よくある質問

絞り込み検索結果

キーワード
指定なし
楽器名
管楽器
タグ
演奏環境

寒い場所で演奏しなくてはなりません。ファゴットですがいきなり吹いて大丈夫ですか?

管体が木製の場合、管体の外と中の温度差(湿度差)によって管体に大きなストレスがかかります。最悪の場合割れることもあります。まずは楽器に息を入れる(音を出す)前に、楽器(特に初めに息が通るあたり)を手で包んで管体を温めてあげると良いです。それでも不安の方は、一度リペアスタッフにご相談ください。

寒い場所で演奏しなくてはなりません。クラリネットですがいきなり吹いて大丈夫ですか?

クラリネットの管体は木製でできているのと、他の管楽器に比べて管厚があるので、管体の外と中の温度差(湿度差)によって管体に大きなストレスがかかります。最悪の場合割れることもあります。まずは楽器に息を入れる(音を出す)前に、楽器(特に上管)を手で包んで管体を温めてあげると良いです。それでも不安の方は、一度リペアスタッフにご相談ください。

野外で演奏するのですがABS樹脂(プラスチック)管なら問題ないですか?

プラスチックとABS樹脂では素材が違いますが、どちらも耐熱性は高いです。ただ、寒い場合は管体が収縮してキイの動作不良を起こす場合もあります。また管体の素材にかかわらず、野外で演奏した場合には、砂やホコリのゴミなどがキイや管体に影響を及ぼしますので、なるべく演奏後は点検に出す事をお勧めします。

寒い場所で演奏しなくてはなりません。オーボエですがいきなり吹いて大丈夫ですか?

管体が木製の場合、管体の外と中の温度差(湿度差)によって管体に大きなストレスがかかります。最悪の場合割れることもあります。まずは楽器に息を入れる(音を出す)前に、楽器(特に上の方)を手で包んで管体を温めてあげると良いです。それでも不安の方は、一度リペアスタッフにご相談ください。

オーボエが割れないように暖めなさいと言われています。どのくらいの温度まで暖めれば良いですか?

木製の楽器は外気との寒暖差(湿度差)で割れが生じます。秋から冬、寒い季節には手で管体(特に上の方)をやさしく包み込み「管体がぬるくなる」まで待ちましょう。決して先に管内に息を吹き込まないように。また、寒い環境下で演奏をする時は頻繁にスワブを通し、水分を取り除く事で割れないよう対策をしましょう。