防音対策

ドラムを夜に叩きたい!という方や、管弦楽器を演奏する方、オーディオマニアの方など音の対策を検討される方は実に様々です。島村楽器ではそんな皆様のご要望にお応えする為にあらゆる防音提案を行なっております。例えばアップライトピアノの後ろに置くだけの「吸音パネル」ナンバーチューンは、吸音するだけだなく音をこもりにくくする(調音)性能があります。防音カプセルでは、新品から中古まで幅広くお取り扱いしております。本格防音工事ではグランドピアノ室やバンド演奏のスタジオ、レコーディングスタジオなども行っております。単なる遮音だけではなく、吸音や反射音の調整をお客様と共に確かめながら、ご満足頂ける音場空間を徹底して作り上げて参ります。「思いっきり演奏したい」を実現しませんか!

防音工事

ご自宅のお部屋をそのまま防音室に

住宅やマンションをご購入の際にやはり気になるのが音対策です。特に楽器を演奏される方にとっては大問題です。
そこで、島村楽器からそのようなお悩みをお持ちの方にご提案です。 お部屋のリフォームを有効活用し、そのまま防音室に改造してみてはいかがですか! 工事の種類も、お部屋を隙間なく最大限防音室に改装工事する工法から、回りに釘を打ち付けずに基本的に独立したお部屋を現在の内側にもう一層施工する工法、さらにマンションのお部屋など出来る限りスペースを残したい方などへの直貼りの工法など様々です。 ご要望を伺いながら工事の詳細を決定して参りますので、よりお客様の理想に近い防音室の設計・施工が可能です。 下見から設計見積まで無料で承ります。

スタジオからコンサートホールまで

島村楽器ではプロの方々からもさまざまなご要望を頂き、業務用の工事を多数行って参りました。 最近では、自宅にスタジオを設置したいと個人でご依頼されるお客様も増えております。 全国の店舗に併設されておりますスタジオの設置ノウハウを活かし、小規模のスタジオからコンサートホールまで設計・施工のご相談を承ります。 尚、この工事に関しましては使用する楽器や機材のプランニングから、音域特性を生かした遮音設計が必要となります。 コンサルティング設計も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

直壁補強 + 防音壁施工工事

主な特徴として、現在の壁を補強しさらに遮音壁をもう一層作ることにより、二重防音壁の効果を得られので、まるまる二重の遮音壁をたてるよりスペースをとらずにより高い遮音効果を得られるのがこの工事です。 基本的に大工工事となりますので仕上げのデザインもお客様との打合せにより、家の建築同様全くフリーにプランニング可能です。

マンションの例

住宅やマンションをご購入の際にやはり気になるのが音対策です。特に楽器を演奏される方にとっては大問題です。
そこで、お部屋のリフォームを有効活用し、そのまま防音室に改造してみてはいかがですか!工事の種類も、お部屋を隙間なく最大限防音室に改装工事する工法から、回りに釘を打ち付けずに基本的に独立したお部屋を現在の内側にもう一層施工する工法、さらにマンションのお部屋など出来る限りスペースを残したい方などへの直貼りの工法など様々です。 ご要望を伺いながら工事の詳細を決定して参りますので、よりお客様の理想に近い防音室の設計・施工が可能です。 下見から設計見積まで無料で承ります。 お気軽にご相談下さい。

独立間仕切り工法

防音工事希望のお客様の方々よりよくお聞きするお話で「将来その住宅を出て行く可能性がありその時は元に戻したい。」など必要な期間だけ防音室として使われるケースも増えているようです。さらに遮音壁との間の空気層を効率的に使いますのでコストダウンをご希望の方へおすすめなのがこの工法です。 防音カプセルのような簡易式防音室もありますがお部屋の大きさにあわせ無駄なスペースをつくりません。

在来音響工事例(天井・壁)

一般のお家の中での楽器演奏やオーディオの視聴などをしていて 「楽器の音が響きすぎて演奏ができない!」 「オーディオの音が偏って聞こえ全く臨場感が楽しめない!」 さらには「他で防音工事をしたが室内の音が響きすぎて逆に楽器を演奏できなくなった」 などなど音の響きに対する不満へのご質問は意外に多く後を絶ちません。 当社では楽器や音響機器のノウハウを活かしお部屋への音響部分の工事も受け賜っております。

防音商品

防音カプセル

基本的にこれらパネルタイプの防音室は、現在のお部屋に釘1本うたずに半日〜数日で組立可能です。 さらにお引越しの際には、解体して新しいお住まいにて再施工しお使い頂けるものばかりです。 まずはお部屋の現在の広さの計測と環境診断(重さ・遮音度の検診など)が必要になります。 下見・お見積(無料)等お気軽にお問合せ下さい。

ナンバーチューン

ナンバーチューンはアップライトピアノの背面に置くだけで、ピアノから出る反響音をパネルが吸収するだけでなく、遮音効果もあるので、隣室への音もれが軽減されます。
ピアノから出る反響音を吸収してくれるので、まとまりのある聞きやすい音になります。長時間演奏していても聞き疲れません。
オーディオルームなどでの吸音・遮音パネルを研究・製造した経験から、アップライトピアノの音の性質に合った「吸音・遮音のバランスのよい」パネルの構造を探し出しました。
公的機関の研究センターにて、「吸音率・透過損失試験」を行い、ピアノの音域である500Hzや、それ以降の高音域の周波数で、吸音・遮音の効果が高いことが実証されました。

島村楽器のはてなダイアリー:調律師のとある1日Vol.4「ピアノの防音対策について」でもナンバーチューンをご紹介しています。

防音用ドア

住宅の音は隙間からの音漏れが一番重要です。まずは防音ドアの交換で隙間をシャットアウト!一般の木製ドアからスタジオ用のスティールドアまで巾広く取り揃えております。各種施工工事を伴いますので、お気軽にお問合せください。

二重サッシ

住宅の中で最も気になるのが窓ガラスからの音漏れ。防音用二重サッシにするだけで環境音も低減。さらに冬の暖房時の結露対策としても最近では使われています。窓は各住宅で大きさも様々です。設計・お見積(無料)等お気軽にお問合せ下さい。

防音グッズ

予算をかけずにまずお手軽防音でトライ。 そんなお客様のために様々なグッズを用意いたしました。 ピアノの足元から逃げる低振動音をカットする防音インシュレーターや、壁に貼り付けるだけの吸音材更にマンションなど集合住宅の階下への衝撃音対策としてのクッションカーペットなど、お手軽商品も様々にございます。

スーパーセーフティーインシュ / ニュースーパーインシュHexa BOX

防音対策のご相談はこちら

防音ショールーム市川コルトンプラザ
電話でご相談

お問い合わせ