NUGEN Audio VisLM-H 2 Loudness Meter 発売!オーバーダブ計測に対応したラウドネス・メーター

記事中に掲載されている価格・税表記および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

NugenAudio_VisLM2_02

NUGEN Audio(ニュージェン オーディオ)より、DAW用のラウドネス・メーター「VisLM-H 2」が発売されました。

ARIB TR-B32等の規準に対応したラウドネス&トゥルー・ピーク・メーター

VisLM-H 2 Loudness Meter は、世界中の放送局、ポストプロダクションを中心に導入されているDAW用のラウドネス・メーターです。日本のARIB TR-B32、NAB T032の準拠するITU-R BS.1770-2に対応し、EBU R128、ATSCなど様々な規準に準拠しております。

デジタル放送の普及にともないチャンネル、番組、CM、などの放送間による音量差が大きな問題となっております。テレビのボリュームを変えていないのにいきなり音量が大きくなってしまうことありますよね。そこで問題となるのは、従来のデジタル信号のピーク値ではなく、人が「うるさい」と感じる音量に近いラウドネス値です。

デジタル放送で許容されるラウドネス値を標準化し、放送時の音量感を統一しているのが、いわゆるラウドネス基準です。VisLM-H 2 はそんな問題を解決するための新基準となるラウドネス・メーターです。

NugenAudio_VisLM2_01

Vis-LM-H2の新機能

メーター表示の自由なカスタマイズ機能。

VisLM-H 2では、表示のカスタマイズとサイズ変更機能が強化され、ユーザーのニーズにあった表示をカスタムで設定することが可能になりました。

  • プログラム・ラウドネス、ショートターム、モーメンタリー、LRAを一つの画面で表示。
  • ラウドネスの推移とトゥルー・ピークのクリップ履歴を確認するヒストリー表示。
  • タイムコードにそってヒストリーをズーム/スクロール可能に。
  • ラウドネス「マクロ」オーバービュー。簡単にサマリーを表示するウィンドウ。
  • ラウドネス値の数値またはグラフ表示。
  • モーメンタリーとショートタームのメーターのバーを入替可能に。

ReMEM(リライタブル・メモリー・エディット・モード)の搭載

このReMEMモードは、プログラム全体のラウドネスの推移を、最大12時間まで、タイムコードとともにプラグイン内に保存するので、部分的に編集した部分だけを再計測すれば、プログラム全体のラウドネス値を瞬時に再表示します。今までは編集を加えるたびにプログラム全体を再計測する必要がありましたが、このReMEM機能の追加により、ラウドネス計測にかかる時間を驚異的に短縮することが可能になりました。

400ms 平均値を示すモーメンタリー・ラウドネス、3 秒間の平均値を示すショートターム・ラウドネス、無音部分による平均値の誤認識をゲートで回避したうえで、測定期間全体の平均値を示すインテグレーテッド・ラウドネス、プログラム全体の主な振れ幅を示すラウドネス・レンジを表示します。また、サンプル間のピークまで表示するトゥルー・ピーク・メーター、ヒストリーの表示、ログの書き出しにも対応しています。

VisLM Loudness MeterはMac/WindowsのAU/VST/RTAS/AudioSuiteプラグインとしても、WindowsまたはMac OS Xでスタンドアローンのアプリケーションとしても動作する(IntelMac、VisLM-Hのみ)ので、DAWで作業するポスト・プロダクションの現場、放映時に規準をクリアするために行われるレベル操作を避けたいコンテンツ・クリエイターまで、広範囲な制作プロセスの標準化に欠かせないツールとなるでしょう。

機能一覧とVisLM-H | VisLM-C との比較

NugenAudio_VisLM2_03

Vis-LM-H2の主な特徴

  • NEW ReMEM(リライタブル・メモリー・エディット・モード)の搭載により、編集した部分を再計測するだけで、プログラム全体のラウドネス値を再計算。
  • NEW メーター表示の自由なカスタマイズ機能。長尺のプログラム全体のラウドネス推移も容易に確認が可能に。
  • NEW オフラインのラウドネス計測結果を、リアルタイムメーターに読み込み可能に。
  • 日本のARIB TR-B32、NAB T032の準拠するITU-R BS.1770-2の他、EBU R128、ATSC A/85(CALM Act)OP-59、AGCOM 219/9/CSP、Portaria 354、DPPなど、多くのモードを用意。今後の各国規準設定時も、アップデートで対応予定。
  • 400ms 平均値を示すモーメンタリー・ラウドネス・メーターの表示。
  • 3 秒間の平均値を示す、ショートターム・ラウドネス値の表示。
  • プレイ/ ポーズ・ボタンで指定した測定期間全体の平均値を示すインテグレーテッド・ラウドネス値の表示。
  • 無音部分による平均値の誤認識を回避するゲートも、ITU-R、EBU各モードに対応。
  • サンプル間のピークも逃さずに表示する、トゥルー・ピーク・メーター。
  • -24LKFS 以上が10 秒継続した時、-60LU 以下が30 秒継続した時など、自由に設定可能なアラート表示。
  • 絶対値(LUFS)、相対値(-23 LUFS = 0LU など)による表示を切り替え可能。
  • 30 秒から12 時間までズーム変更可能なラウドネス・ヒストリー・ディスプレイ。
  • 表計算ソフト等でインポートできる.CSV ログ・データを書き出し可能。
  • -1dBTPを超えたチャンネル名等アラートの書き出しも可能。
  • モノラルから5.1、ゲームのコンテンツ制作用に7.1まで対応。
  • リアルタイム処理のAU/RTAS/VST/AAX Nativeの他、ファイル単位で処理できるAudioSuite にも対応。
  • DAW上のプラグインと同様に、スタンドアローンのアプリケーションでもリアルタイム計測が可能。(要CoreAudio(Mac)、ASIO(Windows)対応オーディオ・インターフェイス)

発売日

発売中

販売価格

VisLM-H 2 / NAVLMH2

(税抜)¥53,900 (税込 ¥59,290)

JANコード:4533940066585

プラグインエフェクト新製品一覧は ⇒ こちら

「dtm」タグの関連記事

↑ページトップ