品番

Josef Patočka, Czech – Jičín, 1920

ブランド

ジョセフ・パトチカ

税込販売価格 ¥418,000
製作国 チェコ
製作年 1920年
展示店舗 フェアにて各店を巡回中
販売状態 展示中

この商品について問い合わせる

商品コメント

ジョセフ・パトチカ(1895生 - 1943没)は、父:Benjamin Patočka(ベンジャミン・パトチカ)のもとでヴァイオリン製作を学びました。1915年、ジョセフ・パトチカは第1次世界大戦によってオーストリア軍に従軍することになりますが、1916年にロシア軍に捕らえられてしまいます。その後、キエフ(ウクライナ)で弦楽器工房を営んでいた親戚のPetr Schovánek(ペトル・ショヴァネク)を訪ね、古い弦楽器の修復や、ロシアの民族楽器「バララーイカ」を製作する仕事に就きました。
1920年に帰郷し、1931年に父親の死に伴い工房を受け継ぎますが、1939年に再びドイツ軍に拘束され、ブーヘンヴァルト強制収容所に送還される・・・という壮絶な人生を送りました。

非常に精巧なエッジワークからチェコ国内の製作家からも評価の高い製作家で、もっと多くの作品を残せたはずです。
1枚板裏板、パワフルなサウンドが特徴のストラドモデルです。

■ BODY LENGTH:361mm
■ UPPER BOUTS:167mm
■ MIDDLE BOUTS:111mm
■ LOWER BOUTS:205mm
■ DIAPASON:195mm

JAN:2370000464316

島村楽器株式会社

 

 

このページのトップへ移動します