MyDRUMS(マイドラムス)

島村楽器のドラム専門サイト。ドラム・パーカッションにまつわる様々な情報を発信していきます。

HOME > 記事一覧 > 新製品情報

LINEで送る

このエントリーをはてなブックマークに追加

【新製品:ドラムペダル】Pearl P-2050C-S | ベストセラーモデルが島村楽器限定パッケージに

Pearl P-2050C-S

ブランド Pearl
型名 P-2050C-S
定価 オープンプライス
販売価格 (税込) ¥24,800 (税抜 ¥22,546) 
JAN 4549312098405
発売日 2021年9月17日(金)

発売以来不動の地位を築いているドラムペダル、ELIMINATOR: REDLINE CHAIN DRIVE「P-2050C」。その堅牢な造りとスムーズなアクションはもちろんの事、ドラマーの心を鷲掴みにする大きな理由が、「調整幅の広さ」でしょう。その調整幅の広さをさらに拡張して、ドラマー一人一人の好みに更に近づけることが出来る別売パーツを同梱した、島村楽器限定パッケージが発売となります。

P-2050Cに本来備わっている調整機能

まずはP-2050C本来の機能をチェックします。

Interchangeable Cam System

P-2050C最大の特徴とも言えるのが「インターチェンジャブル・カムシステム」。4つのカムが付属し、それらを付け替えることでまったく異なるペダルアクション感を感じられるシステムです。個人の好みによって、また演奏する曲のジャンルによって、アクション感だけでなくスピードやパワーを調整可能です。

BLACK Linear Action Cam:

パール・オリジナルサイズの真円カムを装備、パワーがあり、素直でくせのないアクションが得られる。

WHITE Oversized Linear Cam:

ブラック・カムをひとまわり大きくした真円のカムを装備、全体的に軽めのアクションが特徴。

RED Radical Progressive Cam:

回転軸が中心からずれたカム(偏芯カム)で、細かいフットワークに応えるトラディショナルなアクション。

BLUE Progressive Cam:

回転軸が中心からずれたカム(偏芯カム)を装備、踏み始めは軽く、徐々にスピードが加速していくアクション。

POWERSHIFTER

フットボードのヒール部に搭載された、Pearlのオリジナルシステム。ヒール部のボルトをゆるめることで、フットボードを前後3段階に移動可能です。

  • バスドラム側:踏み応えのあるアクション
  • 標準位置:パール・オリジナルアクション
  • 奏者側:軽めのアクション

INDEPENDENT TRACTION GRIPS

フットボード上に設置されたプレート。通常はバスドラム側に3本のガイドライン、奏者側にトラクションドット(ラバー製)を装備し、これを上下逆に設置することも可能。

それによってスライド感のニュアンスを変更でき、自身にあったスライドニュアンスに近づけることが可能です。(トラクションドットは取り外すこともできます)

UNI-LOCK BEATER ANGLE CAM

スプリングのテンションを変えることなく、無段階にビーターアングルを調整可能なシステム。

さらにチェーンのドライヴコネクターをゆるめてスライドさせることで、フットボードの角度を三段階に調整できます。

THE CONTROL CORE QUADBEATER

ビーターの向きを変えることで、フェルト2タイプ、プラスティック2タイプ、合計4タイプのキャラクターを選択可能です。

従来の重さはそのままに形状をコンパクトにすることで、アタック感を強調したビーターは、防振ゴムを内蔵しているため、不要な高域のオーバートーンと振動を抑えます。それによってパワーの伝達性もUPしています。

セッティングポジションのメモリー機能として、ストッパーを装備することでシャフトの回転やズレも防ぎます。

 

ここまででP-2050Cの調整幅の広さがお分かり頂けたかと思います。世の中にドラムペダルは数あれど、ここまで様々な箇所を調整できるペダルは類を見ません。

そしてP-2050Cは調整幅の広さだけでなく、細かなスペックにまでこだわり抜いています。

ZERO PLAY HINGE

Pearlオリジナルのステンレススチール・ヒンジは、アクションのロスを限りなく排除すべくデザインされています。

NiNjA BEARINGS

ドラムペダルの「隠れた心臓部」とも言われるベアリングには、スケートボード用を元に新たに開発された「NiNjA BEARINGS」を搭載。低摩擦で高精度なため、スムーズなアクションが生まれます。

ROLLER HOOP CLAMP

画期的なフープクランプ・システムである「ROLLER HOOP CLAMP」。上部のナットでバスドラムフープにしっかりとフィットさせることで、演奏中のバスドラムの揺れを抑えてくれます。

フロアプレート横のハンドルボルトで開閉が出来るため、ペダルの取り付け取り外しも容易です。

CLICK-LOCK SPRING ADJUSTMENT

スプリングのテンションノブをロックして緩みを防いでくれます。黒いノブの下にあるクリックロック・レバーを持ち上げれば調整が可能です。

この調整幅の広さと様々な便利機能を搭載しながら、定価¥28,600(税込)に抑える驚異のコストパフォーマンスこそが、P-2050C人気が終わらない最大の理由と言えます。

島村楽器限定パッケージによる追加調整機能

そして、島村楽器限定パッケージにはP-2050Cの調整可能幅を拡張可能なパーツが同梱されます。

CAM-PL (PERPLE CAM)

偏芯カムであるRED Radical Progressive CamとBLUE Progressive Camの中間に位置するカム。絶妙な

CAM-YL (YELLOW CAM)

チェーンドライブ・ペダルのメリットである「遊び」によるパワー感と、それによって生まれるスピードの遅れ。逆にダイレクトドライブではパワー感が少々劣るものの、そのスピード感やレスポンスが向上します。そのダイレクトドライブのニュアンスに近づけることが出来るのが、YELLOW CAMです。

標準装備4つのカムと、島村楽器限定パッケージに付属する2つのカムをすべてグラフにするとこんな感じです。パワー重視か、スムーズなアクションか、レスポンその良さか、それとも...

様々なカムを試しつつ、それぞれのサウンド変化、アクション変化を把握してプレイに活かしてください。

Beater Weight BW-100

ビーターに重りを取り付けて、サウンドにアタック間とパワーを付加する「ビーターウェイト」。取り付ける位置はもちろん、このBw-100は赤いアルミの本体部分を基本として、銀色のスチール部、黒のブラス部が装備されています。これらを組み合わせることによって、合計7種類もの重さに変化するウェイトです。

Pearl P-2050C 関連記事

DRUMS SHOW2021 全国6会場で開催!