島村楽器×音楽コラボアプリ「nana」

大人気音楽コミュニティアプリの世界を体験できる!「nanaフェス 2017」レポート

2017-09-10

画像

こんにちは。

Webサイト担当のトグチです。

夏といえば「フェス」ですね。大好きなアーティストの音楽を聴いて美味しいご飯・お酒を飲んで、汗を一杯かきながら盛り上がった方もいらっしゃると思います。

でもフェスとかライブって「アーティスト(出演者)」と「観客」ってどうしても分かれているイメージがありますよね。

でも今回は観客も出演者も「ユーザー」、日々ネット上で素晴らしい作品が生まれている音楽コミュニティアプリ「nana」の世界観をリアルに体験することが出来るイベント、「nanaフェス2017」についてレポートしていきます!


音楽コラボアプリ「nana」とは?

もう400万ユーザーを突破している大人気アプリなので、ご存じの方も多いかもしれませんが、ちょっとおさらいを。

nanaはスマホ一台で、簡単に録音&シェアが出来てさらには、自分・他のユーザーの音源に重ね録りも簡単に出来てコラボレーションが出来るアプリです。

島村楽器はnanaがリリースした当初から一緒に様々なイベント等でコラボしていて、nanaの様々な使い方・録音Tips・音源素材を紹介するサイトも運営しています。

nanaフェスは2015年にも開催されています。そのときの様子はこちらのレポートからどうぞ!

https://info.shimamura.co.jp/nana/blog/report/128/

説明はこれくらいにして、それではレポートスタートです!

会場は「ディファ有明」!

画像

会場は、ゆりかもめ・臨海副都心線「国際展示場駅」から歩いて5分ほどのところにある「ディファ有明」が、今回のnanaフェスの会場です。

会場の向かいにはテニス大会の会場で有名な有明コロシアムがあります。


画像

会場に到着すると、まだ時間がありますがすでに長蛇の列が!

nanaユーザーさんの期待がひしひしと感じられます。そして時折

  • 「○○さんですかーーいつもアプリでコラボありがとうございますーー」
  • 「今日は○○から新幹線で来ましたーー」

等々の声が、普段はアプリを介して交流しているnanaユーザーさんも、この日はオフ会のような雰囲気でコミュニケーションされていました。

開場しロビーに入ると自由にメッセージを書き込むことが出来るボードが。

画像

みなさん思い思いの絵やメッセージを書き込んでいました。


リペア無料相談ブース・ペイント体験ブース

画像

ESPギタークラフト・アカデミーさんによる、実際のギターに使う木材を使ったキーホルダーに、オリジナルペイントすることが出来るコーナーと、無料のリペア・調整コーナーがありました。

画像

リペア相談・調整コーナーでは、当日出演されるユーザーさんや、これ目当てに日頃使っている愛機を持ってnanaフェスに来場されているユーザーさんも居て、楽器の調子を診断・調整してもらい満足されていました。


防音室が当たる!だんぼっち体験ブース

画像

ニコ生などの動画配信や楽器・ボーカルの録音をする時にどうしても気になるのが音漏れ、音漏れを抑えるには防音室が良いけど値段が。。。

そんな悩みを解決し一躍定番アイテムになった「だんぼっち」を実際に体験できるブースがありました。

しかも体験されたユーザーの中から5名に「だんぼっち」がプレゼントされるということもあり、終演後も発表を心待ちにされているユーザーさんが多くいらしゃいました。

画像

だんぼっちの中はこんな感じで、ボーカルはもちろん一人で楽器の録音をするには丁度よい広さですね。

nanaユーザーのみなさんも実際に自分のスマホをマイクに繋いで録音してみて、だんぼっちのお陰で周りの音が入っていない事を体験し感心されていました。

だんぼっちは、島村楽器でも島村楽器限定モデルをご用意しているので、気になる方はお近くの島村楽器にご相談ください。


良い音を簡単に!生レコ体験ブース

画像

nanaユーザが使う周辺機器の中で、大人気定番アイテムの一つであるiXZを販売されているTASCAMさん(いつもお世話になっております。)は、実際にマイクやオーディオインターフェイスなどの周辺機器を使って、良い音で録音する方法が体験できるブースを出展されていました。

「マイクやオーディオインターフェイスを買えば良い音で録れると言うけれど、使いこなせるかわからないし、使いこなせなかったら高い買い物になるしなあ」と躊躇してしまう場合があると思いますが、この日は体験を通じて録音全般の相談も乗るなど、nanaユーザーが日頃の録音・コラボの中で経験する悩みを聞いてもらうような、お悩み相談コーナーとしても人気を集めていました。


非日常の場で歌うことが出来る!最新カラオケ体験ブース

画像

メインステージでは、JOYSOUNDさんによるカラオケブースが!

照明が当たる大きなステージの上で、沢山の人の前で歌うことが出来る普段なかなか体験することが出来ない機会なので、多くのnanaユーザーのみなさんが抽選に参加されていました。


人気ボカロ曲をVRの世界で体験!音ゲーブース

画像

音ゲーブースでは、VRアプリケーションの開発を手がけるWANDVさん、パソコンショップのTSUKUMOさんの提供でVR音ゲー「SEIYA」の先行体験会を実施されていました。

今回の提供された楽曲は、nanaユーザーにも人気のDECO*27さんの「ゴーストルール」と「妄想感傷代償連盟」の2曲。なんとnanaフェス限定のコラボで実現したそうです。

ゴーグルを装着すると360°見渡すかぎりゲームの世界!マイクに変身した両手のコントローラーで目の前から飛んでくる歌詞をキャッチすると歌声が流れていきます。

プレイ後のみなさんのワクワクした表情が印象的でした。


思わずクスッとしたり、ドキドキしたり。名演技続出の声劇ブース

画像

nanaは楽器・音楽だけでなく「音」で繋がるコミュニティで、質問に答える形で参加できる音源や、実際にあるシーンを想定した演技が出来るような作品も多く投稿されています。

人気VOCALOIDの「LUMi」プロデュースされているAVAさんの声劇ブースでは、日頃nanaで声劇を楽しまれているユーザーさんが、素晴らしい声を沢山披露してくれたり、普段は声劇をしていないnanaユーザーが突然出されたお題に四苦八苦しながら声劇に挑んだりと、変化に飛んだ楽しい空間でした。


ソニーミュージックのプロデューサーが審査をしてくれる。ボーカル審査ブース

画像

前回のnanaフェスでも好評だった、SONIC​ ​ACADEMY さんによるボーカル審査ブース。

自分の歌声をプロの耳でチェックして貰える機会はなかなか無いということで、今回も常に列がある人気ブースに、そしてこれも前回同様に果敢に辛口コースを選ぶ方が多く、nanaユーザーのみなさんの向上心がとても高いのを感じることが出来ました。


島村楽器サポートのブースも

島村楽器も今回のnanaフェスでは2つのブースを出展させていただき、音楽・楽器の素晴らしさをnanaユーザーのみなさんと共有させていただきました。

飛び入り参加大歓迎のセッションブース

画像

日頃からアプリの中で活躍されているユーザーさんがホストになって、飛び入りで参加できるセッションブース。

演奏・歌われるユーザーさんだけでなく、周りのユーザーさんも歌ったり・手拍子をされ音楽を通じて一体になっているシーンが多くあり、ラストは、ビートルズの「Hey Jude」をみんなで大合唱、音楽の素晴らしさを再認識できる空間でした。


憧れの弾き語りを体験、ギター体験ブース

画像

もう一つのブースは、いつも弾き語りで活躍をされているnanaユーザーさんによる、初心者向けアコースティックギター体験ブース。

限られた時間の中でも、ギターの持ち方からコードの押さえ方までわかりやすくレクチャーされ、最後はみんなでせーのっと演奏するところまで、参加されたみなさんも「まさかここまで弾けるようになるとは思っていなかったから嬉しい!」とう感想もいただきました!

もしかしたらこのブースでギターを始めたユーザーさんが、次回のnanaフェスのメインステージで歌ってくれるかもしれませんね。


人気nanaユーザーのみなさんによる、圧巻のライブパフォーマンス!

ブースを一通り楽しんでいたら、いよいよメインステージでは、nanaユーザーのみなさんによるライブパフォーマンスが!

歌う人だけでなく、バックで演奏する人も全員nanaユーザー!

このあたりもnanaユーザーによるnanaユーザーのためのフェスというのが良くわかります。

演奏される曲も、バンド・弾き語り・インスト・コーラス等々、実際のアプリの世界と同じように、様々なジャンルの色取りの音楽が奏でられ、大満足のステージでした。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

さらに写真では紹介できていないのですが、nanaの素晴らしいエピソードを一つご紹介したいと思います。

nanaは日本だけでなく、世界113カ国に利用されているアプリで、世界各国で多くのユーザーがそれぞれの言葉・楽器で作品を投稿しています。

この日はスペシャルゲストとしてマレーシア在住のnanaユーザー「Alienette」さんが来日され、素晴らしい歌声を披露されていました。

まさに「音楽は国境を超える・音楽で世界と繋がる」を体現しているnanaを象徴するシーンですね。


アーティスト活動を応援するサブステージ

メイン会場の隣では、アーティスト活動をされているnanaユーザーさんと交流できるスペースもありました。

こちらも常に誰かの歌声が聴くことができ、音楽に浸れる素敵な空間でした。

画像

またサブステージでは、アーティストさんたちの販売コーナーもあり、初めて聴いてお気に入りになったアーティストのCDをゲット出来たり、日頃アプリ内でしか交流のなかったアーティストとコミュニケーションがとれる機会にもなっていました。

画像



そしてみんなで大合唱。感動のエンディング!

画像

エンディングは、出演されたnanaユーザー・会場に来ているnanaユーザー全員で、UNISON SQUARE GARDENさんのシュガーソングとビターステップを大合唱!

「音楽で一つになる」という瞬間を全員で共有して、素晴らしいイベントはフィナーレとなりました。

終演後ロビーに行くとパネルには沢山のメッセージが。

画像


音楽の素晴らしさを再確認できる、素晴らしいイベントでした!

いかがでしたか?

最初にも書きましたが、本当に観客も出演者もみなさんがユーザーで、会場にいる人全員で作り上げた素晴らしいイベントだったと思いました。

仕事として参加させていただいたトグチですが、出来れば仕事そっちのけで一緒に楽しみたかった!そんな気持ちになりました(笑)。

最後にこちらの一枚を紹介したいと思います。

画像

写真左の男性は、nanaを運営する「nana music」文原社長。

文原さんはこの日、会場の至る所でユーザーさんを盛り上げていらっしゃいましたが、多くのユーザーさんから声をかけられ、楽しく会話をされているシーンを何度も拝見しました。

このユーザーのみなさんとの距離の近さが、今回のイベントの盛り上がりやアプリが人気な理由の一つなんだと思う、印象的な出来事でした。

島村楽器はこれからも、nanaと一緒に音楽・楽器の素晴らしさを伝えるイベントやコラボレーションを行っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それではまた。

音楽コラボアプリ「nana」のダウンロードはこちら!


コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。