【Grosh】Grosh Guitarsのこだわりポイント~ピックアップ編~

こんにちは!名古屋ギターショールームの幸野です。

暑いですね…暑さが苦手な私としては非常に辛い季節がやってきます…私は最近見つけたお気に入りの”異国情緒ただようアイス”で暑さをしのいでいます…

 

さて!アツいといえばGrosh Guitarsです!近日名古屋ギターショールームにて昨年夏にオーダーした最後のモデルが入荷予定です。

(入荷次第、紹介記事を公開いたします!)

 

そんなGrosh Guitars。『どこが良いのか』という観点において、実際にアメリカの工房を訪問した際のインタビュー・写真と共にポイントごとに紹介していきます!

 

記念すべき第1回は「ピックアップ」です!

 

Groshのピックアップ

エレキギターが音を出力するのに必要不可欠で、サウンドが決まる要因の大部分を占めると言っても過言ではない”ピックアップ”。

そんな重要なパーツのピックアップ。実はGrosh Guitarsではギターを製作している同工房内で手作りしているのです。過去にはLindy Fralin Pickupsを搭載していた時期もありましたが、理想のピックアップを追求していくうえで自ら製作をするという結論に至ったそうです。ピックアップ開発まで同じ製作者が行うのは珍しく、非常に強いサウンドに対するこだわりを感じられます。

 

工房2階のPU製作部屋です。

何よりも楽器が好きな私としてはアレコレ気になってしょうがない場所でした。

 

ピックアップを巻いているのは、Don Grosh氏の奥様であるDani氏です。一連の工程を見せて頂きましたが、実に細かい作業をされる職人でした。

 

ピックアップを巻き上げるのはこの機械!(設定画面は企業秘密のためモザイク処理を施しています。)こういうのを見るとどこの機械かって気になりますよね…

 

ええっと…「TANAC」…

 

「タナック(?)」

 

なんと、田中精機さんの機械でした。もちろん日本製。興味津々に見ていると説明書も出していただいたのですが、気が付いた時には驚きました。

 

ピックアップ巻き

実際にピックアップ製作の様子を見せてくれました!Retro ClassicやNOS Retroなどに搭載される「60s Fat」のリアピックアップです!

ポールピースなどが取り付けられたピックアップのボビンの鳩目にエナメル線を巻き付けます。髪の毛よりも細いため注意が必要です…

 

準備のできたボビンを機械に取り付け…

 

ピックアップに応じた設定で巻きスタートです。

「ピックアップの手巻き」というと手でグルグル巻くことを想像される方も少なからずいると思いますが、「狙ったサウンドを同じ品質で作る」のには同じ条件で動作してくれる機械が必要なのです。同じ巻き回数でもテンションが違うと、ワイヤーの長さは必然的に変わり、最終的に「抵抗値=出力」も大きく変わってきます。そのため、人の手では出来ない精密な部分だけ機械に任せる製法になるのです。

Groshのピックアップは、もちろん巻き回数・巻きのテンション・ワイヤーの種類や太さなどの設定は全てオリジナルで、モデル1つ1つによって違います。

 

巻き終わったピックアップは機械から外され、配線されていきます。

 

今回見せてくれたのは「60s Fat」のリアピックアップであったため、この個体にのみ付くベースプレートも取り付けます。

ノイズ対策もバッチリで、何より印字されたロゴが最高にかっこいいです。

 

巻き終わて、配線が終わって完成!ではなく、こちらも重要な工程「ポッティング」です。蝋にピックアップを浸し、ピックアップ内部を蝋で満たし固めることで、コイル自体の余計な振動をなくしハウリングを抑える役割があります。

 

ポッティングが終わったピックアップはゆっくりと冷やし固められて完成です!

(冷却されるピックアップが乗せられている割り箸のような木材が、非常に上質なメイプルなのがギター工房らしいです…)

 

製作スペースにはいろいろなピックアップがありました。

こちらは「G90H」

名前の通り「Grosh製」「P-90タイプ」「ハムPUサイズ」のピックアップです。

本体加工など無しでハムPUの載っているギターに気軽に搭載でき、P-90サウンドを得られるという非常に理にかなったモデルです。オリジナルで製作しているからこそのモデルですね。

 

他にも「ミニハムバッカー」や「JBピックアップ」などなども製作しています。

一般的なピックアップはほぼ網羅しているのではないかというラインナップです。

 

YouTubeにてDon Grosh氏自身のサウンドレビュー動画も上げられているので要チェックです!

Small Block 302(ハムバッキングPU)

 

リア:Blown 59

センター・フロント:60s Fat


 

いかがだったでしょうか。

スポットの当たりやすいギター本体の木材などはもちろんですが、こういったパーツも非常にこだわりの強い箇所だと思います。

 

現在搭載されるピックアップを開発するにあたり、試作したピックアップも「こんなになるんだよ」と見せてくれました。

ここまで熱心にサウンドを追求したピックアップが良い音がしないはずがありません。

 

 

 

なんだかGrosh Guitarsのオリジナルピックアップ、欲しくなりませんか?

 

 

 

 

 

Groshピックアップ限定販売します!

そんなGroshピックアップ限定入荷しました!極々少数の入荷ですので、興味のある方はお早めに!

入荷モデルは下記の通りになります。

 

60s Fat Set

セット内容:60s Fat フロント・60s Fat センター・60s Fat with baseplate リア

販売価格(税抜)¥45,000 (税込¥ 48,600)

商品コード:2370000336750

購入・お問い合わせ→【デジマート

 

GT Set

セット内容:GTフロント・GT リア

販売価格(税抜)¥32,000 (税込¥34,560)

商品コード:2370000336781

購入・お問い合わせ→【デジマート

 

Small Block 302/327 Set

セット内容:302フロント・327 リア

販売価格(税抜)¥26,000 (税込¥ 28,080)

商品コード:2370000336798

購入・お問い合わせ→【デジマート

 

※全てセットでの販売のみとなります。単品での販売は致しておりませんのでご了承ください。

 


 

今回のピックアップ編いかがだったでしょうか。また、次回別のポイントをご紹介いたしますのでお楽しみに

 

お問い合わせ

名古屋ギターショールーム

TEL:052-249-4070 (営業時間:11:00~19:30、 定休日:木曜日)

住所:愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&Tビル2階

 

関連リンク

名古屋ギターショールームHP

情報発信Twitter

名古屋ギターショールーム
名古屋駅近郊にある島村楽器の扱うハイエンドギターブランドのショールームです。専任のスタッフが店舗にてご案内をさせて頂きます。もちろん、全商品の試奏が可能です。
住所: 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-4-26 S&Tビル2階
営業時間: 11:00~19:30 定休日:木曜日
お問合せ: 052-249-4070 お問合せフォーム
名古屋ギターショールームを見る ≫

記事中に販売価格・税表記が掲載されている場合、その内容は記事更新時点のものとなります。
閲覧時点で内容・価格が異なる場合、または販売が終了している製品が含まれる場合がございます。予めご了承ください。