【Grosh】Grosh Guitarsのこだわりポイント~ブレンダー配線編~

こんにちは。名古屋ギターショールームの幸野です。

 

先日、名古屋へ引っ越してから初めて大きいホームセンターへ行ってきました。

やっぱり大きいホームセンターは行くだけでワクワクしますね。

ついつい目的も忘れて長居してしまいます。

買い忘れがいくつかあるのでまた行きます。

 

さて、前回ご紹介しましたGrosh ピックアップの記事はいかがだったでしょうか。

今回は第2弾として、Grosh Guitarsのとある「配線」についてご紹介します。

Groshの仕様

ところで島村楽器のギター掲載サイト「ギタセレ」をご覧になられたことはあるでしょうか。全国の島村楽器に入荷されたギターやベースが掲載されるサイトです。もちろんこちらにGroshの掲載もあるのですが、スペックの内容がこんな感じになっています。

 

使用材や細かい仕様などが書かれているのですがこちら。

この「Blend」

なかなか聞き覚えの無いツマミが載っているのです。今回はこの「Blend」についてご紹介。

 

ブレンダーポット

Groshの3PU仕様のモデルに標準採用されるこちらのポット。マスターボリュームとマスタートーンと一緒に搭載されており、機能としては名前の通り「音をブレンド」するツマミとなっています。

どのようにブレンドされるのか、文面では少し伝わりにくいかもしれませんのでこちらを作りました。

 

常に機能する物ではなく、ある特定のポジションで機能するツマミなのです。

リアPUが出力される時(ハーフトーンも含む)、フロントPUをブレンド。

フロントPUが出力される時(ハーフトーンも含む)、リアPUをブレンド。

そのブレンドされるPUの音量を決めるのが「Blend」です。

 

上部の3シングルPUの場合、

  • リアPU
  • センターPU+リアPU
  • センターPU
  • センターPU+フロントPU
  • フロントPU

に加え、ブレンダーを使用すると

  • リアPU+フロントPU
  • センターPU+リアPU+フロントPU

の計7パターンになります。

 

HSHレイアウトの場合は

  • リアPU
  • センターPU+リアPU
  • センターPU
  • センターPU+フロントPU
  • フロントPU
  • リアPU(タップ)
  • フロントPU(タップ)

こちらに加え、

  • リアPU+フロントPU
  • リアPU(タップ)+フロントPU(タップ)
  • センターPU+リアPU+フロントPU
  • センターPU+リアPU(タップ)+フロントPU(タップ)

計11パターンですね。

 

これだけでも、よくわからなくなってしまう位に組み合わせが多いですね…

 

しかし、ブレンダーは「ブレンドされるPUの音量(=ブレンド具合)」を任意で決められるのです。

つまり「リアPU+フロントPU」の組み合わせであっても、出力バランスが1:1も出来れば、1:2にすることも、2:1にすることも可能になります。

ツマミは無段階のツマミなので、組み合わせ数は…

 

といった感じにPUセレクトのパターンが多くなるのです。

 

Blendの魅力

いかがだったでしょうか。

配線関連の話はややこしく、伝わりにくい点が多いので少しわかりにくかったかもしれません…

 

正直なところ、全てのパターンは試し切れませんし、全てを使いこなすのもなかなか難しいです… しかし、これだけのパターンがあると、どんなジャンルにでも対応できるのです。ロックはもちろん、ブルースも、ジャズも、フュージョンも… とにかく1本でどんな場面でも活躍できる音をギター本体で作れます。

いろんな場面で使える優秀な1本をお探しの方にとって、かなり魅力的な仕様ではないでしょうか。

 

是非機会がありましたらお試しください。

もしかしたら新しく音作りをするヒントにも繋がるかもしれません。

 

お問い合わせ

名古屋ギターショールーム

TEL:052-249-4070 (営業時間:11:00~19:30、 定休日:木曜日)

住所:愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&Tビル2階

 

関連リンク

名古屋ギターショールームHP

情報発信Twitter

 

名古屋ギターショールーム
名古屋駅近郊にある島村楽器の扱うハイエンドギターブランドのショールームです。専任のスタッフが店舗にてご案内をさせて頂きます。もちろん、全商品の試奏が可能です。
住所: 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&Tビル2階
営業時間: 11:00~19:30 定休日:木曜日
お問合せ: 052-249-4070 お問合せフォーム
名古屋ギターショールームを見る ≫