【ピアノ技術】ハンマーシャンク交換

2021-09-25

ハンマーシャンクとは?

ピアノは弦をハンマーで打ち発音します。

カナヅチでいうところの先端部分をハンマーヘッドといい、柄の部分の木の棒を「ハンマーシャンク」と言います。
使用される木材は変化が少なく、高い弾力性があるシデやカエデが使われます。


ハンマーシャンクはハンマーヘッドに接着されており打鍵のたびに強い力を受けます。

そのため打弦力や外部からの力により折れてしまったり、過度な湿度により接着剤の膠が緩み打弦時、雑音が発生することがあります。




作業について


  • 所要時間 
作業時間・納期
お客様宅作業 約30分
工房での作業 - -





コメントは受け付けていません。