要検討!ピアノの置き場所で気を付けたいポイントとは?

2021-02-02

ピアノの置き場所注意点

ピアノを習い始めた5歳の娘の為に練習用のピアノ探しを続けている島村花子さん(37歳)。いよいよ候補となるピアノが絞り込めて来ました。
ピアノ選びと同時に置く場所をどこにするか考えていますが、エアコンの場所や窓の場所の関係でなかなか決めきれません。ピアノを置く場所で気を付けた方が良い事は何か知りたく、ご相談頂きました。

ピアノにとって快適な室温・湿度とは?

島村さん:ピアノを置く場所で何か気を付けた方が良い事はありますか?

スタッフ:まずはお部屋全体の温度と湿度ですが、温度は15℃~25℃、湿度は40%~60%がピアノにとって過ごしやすい目安になります。

島村さん:うちの部屋はどうだったかしら・・・?

スタッフ:基本的には、人間が過ごしていて快適であればピアノにとっても快適だと思って頂いて大丈夫です。

島村さん:それなら大丈夫そうです!

エアコンの風・直射日光に要注意?

エアコン

スタッフ:あと気を付けなければならないのが、エアコンや直射日光です。”一部分だけ温度が違う”状態がピアノにとっては良くありません。
エアコンの風が直接当たる場所や、窓から直射日光が当たる場所は避けて頂いた方が安心です。また良く有るのが床暖房なのですが、必ず専用のパネルを敷いて頂かなければピアノがすぐに痛んでしまいます。

島村さん:部屋が広くないので、良い場所を決めきれないのですが・・・

スタッフ:お話ししたのはあくまでも理想ですので、例えばエアコンであれば風向きを調整して頂く、窓には遮光カーテンを掛けて頂くなど対策をして頂ければ大丈夫です。

島村さん:分かりました。ちなみに他の皆さんはどんな場所に置かれることが多いですか?

スタッフ:お子様の年齢にもよりますが、小さいうちは家事をしながらでも聴いてあげられるリビングに、大きくなってからは集中出来る様に子供部屋に置かれる方が多いと思います。
是非ライフスタイルに合わせてご検討頂ければ幸いです。

島村さん:家族で話し合ってみます、ありがとうございます!

コメントは受け付けていません。