ギタセレ(Guitar Selection)

島村楽器のギターが探せる!見つかる!情報発見サイト。

Inquiry Form - For Overseas Customers

新製品情報

【NAMM2017:マルチエフェクター】突如現れた “HeadRush”! Avid “Eleven”のDSPチームが開発した新進気鋭ながら期待感の高いマルチエフェクター!!

記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。
閲覧時点で内容・価格が異なる場合、または販売が終了している製品が含まれる場合がございます。予めご了承ください。

NAMM 2017開幕前に突如発表されたマルチエフェクター、HeadRush

pedalboardAngle
HeadRushは、AVID “Eleven”のDSPチームが開発したペダルボードがたマルチエフェクター。AKAIやDENON、ALESIS、Numark、M-AUDIOなど数々のデジタル・ブランドを所有するinMusic社から発売されます。

精密に調整されたQUAD-COREプロセッサーを搭載し、ElevenのDSPソフトウェアで動作するHeadRush。
多才でリアルなサウンド、そして素早いレスポンスを擁するアンプ/キャビネット/マイク/エフェクトが筐体に収められています。

s-anatomy

■7inchハイレゾ・タッチディスプレイ搭載

ギタリストのために考えられたユーザーインターフェース。タッチ/スワイプ/ドラッグ&ドロップが可能で、直感的に操作を行う事が出来ます。

■ギャップレス・スイッチ

リードとリズムの切り替えを音切れなしに、スムーズに行う事が可能です。

■OLEDスクリーン

各フットスイッチの上部にカラーLEDが配置されています。

■ルーパー

最大20分の録音が可能なルーパーを装備

■オーディオ・インターフェース機能

本体背面のUSB端子を経由して24bit、96kHzのレコーディングが可能。

今春発売が予定されているHeadRush。他のアンプシミュレーター/マルチエフェクターが乱立する中で、また強力なギアとなりそうです。

https://youtu.be/JXw8vljEUdo

新製品情報 最新記事

NAMM Show 2019 世界最大級の楽器の祭典を現地からレポート!

新製品情報

新製品情報タグ