaで使える録音アイテムのすゝめ ~その1~

こんにちは!島村楽器「nana」公式Twitterアカウント (@shima_nanamusic)の担当、通称「中の人2号」です。

みなさんはnanaをどのように楽しんでいますか?

  • 歌ってる
  • 楽器を演奏してる
  • DTM(DAW)で伴奏曲を作ってる
  • 聴いてる

いろんな楽しみ方がありますよね!

では、歌ったり、楽器を演奏しているみなさんはどのように録音していますか?

スマホのマイクに向かって歌をうたう人の絵

こんな感じで、直接スマートフォンのマイクに向かって歌ったり…

キーボードの上にスマホを置いて演奏を録音する人の絵

アンプやスピーカーから出た音を直接録っている人も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、そんなnanaユーザーさんの「はじめての録音機材選び」のお手伝いをします!

もっといい音で録りたい!機材を使ってみたい!というnanaユーザーさんは必見ですよ〜!

全3回の連載でお送りしますので、ぜひチェックしてくださいね。

第1回は「nanaで使える録音アイテムをiPhoneと繋ぐ方法」から解説していきます!

※本連載の記事はすべてiPhone・iPadの利用を前提としています。

※記載している商品の金額はすべて記事作成時点のものです。価格や販売状況は変動しますのでご了承ください。


nanaで使える録音アイテムとiPhoneにはどんな繋ぎ方があるの?

マイクをiPhoneに繋ぐ方法は次の3つです。

  1. 無線接続(Bluetooth)
  2. アナログ接続
  3. デジタル接続

この中の「無線(Bluetooth)」での接続は、音の遅れがどうしても発生してしまうので、今回の「nanaで使える」という部分にはマッチしないんです。

なので、nanaで使える接続方法は「アナログ接続」「デジタル接続」の2つになります。

アナログ接続

アナログ接続

アナログ接続は、iPhoneのイヤホン端子に線を繋ぐ接続方法です。

写真のような「ステレオミニプラグ」を刺して接続します。

例えば、nana民に人気の録音アイテム「TASCAM iXZ」はこの方法でiPhoneに接続します。

デジタル接続

デジタル接続

デジタル接続は、iPhoneを充電する時に使っているLightningコネクタに直接機器を接続したり、

オーディオインターフェースなどのUSB形式のものを繋ぐ方法です。

アナログ接続・デジタル接続 どっちがいいの?

アナログ接続・デジタル接続それぞれに良いところがありますよ!

  • アナログ接続のいいところ
    • リーズナブル(手頃)なアイテムが多い
  • デジタル接続のいいところ
    • アナログ接続より音質がいい
      • でもアナログ接続のアイテムよりちょっと高い

なので、「できるだけ良い音で録りたい!」という方はデジタル接続のアイテムを、

「まずは気軽に始めたい!でもiPhoneで直接録音するよりは良い音がいいな!」という方はまずはアナログ接続のアイテムを選んでみるといいですよ!

ちょっと待った!持ってるiPhoneによっては注意が必要です。

みなさんのiPhone、よ~く見てみてください。

iPhone7以降のモデルにはイヤホン端子が……ない!

イヤホン端子が・・・ない!?という人も多いのではないでしょうか?

そうなんです。iPhone7以降のモデルにはイヤホン端子がないんです。

「じゃあデジタル接続のアイテムを買わないとダメか~…」

でも大丈夫です!繋げられますよ!

変換ケーブルを使おう!

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

iPhone7以降のモデルには「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」というものが付属しているので、これにアナログのアイテムを繋げば今までのiPhoneと同じように使えます!

充電しながら録音はできない!

iPhone7以降のモデルでは、充電のための端子をアイテムの接続に使ってしまうので、充電しながらnanaで録音はできません

せっかくいい感じに録れてたのにバッテリーが切れた!なんてことにならないよう、録音する前にしっかり充電しておきましょう!


接続方法ごとのおすすめアイテム

実際にどんな録音アイテムがあるのか、一例をご紹介します!

「アナログ接続」でもっと楽しむ!

TASCAM iXZ

TASCAM iXZ

nana民の超定番アイテム!iPhoneでもAndroidでも使えます。

歌のためのマイクはもちろん、エレキギター、キーボード、電子ドラムなどの電子楽器も直接繋ぐことができるので、1台持っているとなにかと便利!

メーカー 品名 販売価格
TASCAM iXZ ¥3,888(税込)
IK Multimedia iRig Voice

IK Multimedia iRig Voice

ボーカル向けのマイク型録音アイテムです。nanaでは歌専門!という方はこちらがオススメ!

カラーラインナップが豊富で、いわゆる"機材"っぽくないポップな見た目も他にはないポイントです。

メーカー 品名 販売価格
IK Multimedia iRig Voice ¥5,400(税込)

「デジタル接続」でもっと楽しむ!

IK Multimedia iRig Mic HD 2

IK Multimedia iRig Mic HD 2

iRig Voiceと同じくマイク型のアイテムですが、こちらはデジタル接続なのでより良い音質で録れちゃいます!(お値段はお高め…!)

メーカー 品名 販売価格
IK Multimedia iRig Mic HD 2 ¥17,820(税込)
IK Multimedia iRig HD 2

IK Multimedia iRig HD 2

こちらは楽器演奏者さん向けのアイテムです!

エレキギター・エレキベース、電子ピアノ・キーボード・シンセサイザー、電子ドラムなど、普段アンプやスピーカーに繋げて音を出している電子楽器のケーブルを、そのままアイテム本体に繋げて使います。

※一般的なマイクは挿せないので、ボーカルさんには不向きです。

メーカー 品名 販売価格
IK Multimedia iRig HD 2 ¥13,500(税込)

実際どれがいいの?気になるあなたはお近くの「nanaコーナー」展開ショップへ!

島村楽器には、nanaで使える人気アイテムを取り揃えた「nanaコーナー」を展開しているお店があるんです!

「こんなことがしたいけど、何を使えばいいの?」などわからないことはスタッフまでお気軽に質問してくださいね。

次回は「音の録り方」についてご紹介予定です!

これからもnanaをもっと楽しむためのアイテムやtipsを紹介していきますので次回をお楽しみに!

それではまたお会いしましょう!中の人2号でした。

中の人2号がつぶやく島村楽器「nana」公式Twitterアカウントはこちら!

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。