こんにちは!井上です!

皆様、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか!

暖かくなってきましたので感染症に気を付けつつ、散歩がてらの運動など良いかもしれませんね!


さあ、今日のお題行ってみましょう!

今回のお題は・・・

リペアの中でも割と耳にするの修理として「リフレット」がございます。

当店でもこんな内容や、時にはこんなリフレットを承ってまいりました。


そんなリフレットの大事な要素として「打ち換えるフレットそのもの」がございます。

今回はそちらに少し触れてみましょう!

どんなフレットがあるの?

どどん!単刀直入にこちらが常に備えているフレットたちになります!

指板サイズに切られる前の状態のままです!普段はあまり見られないレア画像!


当店では様々な要素を踏まえて「JESCAR」製の物を常備しております。

ニッケルシルバー素材とステンレス素材を各4品番ずつ、計8種類のラインナップです。

凡そ、各品番ごとに20m以上をストックしております!

寸法等は上記の通りです。(フレットの幅×高さ)

9676という品番が昔のFenderやMartinに使わている物の類似サイズですね。

9685は俗に「ジャンボフレット」等と言われることの多いサイズです。

この2品番の高さの差ですが0.36㎜と聞くと大したことのない様に感じますが、

実際は演奏時にかなり変化が実感できる数値になります。人によっては違和感と感じる方も。


そのような点からもリフレットの際のフレット選びは非常に大事です。

素材によって音も大きく変わりますし、サイズによって演奏感も千差万別です。

もし打ち換えるフレットにお悩みの際は気軽にご相談くださいませ!

こちらで取り上げたフレット以外にもジムダンロップ製やフリーダムCGR製等々、様々な物が取り寄せ可能です。

その中からお客様のプレイスタイルや出したい音に一番好ましいフレットご案内させていただきます!


本当は色々なフレットをこちらでご紹介したいところですが膨大な量になってしまいますので今日はこの辺で・・・!

気になる方は気軽にこちらのページからお問い合わせ、若しくは是非とも当店へと直接お越しいただければ幸いです!

それでは浅草橋ギター&リペア店、井上でした!


お近くの島村楽器はこちらから、

リペアブース併設店と専門店はこちらをご参照ください。

記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

この記事を書いたスタッフ

浅草橋ギター&リペア店井上

店頭で勤務していた経験を活かし、お客様に寄り添ったリペアをモットーとしております。楽器を介してお客様とお会いできる日を心よりお待ちしております!

浅草橋ギター&リペア店の店舗情報

このスタッフの記事をみる

関連記事

本象牙ブリッジピン取り扱い開始しました

浅草橋ギター&リペア店本田

PAF Covered SET

リペアマン遠藤の仙台リペアブログ~その3~ジミーウォレスPU仙台上陸!

仙台ロフト店遠藤

ウクレレペグのすゝめ

浅草橋ギター&リペア店中澤

【新商品】EMERSON CUSTOM、パーツ取り扱い始めました!

浅草橋ギター&リペア店井上

リペアマン山本の札幌リペア道中記VOL.29 ~ジミー・ウォレス・ピックアップ待望の試奏動画!!~

札幌パルコ店山本

父の日のプレゼント

福岡ギター修理のすゝめその39~父の日~

福岡イムズ店尾仲

福岡ギター修理のすゝめその34~ストラップの罠1~

福岡イムズ店尾仲

ルシアー駒木のギターよもやま話 その60「記事になりましたよー!!」

浅草橋ギター&リペア店駒木

油断は禁物!!?暖かくなってからが一番怖い!!乾燥の話!!!

その他スタッフ・アーカイブ

リペアマン山口の大宮で日々リペア 27 ~ 2017スタート! ~

浅草橋ギター&リペア店山口