こんにちは。ハラシマです。

前回の記事はいかがでしたでしょうか?(と言っても半年前なのですいません‥‥)

blog.shimamura.co.jp

金管楽器のヘコミ直しの記事が続いていましたので、今回は楽器を変えてフルートの調整についてご紹介します。

フルートのタンポの修理について

フルートのタンポ交換の修理はとても繊細で、なかでもタンポの調整がイチバン神経を使う作業なんです。

まずは古くなったタンポと、新しいタンポをみてください。

f:id:shimamura-music:20151211171143j:plain

この写真の中に5つのタンポがありますが、新品のタンポは1つだけです。

わかりますか?

答えは、右端にあるタンポが新品のタンポです。

それでは交換・調整をして行きましょう。

タンポを外す

まずタンポ交換ですが、カップからタンポを外します。

f:id:shimamura-music:20151211171145j:plain

今回のフルートはアルタスでしたので、タンポを外すとカップの中に、黒い物が入っています。これはタンポの下に置く下敷きのようなものです。

新しいタンポを入れる

次に新しいタンポを入れるのですが、ただ入れるだけだと、ネジを締めた時にシワができてしまうので、シワを出来ないように気をつけながら入れます。

シワができてしまった場合は、ネジを締めた後にほんの少しだけタンポを湿らし、シワをのばします。

f:id:shimamura-music:20151211171146j:plain

タンポの調整

さあ、ここからが調整です。

入れたタンポと音孔(管体にあいた穴)のスキマをチェックします。

調べ方は、フィラーゲージと呼ばれるとても薄いゲージを使うのですが、材質は紙やテープなど、リペアマンによってさまざまです。

ちなみ私はカセットテープを使います。

f:id:shimamura-music:20151211171147j:plain

スキマはごく僅かなので、キイを押さえつけてしまうとスキマが埋まってしまいます。

どれくらいのスキマかというと、だいたい0.03mm~0.3mm位で調整します。

タンポの調整紙について

先ほどの0.03mm~0.3mmのスキマを埋めるのは、調整紙と呼ばれる紙を使います。

それぞれの厚みの調整紙を各タンポのスキマにあわせて切り、カップへ入れていきます。

f:id:shimamura-music:20151211171148j:plain

調整紙は大きさや厚みの種類が多くあります。

調整紙を入れすぎてしまうと、一部分だけが膨らみ反対側にスキマが生まれます。

スキマの大きさに合わせて入れる為に、スキマの大きさを正確に把握し調整していきます。

入れたばかりのタンポについて

タンポは入れたばかりは変化しやすいので、調整しても翌日には全く別の部分にスキマができてしまいます。

f:id:shimamura-music:20151211171150j:plain

写真のようにタンポの中身はフェルトですので、湿度や気温やタンポを入れた時にかかった圧力などで、フェルトが変化します。

残念ながらこればかりは、時間を短縮しようがありません。

完成!

こうして時間をかけて調整することで、フルートのタンポ交換が終わるのです。

f:id:shimamura-music:20151211171151j:plain

このように、ほんの僅かなスキマを埋める作業をするのがフルートなんです。

とても美しい音の裏には、とても繊細な作業があるんですね。

いかがでしかた?

今回はフルートの調整の一部をご紹介しました。

フルートの音が出づらくなる原因は、タンポの劣化によるバランスの崩れや、タンポと音孔のスキマが大きく、息がもれる事が主な原因ともいえます。

普段の演奏活動のあとに、しっかりお手入れをしていただければ、タンポの劣化を防げますし、楽器の異常を早期発見できます。

「最近調子が悪いな」とか感じた場合は、相談してください。お客様のご予算や悩みを解決し、また音楽・楽器を楽しめることが大事だと考えますので、是非お気軽に相談してくださいね。

島村楽器 管楽器リペア専門店のご案内

島村楽器 管楽器リペア専門店は管楽器の修理・点検・調整・関連商品の販売に特化した専門店です。

多くのリペアマンが常駐しておりますので、お客様の管楽器に対する悩みにいつでも相談・対応させていただきます。

またお見積りの際には、お客様の求める音や様々な音楽シーンに合わせた、修理や調整・カスタマイズを提案させていただいております。

まずはお気軽にご相談ください。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

Wind & Repair(管楽器販売&管楽器修理・リペア専門店) 店舗情報-島村楽器


大きな地図で見る

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

管リペアセンター原島

『poco a poco』にて「モトヤワター原島」として毎月連載中。TB吹き。修理と執筆活動でサポートします。楽器以外にケース修理も相談して下さいね。

管リペアセンターの店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

キィが動かない!音が切り替わらない!

管リペアセンター杉浦

あるあるネタ① スワブ詰まりのお話~予防法から対処法~

その他スタッフ・アーカイブ

サックスのローラーが動きづらい…そんなときは調整へ!

その他スタッフ・アーカイブ

【管楽器メンテナンス塾】#3 管の楽器あるある~詰まり編~

管リペアセンター神戸

【管楽器リペア通信】5月号 フルートお手入れ講座

仙台長町モール店南波

掃除後の汚れ

管楽器リペアスタッフ近田の日常の風景 Vol.5 青春の輝きをもう一度!前編

管リペアセンター近田

フルートの足部管が入らない!ジョイントのゆがみ調整

その他スタッフ・アーカイブ

リペアガール岡の”管がえる人”Vol.18【フルートの中身】

広島パルコ店

管楽器の修理紹介「トランペットのベル 歪み直し」

管リペアセンター原島

掃除後の汚れ

こんなこともあるのか~金管楽器編~

管リペアセンター杉浦