品番

Pierre Guillaume, Belgium – Bruxelles, 2019, Model; Francois Xavier Tourte

ブランド

Pierre Guillaume(ピエール・ギオーム)

税込販売価格 ¥1,760,000
製作国 ベルギー
製作年 2019年
展示店舗 シマムラストリングス秋葉原
販売状態 展示中

この商品について問い合わせる

商品コメント

こちらの弓は、17世紀後半から18世紀前半に活躍したチェロの名手にして、チェロの現代奏法において様々な技術革新に役割を果たしたBernhard Heinrich Romberg(ベルンハルト・ハインリヒ・ロンベルク)が生涯愛用したFrancois Xavier Tourte(フランソワ・ザビエル・トルテ)の弓を完全コピーした限定品です。ベートーヴェンとカルテットを結成するほど親交の深かったロンベルグは、トルテから直接購入したこの弓で、ベートーヴェンのカルテットの初演をした可能性が高いとされています。このトルテの弓は稀代の名弓として、その後も様々なオーナーの元へと変遷します。チェリスト:Carlo Alfredo Piatti(カルロ・アルフレッド・ピアッティ)のもとへと渡り、1720年のAntonio Stradivariのチェロと共に愛用されていました。ピアッティの死後、彼の弟子であったRobert von Mendelssohn(ローベルト・フォン・メンデルスゾーン/作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの従兄弟)へと売却されます。さらにメンデルスゾーンの死後、トルテの弓は資産家のもとに売却されますが、10年後にはシカゴ交響楽団の第一チェロ奏者:Edmund Kurtz(エドモンド・カーツ)が購入。再びAntonio Stradivari 1724年の名器"Haussman"と共に長年愛用されていました。
200年以上に渡り名手を虜にしてきたこの魔法のチェロ弓は、コシが強い角材と角ばったヘッドのスタイルで、その後のPeccatte、Lupot、Grand Adamなど、19世紀の大メーカー達に多大な影響を及ぼしました。

■ モデル:F.X.Tourte
■ 角弓
■ シルバー
■ 重量:79.8g
■ Pierre Guillaume製作証明書


■ Pierre Guillaume Profile
Pierre Guillaume(ピエール・ギオーム)は、ベルギー:ブリュッセルのアトリエにおいて、ヴァイオリン、アルト楽器、チェロ用の弓を製作しています。弦楽器職人Jan Strick(ジャン・ストリック)氏と共に、ギオーム氏は1986 年にメゾン・ベルナールを継承しました。弦楽器及弓製作マイスター国際同盟(EILA)会員でもある同氏は、修理、修復、オールド弓の鑑定において、演奏者および弦楽器職人に最もレベルの高いサービスを提供しているエキスパートです。

島村楽器株式会社

 

 

このページのトップへ移動します