JBL PROFESSIONAL スタジオモニター「LSR305」「LSR308」「LSR305-WH」

記事中に掲載されている価格および仕様等は記事更新時点のものとなります。

© Shimamura Music. All Rights Reserved. 掲載されているコンテンツの商用目的での使用・転載を禁じます。

こちらの製品は生産終了となりました
後継製品はこちら
https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2018/01/120865

JBL PROFESSIONAL スタジオモニター「LSR305」「LSR308」

JBL PROFESSIONAL (ジェービーエル プロフェッショナル)が高品位パワード・スタジオモニター「LSR305」と「LSR308」の2モデルを発売します。

2017年12月19日追記:ホワイトモデル「LSR305-WH」が登場!

JBL LSR305のホワイトモデル「LSR305-WH」

「LSR305」と「LSR308」は、新開発の“イメージコントロールウェーブガイド”を搭載し、音像の再現と細部の描写能力をこれまでにないレベルに高めました。

ステレオやサラウンドで音響製作を行う音楽スタジオやポストプロダクションで、製作作品の品質を一段と引き上げることができます。LSR305-WHは、「LSR305」の優れたサウンドはそのままに、エンクロージャーに白い塗装を施したモデルです。光沢を抑えたマットな質感に仕上げられており、あらゆる色合いのインテリアと自然に調和。テレビやオーディオの横にも違和感なく配置できるため、音楽制作用のモニタースピーカーとしてはもちろん、高品位なリスニング用スピーカーとしても活躍します。

LSR305とLSR308は、大型スタジオモニターの最上位機種“M2”のために新たに開発した、イメージコントロールウェーブガイドを搭載しています。音像の再現に優れ、スピーカーの外側に延びるほどの広いステレオ音場を再生します。中央の音像はこれまでになく明確になり、音場の奥行きや音像の大きさを的確に把握できます。細部の描写能力も高まり、高密度のミックスの中でも音源の微妙な変化や音場の空気感をエンジニアに伝えます。リスニングポイントが広いため、スピーカーの軸外でも音質やバランスを正確に決定可能。ミキシングルームの音響特性やエンジニアのモニター位置に神経質にならずに、創造的な作業に集中できます。

LSR305

上写真はパワード・スタジオモニター「JBL LSR305」(130mm低域ドライバー)

LSR305とLSR308は、先進のスピーカー・コンポーネントを搭載し、最新の製作環境が要求する高密度のマルチチャンネル再生に対応します。38mm径ボイスコイルの低域ドライバーは、パワー・コンプレッション(実効感度の低下)が少なく、大音量を連続して再生しても音質の変化を最小限に抑えます。低域ポートは、開口の両側にフレアを持つJBL独自の“スリップストリーム”設計。乱流を抑え、低域ドライバーと組み合わさって伸びと深みのある低域を出力します。ネオジム磁石を使用した高域ドライバーはダンピング特性を最適化し、過渡特性と歪率が改善しました。耳障りな小音量時の歪みが低減したため聞き疲れが少なく、長時間の製作作業も快適に行えます。さらに、設置する部屋の形状や容積が異なっても正確なモニター性能を発揮するため、独自のLSR(Linear Spatial Reference)設計を採用しています。軸上はもちろん、スピーカーの周囲360度にわたり、直接音、反射音、残響音場に関する72もの測定を実施して、出力性能を最適化しています。

LSR308

上写真はパワード・スタジオモニター「JBL LSR308」(200mm低域ドライバー)

LSR305は130mm径の低域ドライバーを、LSR308は200mm径の低域ドライバーを搭載しています。どちらも4次リンクウィッツ・ライリーのアクティブクロスオーバーと高効率のクラスDパワーアンプを組み合わせたバイアンプ構成。余裕ある出力パワーで各ドライバーを駆動します。高域(4.4kHz)と低域(115Hz)のそれぞれにレベルを±2dB変更するTRIMスイッチを搭載し、設置環境や音源に応じて周波数特性を微調整できます。全体の音量レベルコントロールは21段のクリック付きで、設定の再現が容易です。電子バランスの入力は感度を+4dBuと-10dBVで切り替えでき、XLRと標準フォーンジャック(3P)の入力端子を利用できます。各ドライバーには防磁対策を施し、磁界の漏れによる周囲の機材への影響を抑えています。

スタジオモニター「LSR305」「LSR308」の仕様

LSR305 LSR308
形式 2-Wayバイアンプ
周波数レンジ(-10dB) 43Hz~24kHz 37Hz~24kHz
最大音圧レベル(1m) 108dB SPL 112dB SPL
ドライバー構成 LF: 130mm、HF: 25mm LF: 200mm、HF: 25mm
クロスオーバー周波数 1,675Hz 1,800Hz
パワーアンプ出力 LF: 41W、HF: 41W LF: 56W、HF: 56W
入力端子・形式 XLR×1、標準フォーン(3P)×1、電子バランス
入力感度(-10dBV、1m) 92dB SPL
最大入力レベル(+4dBu) +23dBu
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力(1/8出力時、ピンクノイズ) 15W 20W
寸法(W×H×D) 187×298×242mm 257×423×300mm
質量 4.9kg 8.8kg
付属品 電源ケーブル、ゴム足×4(1シート)

発売日

「LSR305」「LSR308」

2014年1月24日

LSR305-WH

2017年12月25日

販売価格

「LSR305」生産終了(一本あたり):(税抜)¥18,500 (税込 ¥19,980) (税抜)¥16,000 (税込 ¥17,280) 
JANコード:0050036904599

「LSR308」(一本あたり):(税抜)¥34,000 (税込 ¥36,720) (税抜)¥27,000 (税込 ¥29,160)
JANコード:0050036904612

LSR305-WH(一本あたり)

(税抜)¥18,000 (税込 ¥19,440)
JANコード:0691991001376

※当社取り扱いJBL社製品はすべて正規品になります。より長く、より安心してご愛用いただけるよう2年間の長期保証が付属しています。

「スピーカー」タグの関連記事

↑ページトップ