どうもお久しぶりです。管楽器技術センターのハラシマです。

まったく更新しなくて申し訳ございません。

そして、すでにご存知の方もいるかも知れませんが、3月6日に千葉県のJR本八幡駅すぐ近くに「島村楽器 管楽器リペア専門店」がオープンしました。

「管楽器リペア専門店」とは?

どんなお店かというとですね、読んで字のごとく、管楽器の修理をするお店です。全国にある島村楽器の他のお店と違うのは、楽器販売店でも音楽教室でもなく、管楽器の修理をすることがメインのお店なんです!!

これは僕が入社してから、ずーっとやりたいと思っていたお店なんです♪

修理だけではなく、管楽器に使うクロスやオイル、珍しいマウスピースやリガチャー、ミュートなど管楽器を置かない代わりに、管楽器を吹くのに必要なものも多く取り揃えてありますので、是非とも足を運んでいただければと思います。

アクセス良好!!?

なんといってもアクセスは良好です。JR本八幡駅南口より徒歩2分という好条件!!


大きな地図で見る

しかし「お店の位置がわかりづらい」と何人ものお客様にご指摘をいただきました。

駅前の通りからお店を発見しやすい看板のようなものを、現在大急ぎで製作中ですので完成までしばらくお待ちください。

管楽器リペア専門店への行き方(JR本八幡駅利用編)

JR本八幡駅下車の方への行き方をご案内させていただきます。

まずはホームから階段を下ると、北口と南口のロータリー広場へ向かう広い改札口と、シャポーにつながる狭い改札口の2つがあります。

ここで出ていただくのは、シャポー改札口(狭い改札口)。こちらが管楽器リペア専門店へ向かうのには近道です。

駅構内から見たシャポー改札口です。改札口の前にはベーグル屋さんがあるので近くに行くととても良い香りがします。

シャポー口を抜けると、エスカレーターが見えます。そのまま降りてください。

エスカレーターを降りてそのまま外へ出ると、右手にたいやき屋さんの大きなたいやきが目に入ります。

このたいやき屋さんとJR線高架の間に、狭い通りがありますのでここを千葉方面へ進んでください。

たいやき屋さんから100歩で、私たちがいる管楽器リペア専門店に着きます。100歩というのは、あくまでも私の歩幅ですので参考程度にお考えください(笑)。

念願のお店に到着ー!!

ここまで来て右手を見ると、この通りでは一番キレイ(?)なお店が登場します。

ここが管楽器リペア専門店です!!

ちなみに空を見上げると、大きな看板が見えます。この看板はJR本八幡駅の千葉方面側ホーム端と、電車内から見ることができます。

実は、雑草がJRの高架からビル側に向かって生えていて、毎朝の出勤時には空を見上げて雑草が、落ちてこないか確認しています(笑)。

意外に強風でも折れないもんです(^^;)

上の写真はお店がオープンする前、つまり工具を置く前の状態です。

何にもないですねー。

次回は店内の様子をご案内します。お楽しみに!

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター原島

『poco a poco』にて「モトヤワター原島」として毎月連載中。TB吹き。修理と執筆活動でサポートします。楽器以外にケース修理も相談して下さいね。

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

管楽器の音の出る仕組みについて

管リペアセンター原島

Venovaを解体したパーツ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.12【ヴェノーヴァ解体してみた】

広島パルコ店

【2018】気温が2℃下がる、夏の(管楽器)怖い噺 

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』 第3話 あの曲の真相

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

管楽器のキィのバネ、調整してますか?

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器応急処置シリーズその1「トランペットのつば抜き(ウォーターキイ)コルクの交換編」

管リペアセンター原島

金管楽器・木管楽器のリペア専門店「管楽器リペア専門店」のご紹介 Vol.2

管リペアセンター原島

Yamahaロゴ

管楽器修理スタッフせとっちの『ほのぼの日記』第2話 メーカーロゴ 

ららぽーと名古屋みなとアクルス瀬戸

パール研修後記念写真

音楽をより楽しく!島村楽器の管楽器リペアが大切にしていること

管リペアセンター横山

サックスの低音がでない!!?

管リペアセンター京増