品番

Hiroshi Kasuya, Japan – Kawagoe, 2018, Model; Guarneri del Gesu 1735 “Plowden”

ブランド

Hiroshi Kasuya (糟谷宏)

税込販売価格
製作国 日本
製作年 2018年
展示店舗 ミ・ナーラ奈良店
販売状態 販売済み

この商品について問い合わせる

商品コメント

■Hiroshi Kasuya - 糟谷 宏
1984年 愛知県生まれ。
㈱ヤマハに入社し、ハンドメイドのアコースティックギター・クラシックギターの製作を行う。その後、ヴァイオリン製作への転向を決意し、イタリアへ渡る。
イタリアに渡ると共に弓の重要性を理解し、クレモナヴァイオリン製作学校の弓コースを受講し、Emilio Slaviero、Lorenzo Lazzaratoの両氏に師事。同時期にGiorgio Grisalesの工房でバイオリンの製作を師事する。その後、弓製作をNavea Vera工房にて研鑽を積み、さらにその後、Emilio Slavieroの工房に師事する。
現在、島村楽器テクニカルアカデミー(代官山音楽院)にて弓製作講師として勤務する傍ら、埼玉県川越市にある自宅アトリエにて弓製作を行っている。

本作は、名器Guarneri del Gesu 1735年"Ex.Plowden"にインスピレーションを受けて製作。
豊かな倍音を最重要テーマに掲げ、厚み出しを行った意欲作。

A.N.L.A.I.主催「第9回カザンラク・バイオリン製作コンペティション」において、『カザンラク博物館賞』(Premio Museo di Kazanlak)を獲得した受賞作品です。

糟谷宏製作証明書付属

島村楽器株式会社

 

 

このページのトップへ移動します