品番

Klaus Grünke, Germany – Bubenreuth, Gold Mounted Violin Bow

ブランド

Klaus Grünke,(クラウス・グリュンケ)

税込販売価格 ¥864,000
製作国 ドイツ
製作年 2017年
展示店舗 シマムラストリングス秋葉原
販売状態 販売済み

この商品について問い合わせる

商品コメント

モデル:Francois Xavier Tourte
角弓
金黒檀
重量:62.6g

■Klaus Grunke プロフィール
1975年-1978年 父Richard Grünke(リチャード・グリュンケ)の下で弓製作をスタートさせる。
1980年-1982年 L.A.の名工Hans Weisshaar(ハンス・ヴァイスハール)の工房で研鑽を積む。このアメリカでの下積み経験こそが、彼のオールドボウ修復の技術、知識の蓄積に大きな影響を与えた。その後ブーベンロイトへ戻り、自身名義のブランドで弓製作を行っている。1990年・2000年には、VSA(ヴァイオリン・ソサエティ・オブ・アメリカ)の弓製作部門で審査員を、2018年にはドイツ・ミッテンヴァルドで行われてた製作コンクールで弓製作部門の審査員長を務めるなど、いくつものコンクールの審査で主導的な役割を果たし、後進の育成にも多大な貢献をしている。
また、彼は弓製作の研究にも専念し、2000年にはC. Hans Karl Schmidt、Wolfgang Zuntererらとドイツの弓製作の膨大な資料をまとめた共著:「German Bow Makers」を出版。そして2011年には、弓製作者:Josef P. Gabriel、そしてYung Chinらと共に共著:The Bows of Nikolai Kittelを出版。豊富な知識に裏打ちされたオールドスタイルの作品は、多くのミュージシャン達を魅了しています。

受賞歴
1980年 Violin Society of America
Eighth Annual Convention and Fourth International Competition, Hempstead(New York)
-ヴィオラ弓部門 金メダル
-チェロ弓部門 金メダル

1983年 Louis Spohr Competition, Kassel(Germany)
-銀メダル

※本品に製作証明書はございません。予めご了承下さいませ。

島村楽器株式会社

 

 

このページのトップへ移動します