品番

Ignatius Markert, Czech – Bohemiae Budowiciae, 1947

ブランド

イグナシウス・マルケット

税込販売価格 ¥1,320,000
製作国 チェコ
製作年 1947年
展示店舗 フェアにて各店を巡回中
販売状態 販売済み

この商品について問い合わせる

商品コメント

Ignaz Markert(イグナズ・マルケット)は1891年シェーンバッハに生まれました。14歳で地元の弦楽器職人:Karel Pötzl(カレル・ペッツル)の下で3年の修行期間を経て、当時シェーンバッハにあったJosef Kreuzinger(ジョセフ・クラウジンガー)Ⅱ世の工房で働きました。
第一次世界大戦の終戦後、マルケットはプラハの名工として高名なDvorakファミリーに雇われ活躍し、1937年にはプラハに自身の工房を構え独立します。
第二次世界大戦後の1946年、南ボヘミア地方の楽器商:Otakar Coufalík(オタカー・クーファリーク)に雇われ、専属マイスターとしてクーファリーク社の弦楽器ビジネス拡大に貢献。彼は優秀な新作メーカーであると同時に、有能なリペアマンでもあったそうです。
彼の製作する新作楽器は、専門家からも常に"Perfect Wood"と評され、本作品も非常に美しい音響材が選ばれております。
1974年 ドイツ・ブーベンロイトで死去。

本作は、後期G.B.ガダニーニをモデルにした稀少な作品です。

5年に1度開催される世界的な弦楽器製作コンクールプラハ国際ヴァイオリン製作コンペティションで第2位を獲得した、Jan Spidlen(ヤン・シュピードレン)工房の第1アシスタント:Vaclav Pikrt(ヴァークラフ・ピクルト)氏のセットアップにより、即戦力のコンサート用楽器としてお薦めさせて頂きたい優れたマスター・ヴァイオリンになります。

※「Ignatius(イグナシウス)」はヴァイオリン内部ラベルのラテン語表記より転載しておりますが、本名は「Ignaz(イグナズ)」になるようです。

■ BODY LENGTH:357mm
■ UPPER BOUTS:166.5mm
■ MIDDLE BOUTS:111mm
■ LOWER BOUTS:209mm
■ DIAPASON:197mm
■ CERTIFICATE:Vackav Pikrt

JAN:2370000464415

島村楽器株式会社

 

 

このページのトップへ移動します