お久しぶりです。不定期更新のハラシマです。
ブログよりも管楽器フリーペーパー「poco a poco」の連載は続けております。
このブログも「poco a poco」の連載も、温かい目でお付き合いください。よろしくお願いします。
さて、今回はマウスピースのメッキ加工についてです。

マウスピースのメッキ加工

今回のオーダーは、リムとインナーを金メッキ、それ以外はサテン金メッキ仕上げ。
1本のマウスピースに2種類のメッキ仕上げです。

メッキ加工前

加工前のマウスピースはこちら

傷もなくキレイですね。

リムとインナーも良い感じです。

今は製造していない、YAMAHAの日野皓正さんモデルですが、メッキをかけ直さなくても充分キレイですよね。
僕としてはメッキをかけなくても良いとは思いますが、メッキかけた事による変化も気になります。

メッキ加工後

こちらがメッキ加工後。

サテンに仕上がっていますね。

リムとインナーには金メッキがかかっています。

刻印はうっすらと残っていますね。
使用年数が長いと、刻印は消えてしまう事が多いと思います。

金メッキとサテン仕上げの境目も、とてもキレイですよね。

メッキ加工の期間は?

メッキにかかる期間は、メッキをかける物の大きさや、季節などによっても変動はありますが、大体2週間~4週間くらいはかかっています。
あまり急ぎでのメッキ加工は受け付けていません。

メッキ加工代

金額は、メッキの種類や大きさによって違いますが、今回のマウスピースですと9,180円(税込)です。

メッキをかける人は多い

マウスピースを買い替えた時など、使わなくなったマウスピースにメッキをかけたり、お気に入りのマウスピースをもう一個購入してメッキをかけたりする人もいます。
気になる人は、とりあえず相談してみましょう!!


記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター原島

『poco a poco』にて「モトヤワター原島」として毎月連載中。TB吹き。修理と執筆活動でサポートします。楽器以外にケース修理も相談して下さいね。

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

頭部管とお掃除棒

【管楽器メンテナンス塾】#2ワインとフルートの共通点?!

丸井錦糸町クラシック店神戸

クラリネットのネジに黒錆

クラリネットのキィのネジの錆落とし

その他スタッフ・アーカイブ

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.4 タンポがボロボロに・・

管リペアセンター近田

マウスピースシャンクの歪み直し

管リペアセンター杉浦

見えない所に潜む緑の物体

管リペアセンター富田

サックスのローラーが動きづらい…そんなときは調整へ!

その他スタッフ・アーカイブ

【島村楽器のリペア】にクラリネットの修理出してみた!!~信頼できるリペアマンとの出会い~

その他スタッフ・アーカイブ

管体割れの様子

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.14【乾燥注意!管体割れってどうなるの?】

広島パルコ店

管楽器の修理紹介「トランペットのベル 歪み直し」

管リペアセンター原島

【2月22日更新】管楽器リペアブログ 2月号

横浜みなとみらい店平井