AKG K812 | ミキシング&マスタリングに適したモニタリング用ヘッドホン

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

AKG_K812_Studio_Headphones_1

AKG ( エーケージー) 社からオープンエアー型ヘッドホン「K812-Y3」が発売されます。10万円を超えるAKG社のフラグシップモデルです。

「K812-Y3」は2014年2月に発売された「K812」の保証期間を3 年に延長したモデルです。製品の仕様は同じですが長期保証が付属することで、より長く、より安心してご愛用いただけます。

レコーディングおよびライブミキシング用の「K872-Y3」はこちら 》

主な特徴

AKG_K812_Studio_Headphones_2

「K812」は、最先端の音楽制作が求める極めて高い精度のモニタリングのために開発されたフラッグシップモデルです。各部の設計を基本から見直し、新開発の53mm 大口径ドライバーと磁束密度1.5T(テスラ) の強力な磁気回路を搭載しました。広帯域で高密度な音声信号を精確に出力し、音場の微細な変化を明確に再現。制作作品の完成度を最高水準に引き上げることができます

「K812」は、ハイレゾリューションの広帯域かつ高密度な音声信号を精確に再生します。新設計のドライバーはAKG 製品で最大の直径53mmで、磁束密度1.5T( テスラ) の強力な磁気回路が駆動。

AKG_K812_Transducer_Back_1000px_950px

広大なダイナミックレンジを得ながら、微細な信号も精確に再現します。銅被膜アルミニウムを使用した2 層構造のボイスコイルは極めて軽量で、強磁力の磁気回路と相俟って過渡特性が大幅に改善し、再生帯域も5Hz ~ 54kHz に広がりました。

AKG_K812_Transducer_Front_1000px_950px

ダイヤフラムには複合材を使用し、ダンピング性能を格段に向上しながら分割振動を抑制しています。また、ダイヤフラムの中心部には、筒状のパーツを近接させたエアフロー・ドーム構造を設け、ハウジングへ抜ける空気の流れを制御して歪みを一層抑えています。

AKG_K812_Magnet_1000px_950px

オープンエアー型のハウジングは内部に不要な共鳴が生じず、生演奏を聴いているかのように音場が自然です。さらに、ドライバーは感度が高くインピーダンスも36 Ωと低いため、ポータブル機器に接続してスタジオ外で使用する際にも上質なモニタリングが可能です。

K812主な仕様

  • 構造オープンエアー型
  • 感度(1kHz) 96dB SPL/mW
  • 再生周波数帯域5Hz ~ 54kHz
  • 最大許容入力300mW
  • インピーダンス36 Ω
  • イヤーパッドアラウンドイヤー、着脱式、合皮製
  • 入力コネクター3.5mm ステレオ・ミニプラグ(金メッキ)
  • ケーブル着脱式、片出し
  • 質量398g(除ケーブル)

付属品

3m ストレートケーブル(OFC)、木製ヘッドホンスタンド、標準プラグアダプター( ねじ固定式、金メッキ)

比較

各製品の大まかな機能比較です。詳細比較および機能の特徴は各店舗の担当スタッフまでお気軽にご相談ください。

 K812 PRO K712 PRO
構造  オープンエアー型
感度(1kHz)  96dB SPL/mW   93dB SPL/mW
再生周波数帯域  5Hz~54kHz   10Hz~39.8kHz
最大許容入力  300mW  200mW
インピーダンス  36Ω   62Ω
イヤーパッド  アラウンドイヤー、着脱式、合皮製  アラウンドイヤー、着脱式、ベロア製
入力コネクター  3.5mmステレオ・ミニプラグ(金メッキ)
ケーブル  着脱式、片出し
質量  398g(除ケーブル)   298g(除ケーブル)
付属品  3mストレートケーブル(OFC)、標準プラグアダプター(ねじ固定式、金メッキ)、木製ヘッドホンスタンド   3mストレートケーブル(OFC)、5mカールコード(OFC)、標準プラグアダプター(ねじ固定式、金メッキ)、キャリングポーチ

発売日

2014年2月14日

K812-Y3
2020年5月16日

販売価格

生産完了 K812
(税抜)¥142,200 (税込 ¥156,420)
JANコード:9002761035773

K812-Y3
(税抜)¥103,900 (税込 ¥114,290)
JANコード:4582234672292

ヘッドホン・イヤホン新製品一覧は ⇒ こちら

「ヘッドホン(オーバーイヤー/オンイヤー)」タグの関連記事

「ヘッドホンアンプ」タグの関連記事

The NAMM Show 2020

↑ページトップ