Heritage Audio 73JR II / 73EQ JR | ビンテージ73スタイルを凝縮した 500シリーズモジュール

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

Heritage Audio ( ヘリテージ・オーディオ ) が73スタイルのサウンドをコンパクトな500シリーズのモノラルモジュールに凝縮した「73JR II」と「73EQ JR」の2機種を国内で発売いたします。

73スタイルプリアンプの「73JR II」は、数年前に発売され欧州市場でロングセラーを続ける「73JR」の後継機種で、クオリティーはもちろん、便利な機能が追加されています。また「73EQ JR」は73スタイルのラインモジュールで、3バンドのEQを装備しています。

73JR II

真の「73スタイル」マイクプリアンプ(モノラル仕様)を500シリーズのシングルスロットサイズにしたのがこの「73JR II」で、要求の厳しいエンジニアやミュージシャンのためにモダンな機能も備えています。

ディスクリート回路と伝統的なパーツが採用されており、クラスAの3ステージからなる73プリアンプを忠実に再現。Styroflex社のフィルムコンデンサやタンタルコンデンサを採用するなど、設計に手抜きは一切ありません。オールディスクリート仕様のクラスA回路によるハイパスフィルターは、20 Hz から 220 Hz までのスイープが可能で、他の周波数帯域に余計な影響を及ぼすことなく低域をよりタイトにすることができます。

ラインモードは元気のない録音済みのトラックに彩りを加える際にも便利です。そしてDI入力にはマイクトランスの前にオールディスクリートのクラスA仕様のJFET回路が配され、カラーと重みのあるサウンドを実現しています。

電力仕様も特別で、内部に最大電圧に達するまで約20秒をかける、+24Vのレギュレーターが実装されています。73JR IIの電源を他のスロットから独立させるので、たいへん有用な仕様です。

主な特徴

  • ハイエンドな3ステージの73スタイルのマイク/DIプリアンプ
  • 80 dBのブリティッシュスタイルのゲイン
  • 完全なオールディスクリートによる回路
  • クラスAサーキット
  • +24Vの「スローターンオンレギュレーション」を実装した電源回路
  • St. Ives社の工場で生産されたCarnhillカスタム出力トランス
  • Carnhill社のオックスフォード工場で生産されたCarnhillカスタム入力トランス
  • フォーンジャックを挿すことで自動的に切り替わるクラスAのJFET DIモードで真のコンソールスタイルのサウンドを実現
  • 多彩なコントールノブ/スイッチ

主な仕様

  • マイク入力インピーダンス: HI 1200Ω(最小値)/ LO 300Ω(最小値)、トランスバランス、フローティング
    *ゲインポジションを上げていくと徐々にインピーダンスが高くなるため、低ゲインのリボンマイクに最適
  • ライン入力インピーダンス:10kΩ ブリッジング、トランスバランス、フローティング
  • DI入力インピーダンス:2MΩ以上、アンバランス
  • 出力インピーダンス:75Ω 以下、トランスバランス、フローティング、600Ωの動作負荷
  • 最大出力:+26.5 dBu 以上(600Ω 負荷時)
  • THD:0.025%以下 @ 1 kHz、0.05%以下 @ 100 Hz
  • 周波数特性:20 Hz(+0.3 dB)~20 kHz(-0.2 dB)
  • 最大ゲイン:80 dB 以上
  • 等価入力ノイズ:-125 dBu 以下
  • 消費電流:86 mA 以下 @-16 VDC(レール単位で)

73EQJR

「73EQ JR」 は500シリーズフォーマットのライン入力モジュール(モノラル)で、3バンドのEQセクションだけでなくトランスカップリングによるラインプリアンプとクラスAのトランスバランスド出力ステージもHeritage Audio社のHA73シリーズや80シリーズモジュールと同じものを共有しています。これにより、外部プリアンプに依存することなくクラシックなトランスフォーマーベースのサウンドを提供します。

EQセクションには、Baxandall タイプのハイ/ローシェルフを採用。ハイシェルフにおいては 12 kHz の周波数固定ではなく、4つの選択肢(10、12、16、20 kHz)を用意しています。またデュアルインダクターベースのミッドバンドでは、太い低域から甘い高域に至る幅広いレンジのコントロールが可能になっています。

ラインプリアンプのセクションでは +6 ~ -20 dBの範囲で、充分なEQブーストを可能にします。電力仕様も73JR II同様に特別で、内部に最大電圧に達するまで約20秒をかける、+24Vのレギュレーターが実装されています。

主な仕様

  • ライン入力インピーダンス:10kΩ ブリッジング、トランスバランス、フローティング
  • 出力インピーダンス:75Ω 以下、トランスバランス、フローティング、600Ωの動作負荷
  • 最大出力:+26.5 dBu 以上(600Ω 負荷時)
  • THD:0.025%以下 @ 1 kHz、0.05%以下 @ 100 Hz
  • 最大ゲイン:6 dB
  • 等価入力ノイズ:-125 dBu 以下
  • 消費電流:85 mA 以下 @-16 VDC(レール単位で)

発売日

2021年9月28日(火)

販売価格

73JR II
(税込) ¥121,000 (税抜 ¥110,000)
JANコード:4530027290093

73EQ JR
(税込) ¥134,200 (税抜 ¥122,000)
JANコード:4530027290109

プロセッサー / エフェクター新製品一覧は ⇒ こちら

「プリアンプ」タグの関連記事

↑ページトップ

BLACK FRIDAY